特集 PR

河原雅彦×秋元才加 「演劇の教科書」に立ち返り醸し出す俳優力

河原雅彦×秋元才加 「演劇の教科書」に立ち返り醸し出す俳優力

『夜が私を待っている~ナイト・マスト・フォール~』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:豊島望 編集:飯嶋藍子

森の中の一軒家に暮らしていた人々の前に巻き起こった殺人事件を描く心理サスペンス劇『夜が私を待っている』。この殺人事件の犯人は、この一軒家に紛れ込んできた「ダン」という男であった……。

……と、のっけからネタバラシをしてしまったが、この作品に限っては全く問題ない。1935年にイギリス人劇作家のエムリン・ウィリアムズが執筆し、80年の時を超えてブロードウェイでもリバイバル上演されている本作は、演劇の普遍的な魅力を浮き上がらせてくれる作品だからだ。

『夜が私を待っている』が描くのは、殺人事件という状況に置かれた人々が織りなす、少し狂気じみた人間心理の綾。『ロミオとジュリエット』が悲劇的な結末を迎えるのを知り、『ゴドーを待ちながら』では、ゴドーが来ないことを誰もが知っているにもかかわらず、観客がいまだにその物語を楽しむことができるのは、そこに、魅力的な人間の姿が描かれているから。演出の河原雅彦も「この作品の魅力は、犯人探しではない」と断言する。

いったい、この作品が見せてくれる人間の姿とはどのようなものだろうか? そして、河原が「演劇の教科書」と認めるこの作品は、どのようにして観客たちの前に提示されるのだろうか? 河原とともに、本作に出演する秋元才加の言葉から、その魅力を探ってみよう。

犯人探しではなく、突然現れた人間が、どのようにその家を侵食していくかが、この戯曲の醍醐味なんです。(河原)

―本作は、1935年にイギリスで執筆された戯曲です。以降、80年の長きにわたって上演が続けられてきた本作を読み、河原さんはどのような感想を持ったのでしょうか?

河原:本作のチラシにも「心理サスペンス劇」と書かれていますが、僕はもともと、「心理サスペンス」というジャンルがとても好きなんです。ただ、この作品は犯人探しを楽しむものではなく、最初からダンが犯人であるということがわかっているという構造なので、「これは難しいな……」と思いました。なぜかというと、謎解きの面白みがない分、犯人がかなり魅力的な人間でないと作品として成立しないんですよ。いったい、誰が演じるんだろうって思ったのを覚えています(笑)。

左から:秋元才加、河原雅彦
左から:秋元才加、河原雅彦

―そんなダンを入江甚儀さんが演じるわけですが、本作は、登場人物たちの心理を描くことが主眼に置かれていますよね。

河原:そうですね。作品としては、ある未亡人の家に、ダンというミステリアスな男がやってくるところからストーリーが動き出します。犯人探しではなく、突然現れた異物として加わってきた人間が、どのようにその家を侵食していくかがこの戯曲の醍醐味なんです。

―秋元さんが演じるオリヴィア・グレインというキャラクターは、ダンと一番緊密に接しており、物語を展開していく上で重要な役割を担っている人物です。このキャラクターをどのように演じようと考えていますか?

秋元:オリヴィアは、人目を引かない地味なキャラクターという設定でありながら、かなりの分量の台詞を喋り、殺人事件にも果敢に立ち向かっていきます。華がある役の場合、バーっと勢いをつけて演じることができるから楽なんですが、オリヴィアは地味で目立ちすぎず、なおかつ重要なところですごく喋らなければいけない。彼女を演じる上ではそういうバランスがとても大切だし、難しいところですね。

秋元才加

―オリヴィアという人間の心理を通じて、観客も物語の世界に誘われていきますよね。特に、オリヴィアがダンに対して感じる「恐怖」は物語全体のトーンに関わってくる重要な心理です。そんな恐怖の心理は、どのように表現されるのでしょうか?

秋元:オリヴィアの感じる恐怖は、目に見えてわかりやすいものではなく、「あ、この人やばい……」という直感的な恐怖です。日常生活でも不穏な空気を持っている人がたまにいると思いますが、おそらく、オリヴィアはそういったことを察する感受性が人より鋭いんだと思います。

―オリヴィアは、不穏さに敏感である一方、殺人犯であるダンに心を惹かれていきますね。そんな矛盾する心理状態は、一筋縄で表現できるものではないと思います。

秋元:でも、悪いとわかっていても好きになってしまう……、というのは、人間にとって必ずしも理解できない感情ではないと思うんです。例えば、殺人犯の男性に熱狂してファンのようになってしまう女性は、現代の日本にも存在しますよね。

この作品のいちばんの恐ろしさは、ダンという殺人犯やダンの起こした殺人事件ではなく、そういった人の心理の中にある狂気みたいなものです。そういった部分を、丁寧に演じていかなきゃと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『夜が私を待っている~ナイト・マスト・フォール~』

2016年10月15日(土)~10月30日(日)
会場:東京都 新宿 紀伊國屋サザンシアター
作:エムリン・ウィリアムズ
演出:河原雅彦
出演:
入江甚儀
秋元才加
前田美波里
ほか
料金:一般6,500円 U-25券4,000円

プロフィール

河原雅彦(かわはら まさひこ)

俳優・演出家・脚本家。北陸高等学校、明治大学文学部卒業。元「HIGHLEG JESUS」総代。1992年に演劇やライブ活動を行う「HIGHLEG JESUS」を結成、2002年の解散まで全作品の作・演出を手掛ける。2006年、シス・カンパニー公演「父帰る/屋上の狂人」の演出で第14回読売演劇大賞・優秀演出家賞受賞。2015年、パルコ・プロデュース「万獣こわい」の演出で第22回読売演劇大賞・優秀作品賞を受賞。

秋元才加(あきもと さやか)

1988年7月26日生まれ。千葉県出身。2006年にAKB48の2期生として「チームK」に所属。キャプテンを務める等活躍し、2013年8月卒業。音楽のみならず、バラエティーや女優として映画・ドラマにも出演し、幅広く活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。(宮原)