特集 PR

ROVO初の全員インタビューで明かされる結成秘話と20年の歴史

ROVO初の全員インタビューで明かされる結成秘話と20年の歴史

ROVO『XI』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子
2016/10/21

何かを表現するときには、人と人との関係が重きを占めていると思うので、このつながりはすごく意味があるし、これからも続けていきたい。(芳垣)

―では最後に、それぞれがいろいろな活動をされている中にあって、ご自身にとってROVOという場所にどんな意味があるのかを、お一人ずつ話していただけますか?

岡部:僕にとって、ROVOでの活動は結構異質なんです。普段やっている音楽とは音量感も全然違いますし。ただ、それを20年間やってきたということは、自分の中で何か違うものをやりたいという欲求があったんだと思う。それを、こうやって長く続けてこられたのは、すごく幸せだと思っています。

岡部洋一

芳垣:僕も岡部と一緒で、ROVOの音楽は自分の中のスタンダードと比べるとちょっと特殊なんです。僕はアコースティックな楽器とやることも多いし、もっと極端にノイズの人とやったりもするので。

ただ、ROVOのメンバーは僕の音楽人生の中で一番長く付き合ってきた人たちなので、いろんなものを一緒に見てきているんです。人間が何かを表現するときには、人と人との関係が重きを占めていると思うので、このつながりはすごく意味があるし、これからも続けていきたいです。

―益子さんはいかがですか?

益子:僕は他の人に比べてバンドをたくさんやっていないということもあるんですけど、自分の中ではいつの間にかここがホームになってる。演奏していて、一番気持ちのいい場所がROVOですね。

原田:僕もROVOは特殊というか、本来ベーシストではなくて、ベースを弾くのはこのバンドだけなんですよね。

益子:あ、それ俺もそうだ(笑)。

左から:益子樹、原田仁、勝井祐二

原田:そう、益子くんはシンセサイザー奏者ではないし、自分もベーシストではないので、専門家じゃない人間が二人もいるバンドが20年も続いているのは面白いなと。僕はホントにROVOのベースしか弾けないんですよ。

一時期はベースで他のバンドに呼ばれることもあったんですけど、次第に周りも気付くようになって、ベーシストとしては一切呼ばれなくなりました(笑)。なので、自分にとってのROVOは単純にベースを楽しく弾く場所で、あとはお客さんに喜んでもらえればいい、そういう場所ですね。

―山本さんにとってはいかがでしょうか?

山本:とりあえず、音楽的にはカッティングがメインで、ギターでグルーヴを出すっていうのはこのバンドが初めてかも。いつもは大体暴れて、めちゃくちゃなことをして、狼藉を働いて、ひんしゅくを買うのが大好きなので(笑)。

僕あんまり音楽には興味がないというか、特にロックには興味がないんです。人間が発光する瞬間というか、わけのわからないことをやるのが大好きで、それをたまたまギターでやっている感じだった。でも、このバンドでは明確に、僕はグルーヴを出すための装置として、カッティングロボになるという自分の中のコンセプトがあるんです。その中でどう異常性を出すかっていうことを考えています。

左から:山本精一、芳垣安洋、岡部洋一

―他のみなさん同様に、山本さんにとってもROVOは特殊な場所だと。

山本:そうですね。あとは大衆に向けた音楽の窓になってるっていうのはでかいかな。それまではずっとコアなお客さんの前でコアな音楽をやる、変態がやる変態のための音楽をやってきたけど、ROVOはそうじゃない。だから、あり方自体を抽象的な感じにしたかったっていうか、それまでに僕についていた妙なパーソナリティーを一回リセットしたくて、最初はホントに名前変えようと思ったくらい。

―なるほど、「抽象的なラテン」の真意は、自分を一回リセットするっていう感覚と結びついたものだったのかもしれないですね。では、最後に勝井さんお願いします。

勝井:僕はこのバンドがどう機能するかを一番に考えて、「ダンスミュージックをやろう」と始めているので、さっき山本さんも言ったように、このメンバーでできる一番間口の広い音楽をやって、どんな人にでも聴いてもらいたいし、踊ってほしいと思ってずっとやってきたつもりです。

あとは、もうこのメンバーで一緒にやるということ自体が目的になってる。このメンバーで音を出すこと自体にすごく意味があると思うので、そこに尽きます。当然ライブでもそれ以外でもこれまでにいろんなことがあって、事件もたくさんありましたけど、いま思えばその全部が大切な出来事だったと思っています。

ROVO

Page 4
前へ

リリース情報

ROVO『XI』
ROVO
『XI』(CD)

2016年10月26日(水)発売
価格:2,916円(税込)
WRCD-70

1. XI
2. R.o.N
3. PALMA
4. KMARA
5. LIEGE

イベント情報

『ROVOニューアルバム「XI(eleven)」発売記念LIVEツアー』

2016年11月9日(水)
会場:愛知県 今池TOKUZO
出演:
ROVO
NYANTORA
ROVO×ナカコー
料金:前売3,800円 当日4,300円(共にドリンク別)

2016年11月10日(木)
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:
ROVO
PARA
and more
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)

2016年11月12日(土)
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:
Koji Nakamura(バンドセット)
ROVO
料金:前売4,300円 当日4,800円(共にドリンク別)

『ROVO結成20周年記念シリーズファイナルワンマンLIVE』

2016年11月13日(日)
会場:東京都 代官山UNIT
出演:ROVO
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)

※11月12日と11月13日の前売通しチケット7,000円(ROVO結成20周年記念品付き)

プロフィール

ROVO
ROVO(ろぼ)

「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に結成。バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。音と光、時間と空間が溶け合った異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど