特集 PR

順風満帆に見えて心が折れてた。逆風を覆すMay J.の勝負師の顔

順風満帆に見えて心が折れてた。逆風を覆すMay J.の勝負師の顔

『横浜音祭り2016』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:七咲友梨 編集:野村由芽

横浜の街を舞台に約400もの音楽イベントが繰り広げられる『横浜音祭り2016』が9月22日に開幕した。11月27日まで2か月にわたり開催される今年は「スーパーユニバーサル」がテーマになっており、音楽ジャンルのみならず、世代、国籍、ジェンダー、障害の有無、そして全国区で活躍するプロから地元のアマチュアまで、さまざまなミュージシャンが奏でる音楽で横浜の街が彩られる。

今回は期間中の毎週末に横浜市内各所のオープンスペースで行なわれる『街に広がる音プロジェクト』出演者のなかから、10月1日にMARK ISみなとみらいに登場するMay J.にインタビュー。横浜で生まれ育ち、今年デビュー10周年を迎えた彼女に、横浜の思い出と紆余曲折のあった歌手人生を振り返ってもらいつつ、『横浜音祭り2016』への意気込みを語ってもらった。

3歳からずっと歌手になりたかったし、1日でも早く歌手になりたかった。

―May J.さんは横浜ご出身で、初めて人前で歌ったのが横浜のホールだったそうですね。

May J.:8歳のときにオペラを習い始めて、その初めての発表会だったんです。映像が残っていて、今でもそれを見ると当時のことを思い出しますね。

May J.
May J.

―当時はどんなことを思って歌っていたんですか?

May J.:3歳からずっと歌手になりたかったので、その一心でした。

―3歳とは、早いですね。

May J.:物心ついた頃から歌手になりたいと思っていましたね。父が音楽好きで、ピアノ、バイオリン、ギターを家で弾いていたり、いろんな洋楽のCDを聴いていたりしたので、自然と音楽が好きになって。

―小さい頃からいろんな習い事をされていたそうですが、それも歌手になるために?

May J.:1日でも早く歌手になりたくて、どんなレッスンでも貪欲にチャレンジするようにしてました。主にボーカルトレーニングなんですけど、ヤマハの学校に行ったり、エイベックス・アーティストアカデミーに通ったり、14歳のときから習っている先生には今でも教わっていますし、海外の先生に会いに行ったこともあります。あとは3歳からピアノをやって、ダンスはバレエとジャズとヒップホップをやって……。全部歌手になるための訓練だったというか。

―そんなにたくさん! 自分からやりたいと言ったんですか?

May J.:そうですね。週に3~4回は何か習い事をしていました。

―May J.さんは中学生のときに、『アヴリル・ラヴィーンコンテスト』優勝や『MTVミュージックアワード2003』オーディエンス賞をはじめ、ものすごくたくさんの賞を獲られていますよね。

May J.:当時はとにかくデビューしたくて、いろんなコンテストを受けていたんです。なんでもチャンスに変えていくぞって必死でしたね。

―すごく順風満帆なのかと思っていたのですが、必死だったのですか?

May J.:全然順風満帆ではないですよ。音楽をやっていないときは、本当に毎日つまらなくて。ただ学校に行って、家に帰るっていうのが嫌で、早くこの生活から抜け出したいと思っていたんです。

May J.
May J.

―高校からインターナショナルスクールに通うようになったのは、そのことと関係があるのでしょうか?

May J.:幼稚園から中学までは、日本の学校に通っていたんですけど、歌手活動が禁止されていたので、学校を変えなきゃいけなかったんです。それで調布にあるアメリカンスクール・イン・ジャパンに入学して、毎日2時間くらいかけて行っていました。

―宇多田ヒカルさんも行っていた高校ですね。

May J.:そうですね。早見優さんとか、ジュディ・オングさんとか、すごい方がたくさん通っていた学校で。最初は横浜インターナショナルスクールに行くことも考えたんですけど、宇多田さんに憧れていたので、同じ学校に行きたいと思ったんです。通常だと日本の学校に行っていた人は、インターナショナルスクールには入れないのですが、どうしても行きたいとお願いして、特別に試験を作ってもらって、そのために猛勉強しました。

―ハーフ(May J.の父は日本人、母はイラン、ロシア、スペイン、イギリス、トルコの血筋)の方だと普通に行けるものだと勝手に思い込んでいたんですけど、違うんですね。

May J.:小さい頃から通っていないとダメで、途中から入るのは難しいんです。そのときは外国人の先生にお願いして、いろいろ勉強しましたね。

―デビューしたのは高校生のときで、18歳でしたよね。ただ、最初は少し伸び悩んだというか……。

May J.:そうですね。今のエイベックスさんに移籍して、2009年に“Garden”という曲で皆さんに知っていただくことができたのですが、なかなかその後が続かなかった。そんなときにカラオケの採点をする企画に出させていただき、その後に、“Let It Go~ありのままで~”を歌うことになったんです。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『横浜音祭り2016』

2016年9月22日(木・祝)~11月27日(日)
会場:神奈川県 横浜市内全域

プロフィール

May J.
May J.(めい じぇい)

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」