特集 PR

京都から考える伝統の継承、そして破壊  首藤康之×細尾真孝対談

京都から考える伝統の継承、そして破壊 首藤康之×細尾真孝対談

『京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:岡村大輔 編集:佐々木鋼平、野村由芽

歴史的建造物と現代的な街並みが共存する京都では、近年『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭』『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭』などの多彩なアートイベントが開かれ、その度に土地とアートの新たな化学反応を発見できる場となっている。

そんな京都で今年9月2日、3日、4日の3日間にわたり、『京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS』が初開催される。首藤康之(ダンス)、高木正勝(音楽)、名和晃平(美術)、広上淳一(クラシック音楽)、細尾真孝(伝統工芸)という5名のクリエイターの監修のもと、彼らのプログラムに加え、YEN TOWN BAND、真鍋大度、蓮沼執太などのライブやアート展示、ダンス、ワークショップといった多彩なプログラムが展開される予定だ。

伝統ある京都においてイベントを行う意味。そして、京都のクリエイティブシーンの現状とは? 西陣織の老舗である細尾家に生まれ、伝統工芸を担う若手後継者のプロジェクト「GO ON」のメンバーとしても活動する細尾真孝。そしてクラシックバレエを主軸に、コンテンポラリーダンスや演劇の世界などでも活躍しているバレエダンサーの首藤康之。「西陣織」と「バレエ」が融合した異色のオープニングプログラムの準備を進めている二人に話を聞いた。

外国人感覚でどんどん(京都に)踏み込んでほしいという思いもあります。刺激を与えて代謝を繰り返していかないと、嫌味な街になっちゃう(笑)。(細尾)

―『KYOTO OKAZAKI LOOPS』でお二人が監修する特別プログラムは、オープニングの見どころのひとつだと思います。ダンサーと西陣織の共演ということで、どのような作品が上演されるのでしょうか?

首藤:イメージとしては、舞台全体に広がる西陣織とダンサーがつながり、関係しあうようなもの。バレエと西陣織、お互いの伝統とクオリティーを最大限に生かすかたちで、1+1が5や6になる可能性を見ていただきたいです。

細尾:天井高15メートルほどの舞台を、どう使うかというのがポイント。あまり言うとネタばれになっちゃうので言えないのですが(笑)。

会場となるロームシアター京都メインホール。ここに西陣織を用いた舞台美術が施される(撮影:小川重雄)
会場となるロームシアター京都メインホール。ここに西陣織を用いた舞台美術が施される(撮影:小川重雄)

首藤:今回、制作にあたって西陣織の工房を訪れたことが大きなインスピレーションになりましたね。大まかな工程は知っていたのですが、織が作られていく様子をいざ目の当たりにすると本当に感動しました。同時に、細尾さんは大変な歴史を背負ってるんだなと、あらためて実感したというか……。西陣織の歴史、そしてその積み重ねが見せる美しさを、ダンスで見せることができたらと思っています。

左から:首藤康之、細尾真孝
左から:首藤康之、細尾真孝

―工房で行われる工程の一部は職人以外、誰も見ることができないと聞いたことがあります。

細尾:そうですね。染め、箔を貼る、箔を切る職人など高度に細分化されていて、一子相伝で行われてきたんです。僕はもちろん、関わってる者さえ見せてもらえない鶴の恩返し的な部分もある(笑)。

―京都市内に工房はどのくらいあるんですか?

細尾:1000軒は下らないと思いますね。工房のうちの1軒が実家なんですけど、昔は夜中じゅう機(はた)を織る音が聞こえていて、子供のころはその音を聞きながら寝ていました。

首藤:すごく素敵で、心地いい光景ですね。

―首藤さんは今回、京都を訪れてみて街の印象はいかがでしたか? 京都は歴史と趣がある一方、閉鎖的な傾向を指摘されることもあります。

首藤:京都は近代的な街のいたることろにお寺や神社があって、街自体がある種の異空間のように感じられ、独特の緊張感を感じます。「一見さんお断り」の飲食店があったりと、京都ならではのスタンダードがありますよね。

細尾:実は同じ京都の人間同士でも微妙な間合い感ってあるんですね。人々のコミュニケーションが全部同じ距離ではないんです。そこがややこしいところで、実際京都に住んでいる僕自身でも計りかねるところです(苦笑)。

―そもそも飲食店の「一見さんお断り」は、どういった意図があるものなんですか? 何らかの紹介がないと入れないわけですよね。

細尾:お店のクオリティーを維持するため、あとは他のお客さんに対しての配慮や、お店が作ってきた世界観を維持してくれる人を厳選する、といった理由があると聞いたことがあります。

首藤:排他的に見えるけれど、クオリティーや文化を保つ上ではすごく大事なことだと思いますね。

細尾:また料理屋さんによっては、基本的にメニューを設けず、お客さんにあわせて料理を作るんです。お客さんとしては「どういう料理がどんな盛り付けでくるのか?」と構える。それに対して料理人は「これでどうだ!」と差し出す。美意識の対決なんですよね。

左から:首藤康之、細尾真孝

首藤:ちょっと緊張してしまいますけど、かっこいいですね。

細尾:あと最近は、京都で町家を購入する際に、たとえば「1億円の町家を2億で買います」と言った場合でも、町家の用途によっては売らないケースがあるそうです。町家の文化を理解せずに、改装をガーっとされるのは嫌だと。

―売りに出しているのに売らない、と。

細尾:やはり「先代からの預かりもの」の感覚があって、ちゃんと使ってくれる人には安くても売りたいのだそうです。そういう意味ではちょっと「変態的」ともいえるかもしれないですね。

首藤:一見さんも町家の例も、伝統の重みを知っているからこその判断。京都の方々は、歴史を守るための「所作」ともいうべき考えが自然と身についているような気がします。

細尾:そうですね。ただその「伝統」を壊しにいくことも重要で、知らないことを武器に外国人感覚でどんどん踏み込んでほしいという思いもあります。そうやって刺激を与えて代謝を繰り返していかないと、どんどん嫌味な街になっちゃう(笑)。京都には大学と他府県の学生が多いので、若者や外から来る人たちがかき回してくれる。それはありがたいことでもあるんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

LOOPS オープニングセレモニー+特別プログラム

LOOPSオープニング
2016年9月3日(土)
会場:京都府 ロームシアター京都 メインホール
料金:
一般3,000円(全席指定)
当日3,500円
学生券2,000円(当日座席指定 当日要学生証)
※セット券対象公演

『BROCARE』
振付:中村恩恵
出演:首藤康之
舞台美術・音楽・映像:細尾真孝
衣裳デザイン:山田いずみ

『Prelude for Didi & Gogo』
振付:中村恩恵
出演:
首藤康之
中村恩恵
ピアノ:福間洸太朗
舞台美術:細尾真孝
衣裳デザイン:山田いずみ

『Scriabin's Etude』
振付:中村恩恵
出演:
宝満直也(新国立劇場バレエ団)
五月女遥(新国立劇場バレエ団)
ピアノ:福間洸太朗
舞台美術:細尾真孝
衣裳デザイン:山田いずみ

『GLASS』
振付:中村恩恵
出演:
首藤康之
中村恩恵
ピアノ:福間洸太朗
舞台美術:細尾真孝
衣裳デザイン:山田いずみ

『京都岡崎音楽祭 OKAZAKI LOOPS』

2016年9月2日(金)、9月3日(土)、9月4日(日)
会場:ロームシアター京都、平安神宮、みやこめっせ、京都国立近代美術館、京都市美術館
※9月2日は前夜祭

プロフィール

首藤康之(しゅとう やすゆき)

15歳で東京バレエ団に入団し、19歳で「眠れる森の美女」王子役で主役デビュー。古典作品をはじめ、モーリス・ベジャール「M」「ボレロ」ほか、イリ・キリアン、ジョン・ノイマイヤー、マシュー・ボーンら世界的現代振付家の作品に数多く主演。2004年同バレエ団を退団後も、ウィル・タケット演出・振付「鶴」、中村恩恵振付「Shakespeare THE SONNETS」などのダンス作品の他、映画、ストレートプレイ、小野寺修二演出「空白に落ちた男」、長塚圭史演出「音のいない世界で」、串田和美演出「兵士の物語」、白井晃演出「出口なし」など多彩な作品に出演。また、KAAT神奈川芸術劇場では「DEDICATED」シリーズをプロデュース等。第62回芸術選奨文部科学大臣賞ほか、受賞多数。

細尾真孝(ほそお まさたか)

1978年、西陣織老舗 細尾家に生まれる。細尾家は元禄年間に織物業を創業。人間国宝作家作品や伝統的な技を駆使した和装品に取り組む。大学卒業後、音楽活動を経て、大手ジュエリーメーカーに入社。退社後フィレンツェに留学し、2008年に細尾に入社。2009年より新規事業を担当。帯の技術、素材をベースにしたファブリックを海外に向けて展開し、建築家、ピーター・マリノ氏のディオール、シャネルの店舗に使用される。最近では「伝統工芸」を担う同世代の若手後継者によるプロジェクト「GO ON」のメンバーとして国内外で幅広く活動中。日経ビジネス誌2014年「日本の主役100人」に選出される。2016年、MITディレクターズフェローに就任。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演