特集 PR

サーカスの概念を覆す「現代サーカス」の気鋭カミーユ・ボワテル

サーカスの概念を覆す「現代サーカス」の気鋭カミーユ・ボワテル

カミーユ・ボワテル『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
編集:飯嶋藍子

「サーカス」といえば、あなたは何を思い浮かべるだろうか? 華麗な空中ブランコ、緊張感あふれる綱渡り、それとも熊やライオンによる微笑ましい曲芸? 今秋、フランスからやってくるカミーユ・ボワテルが行なっている「サーカス」は、そんな既成概念を覆すにぴったりだろう。

1970年代から、フランスでは「ヌーヴォー・シルク」「現代サーカス」と呼ばれるジャンルが確立し、国立のサーカス学校も整備されるなど、国家として「サーカス」というアートフォームを積極的に支援してきた。子どものための娯楽ではなく、大人が見ても楽しめる芸術として進化した「現代サーカス」とはいったい何なのだろうか。そして、「アート」としてのサーカスを通じてカミーユが表現するものはどのようなものなのか? 本人とのメールインタビューを軸に、その新たな世界を紹介しよう。

日本での常識とはまるで違う。「可能性探求の場所」である現代サーカスとは?

「現代美術」「コンテンポラリーダンス」など、既存のジャンルに「現代」という言葉が付与されることは少なくない。わざわざ「現代」という言葉を冠するそれらは、時代的な意味だけでなく、いわゆる「ダンス」「美術」との差別化を図り、独自の進化を遂げたジャンルであることを教えてくれる。そして、それは「現代サーカス」も例外ではない。子どものための娯楽だったこれまでのサーカスとは一線を画し、エンターテイメントではなく「芸術」としての表現に特化したのが「現代サーカス」なのだ。

カミーユ・ボワテル『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』 / PHOTO:OLIVIER CHAMBRIAL
カミーユ・ボワテル『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』 / PHOTO:OLIVIER CHAMBRIAL

日本では数少ない現代サーカスについての入門書籍『サーカスに逢いたい アートになったフランスサーカス』(田中未知子・著 現代企画室)を一読すれば、さまざまなアーティストたちが登場することに驚くだろう。社会的メッセージを表現するもの、現代美術に接近するもの、シルク・ドゥ・ソレイユ(1984年にカナダで設立されたエンターテイメント集団)のような大規模な演出のものもあれば、たったひとりで表現を行うものもある。

作品の内容も、空中ブランコを専門とするものから、ジャグリングに可能性を見出したものなどバラエティー豊か……。つまり、その内容も形式もバラバラであり、アーティストによって多様な作品が創られているのが「現代サーカス」なのだ。

本稿の主人公であるカミーユ・ボワテルも、このジャンルを次のように表現している。

カミーユ:現代サーカスにおいては、アーティストたちが言語の限界を超えた身体言語を探求しています。それは、可能性探求の場所であり、新たなテクニックが絶え間なく生み出され続けているんです。また、身体能力を極めるのみならず、その能力で『何を』表現するかが求められている。ただし、これは僕個人の定義であり、他のアーティストは別の言葉で現代サーカスを語るでしょうね。

カミーユ・ボワテル『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』 / PHOTO:OLIVIER CHAMBRIAL
カミーユ・ボワテル『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』 / PHOTO:OLIVIER CHAMBRIAL

これまでの「サーカス」という既成概念から離れ、より大きな自由を獲得した現代サーカス。パフォーマーたちは、類まれな身体能力を使って観客を驚かせたり興奮させるだけでは飽き足らず、そこにアーティストとしての「表現」を加えることによって、その味わいをさらに深いものとさせていく。では、そんな現代サーカスの魅力とは何だろうか? カミーユは、このように語っている。

カミーユ:現代サーカスという新しいカテゴリーにおいては、形式も、そこにある雰囲気も全く異なります。その舞台では、かつてのサーカスでは考えられないような多種多様な表現が生み出され、まったく驚くべきものができる可能性を秘めているんです。アーティストたちは現代サーカスにおいて、かつてのサーカスでは存在しなかった人間の感情や詩情を表現することができるのですから。

Page 1
次へ

イベント情報

東京芸術祭 2016芸劇オータムセレクション
カミーユ・ボワテル
『ヨブの話―善き人のいわれなき受難 L'hommedeHus』

2016年9月30日(金)~10月2日(日) 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス 構成・演出・振付・出演:カミーユ・ボワテル

プロフィール

カミーユ・ボワテル

幼少より独学でサーカスのテクニックを習得し、ストリートで活動開始。フランスのサーカス学校の名門、アカデミー・フラテリーニで学ぶ。フランス現代サーカスの旗手、ジェームズ・ティエレのもとでプロとして活動を始め頭角を現す。2002年カンパニー・リメディアを立ち上げ、同年ヨーロッパの優れたアーティストを奨励する第一回『サーカスの若き才能』コンクールで優勝。以降、多ジャンルを融合した作品を発表し、2010年には『リメディア』がフランス有数のフェスティバルMIMOSで最優秀賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」