特集 PR

素朴な疑問や好奇心に応える。在留外国人の実情や文化背景を紹介

素朴な疑問や好奇心に応える。在留外国人の実情や文化背景を紹介

IMM『銭湯哀歌(エレジー)、人情屋台、消えゆく昭和 ~ケント・ダールが歩いた千住~』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

『東京オリンピック』が開催される2020年には、外国人と接する機会も確実に増えると予想されるが、既に日本には多くの外国人が定住しており、人口の1割を外国人が占めている地域もあるという。昨今は移民の受け入れについての議論を耳にすることも増えているが、果たして我々は彼らについてどれほどのことを知っているだろうか。

そうした在留外国人との交流を通してアートプロジェクトを企画し、多文化共生についての多様な考え方を提示しているのが、アートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』の一環である「イミグレーション・ミュージアム・東京」だ。きれいごとだけではない、素朴な疑問や好奇心を大切にしたアプローチで、彼らの実情や文化背景を紹介する作品は、ステレオタイプな情報に流されやすい日本人に多くの発見や驚きを与えてくれる。

「イミグレーション・ミュージアム・東京」を主宰する岩井成昭に、設立の経緯やこれまでの活動、最新プロジェクトである写真展『銭湯哀歌(エレジー)、人情屋台、消えゆく昭和~ケント・ダールが歩いた千住~』について、なかなか日常では得られない情報をふんだんに交えて話してもらった。

インドの方と「今日、何食べた?」という話になったら、僕らは「カレーを食べた」っていう答えを期待しますよね。

―まずイミグレーションミュージアムとはどういったものなのでしょう?

岩井:移民がどのような目的でやってきて、どういうふうに暮らして、どのような未来を描いているのか、そして移民たちが持っている文化背景をどうやって地域に活かせるかといったことを見せていく施設です。特に欧州や、アメリカ、オーストラリアなど、移民を受け入れて国家を構成していたり、多文化共生を標榜する国や地域にはこういった施設が見られます。

岩井成昭
岩井成昭

―岩井さんはイミグレーションミュージアムをなぜ日本で作ろうと思われたんですか?

岩井:日本にも外国人たちが確実に定着し始めていて、すでに集住している地域もあるのに、日本人が彼らと交流を持つときには、どうしても「日本語は難しいでしょ、教えてあげますよ」「日本には素晴らしい文化があるから教えてあげますよ」という少し上から目線な気がしませんか?

それも大切な交流に違いありませんが、一方で彼らが日本の社会でどんな工夫をして暮らしているのか見ていくと、僕らの生活にもヒントになることがたくさんあります。だから、在留外国人の文化背景を紹介し、在留外国人同士も交流できるプラットホームを作りたいと思いました。

―在留外国人の暮らしを見ていくというと、実際の活動内容はどんなものになるんでしょう?

岩井:活動の核になっているのは、コミュニケーションプロジェクトというものです。まず在留外国人たちの日本での暮らしについて、一般の人たちが持っている素朴な疑問や好奇心をディスカッションしてテーマを決め、実際に地域の外国人たちとコミュニケーションしながら、その成果を作品化していきます。

東京近郊の新興住宅地のワンルームで暮らしている外国人女性の日常を写した写真と「つぶやき」と、子どものころから暮らした自分の国を思いだす「音」をあわせた展示 / 上本竜平+カタノヴァ・カテリナ『私の〈アイ〉ランド』(2014年)
東京近郊の新興住宅地のワンルームで暮らしている外国人女性の日常を写した写真と「つぶやき」と、子どものころから暮らした自分の国を思いだす「音」をあわせた展示 / 上本竜平+カタノヴァ・カテリナ『私の〈アイ〉ランド』(2014年)

身近な海外出身の方から空耳を集めた作品。「母国語と似ている発音で意味の異なる、あるいは発音も意味も似ている日本語」にまつわるエピソードを映像化している / 岡野勇仁+佐藤友梨+宮本一行『スカイ・イアー』(2014年)
身近な海外出身の方から空耳を集めた作品。「母国語と似ている発音で意味の異なる、あるいは発音も意味も似ている日本語」にまつわるエピソードを映像化している / 岡野勇仁+佐藤友梨+宮本一行『スカイ・イアー』(2014年)

―いままではどんなテーマが出てきたんですか?

岩井:音、匂い、笑いや躾がテーマになったこともありますし、彼らの独特な街の歩き方をマッピングしていったりもしました。身近な生活のなかにある、ちょっとしたズレを見つけていこうとしています。外国の人たちとコミュニケーションを取るとき、やっぱり僕らはステレオタイプを前提として話す傾向が強い。たとえば、インドの方と「今日、何食べましたか?」という話になったら、僕らは「カレーを食べた」っていう答えを期待しますよね。

―間違いないですね。

岩井:でも実際は、「今日はコンビニ弁当だよ」って言われることもあるわけです。でもそこから話を膨らませていくと「ところでプラスチックの葉っぱが入っていたけど、なんで食えないものに金を出さなきゃいけないんだ」とか、僕らが気にもとめないことを言い始めて、なんでこんな無駄なものにお金をかけることを日本人は許すのかと、だんだん熱くなってくる。普段の生活のなかから文化のギャップが見える瞬間を大事にして、考え方の背景や、それぞれの国の価値観の違いにまで入っていくと、話が俄然面白くなります。

岩井成昭

―岩井さんがやられているイミグレーションミュージアムは、常設の場所があるわけじゃなく、ミュージアム=博物館というよりは、団体に近い感じですね。活動していくうえでの難しさはありますか?

岩井:演劇や音楽で多文化共生にアプローチする活動は全国各地にありますが、視覚芸術でそれをやろうとしているところはほとんどないように思います。というのも、視覚芸術は特性的に参加者が全員でグルーヴを作り出すことが難しいんですよ。

コラボレーションはできるけど、制作のプロセスの中で個別作業が必要になることが多いので。その一方で、作品の鑑賞者はさまざまな解釈で作品を受け取ることができるから、多文化共生というデリケートなテーマを扱うには、適した表現方法だと思います。

―確かに演劇とかだと、答えが打ち出されている場合もありますもんね。

岩井:もちろん例外はありますけれど、参加者は一体となって盛り上がれるから楽しいんですよ。でも、仮にそれを多文化共生の理想形とするのであれば、少し短絡的かなと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『銭湯哀歌、人情屋台、消えゆく昭和 ~ケント・ダールが歩いた千住~』

2016年10月3日(月)、10月8日(土)~10月10日(月・祝)、10月15日(土)~10月17日(月)
会場:東京都 北千住 仲町の家
時間:10:00~17:00
料金:無料

プロフィール

岩井成昭(いわい しげあき)

美術家。イミグレーション・ミュージアム・東京主宰。1990年より国内および欧州、豪州、東南アジアの特定コミュニティの調査をもとに、映像、音響、テキストなどを複合的に使用した視覚表現を展開。近年はあらゆる世代を対象にしたワークショップや、多文化研究活動を並行して実施中。秋田公立美術大学教授、東京藝術大学非常勤講師。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで