特集 PR

体験したら一生忘れられない参加型アートを語る河口遥×田中義樹

体験したら一生忘れられない参加型アートを語る河口遥×田中義樹

『TERATOTERA祭り』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:Zuhn Choi 編集:飯嶋藍子

JR中央線沿線で、さまざまなアートイベントを展開してきたプロジェクト「TERATOTERA」が主催する秋の一大イベントが間もなくスタートする。それが大規模展覧会『TERATOTERA祭り』だ。10月8日から10日までの3日間、三鷹駅周辺で約10組のアーティストが新作を発表する。6回目を迎える今年のテーマは「involve(巻き込む)」。観客参加型のアート作品を通じて、異なる価値観を持つ人々と生きる方法を模索するという。

今回、参加アーティストである河口遥と田中義樹の二人を招き、新作について訊くことになった。全国で芸術祭やアートプロジェクトが増加する昨今、アーティストたちはその動向、鑑賞者を「巻き込む」ということについて、どのように見ているのだろうか?

作品や作家は明らかだけど、鑑賞者は常に匿名ですよね。その常識をちょっと崩したい。(河口)

―今年の『TERATOTERA祭り』は「involve(巻き込む)」をテーマとした作品やプロジェクトを展開します。河口さんと田中さんは、どんな新作を発表するのでしょうか?

田中:三鷹駅北口に「喫茶レストラン上床」っていうちょっと有名な場所があるんですよ。「特許・日本一!! ヘタな歌手」を自称する77歳のママが経営していて、内装もなんというか「てらてら」しているというか、こってりした世界観の場所。その感じを生かして、3日間限定のホストクラブをオープンします。

田中義樹
田中義樹

―ホストクラブが作品なんですか。

田中:タイトルは『ホストクラブuwatoko 君の瞳をインボルブ』(笑)。アートなホストクラブで、アーティストのイケメンたちがホストです。ドリンクかフードを注文するとホストを写真指名できて、名刺の代わりにそれぞれの作品ポートフォリオを見せてくれるんです。

そうやって延々とアート話で盛り上がれば素敵だなって。まさにinvolveされて、ホスト狂いならぬアート狂いになれば、お客さんも楽しいし、アーティストも作品が売れるかもしれないし、レストランも潤って、みんな最高!

田中の作品の会場となる「喫茶レストラン上床」
田中の作品の会場となる「喫茶レストラン上床」

―田中さんは武蔵野美術大学の彫刻学科の現役学生ですね。ということは、他のホストも、彫刻をやっている系のマッチョな人たちが多い?

田中:石彫をやっている身長190cmの子は「石を刻む巨人(ストーン・ジャイアント)」っていう源氏名で登場する予定です。それは屈強系ですね。でも、日常生活で使う既製品を組み合わせたりする「レディメイド」の手法で作品を作っている子はひょろひょろですね。源氏名は「見方180度大回転野郎 レディ・メイダーさるすべり」になりそうです。

―たしかにレディメイドは物の機能や見方をぐるっと回転させる特徴がありますから、ぴったりな源氏名ですね(笑)。

河口:私、ママに会ってみたいです。ホストクラブって行ったことないので、「お金をいっぱい使わないといけないのかな? 行ってもいいのかな?」って怖がっていたんですけど、アートの話なら聞きたいし、これを機会に目覚めたいと思います。

河口遥
河口遥

田中:上床のママも男装してホストに扮する予定なので、男女問わずぜひ来てほしいです。

―河口さんは今回どんな作品を?

河口:今回の『TERATOTERA祭り』は「お客さんが参加する仕組みを作ってほしい」という依頼だったので、お客さん自身がパフォーマーになってしまうような仕組みを作りたくて、そこで、宇宙をモチーフにしようと思っています。

会場に来ると、宇宙人の格好をした「TERAKKO」(テラッコ。TERATOTERAの活動を支えるボランティアスタッフ)が待っていて、好きな食べ物や悩み、生年月日だとか、来場者の人となりについていくつかの質問をします。その後、とある人物の人相が描かれた似顔絵を渡されて「この人を街なかで探してください」というミッションを与えられるんです。

『TERATOTERA祭り』のメインビジュアル
『TERATOTERA祭り』のメインビジュアル

―人探しが作品になるんでしょうか?

河口:そうですね。でも、それだけではなくて、似顔絵の他に小さな目印も渡されるんです。それは「あなたが探す人は、このパフォーマンスに参加してますよ」という証拠になる。最初に聞いた個人情報をもとに宇宙人は来場者の似顔絵を描いて、それをまた後にやって来る来場者に渡して、同じやりとりを繰り返すんです。

―あ、なるほど。つまり人探しをしている来場者が、同時に次に来る来場者から探される対象にもなってしまう、ということですね。

河口:はい。個人情報保護法ってありますよね。人のプライバシーを守る法律ですけど、その侵犯が許容されるギリギリの輪郭に興味があるんです。作品鑑賞って、作品やそれを作る作家は明らかになっていますけど、鑑賞者は常に匿名ですよね。その常識をちょっと崩してみたいと思っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『TERATOTERA祭り2016 Involve − 価値観の異なる他者と生きる術 −』

2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝)
会場:東京都 三鷹駅周辺施設、空き店舗など10か所

アート展示
2015年10月8日(土)~10月10日(月・祝)
会場:東京都 三鷹駅周辺施設、空店舗など‎
時間:11:00~19:00
参加作家:
淺井裕介
うらあやか
遠藤一郎
利部志穂
河口遥
田中義樹
永畑智大
橋本聡
ハンバーグ隊
東野哲史
料金:無料

ライブ
2016年10月8日(土)13:30~15:30(開場13:00)
会場:東京都 三鷹 東海大学望星学塾柔道場
出演:
渋谷サイファー
蜻蛉
BATIC
定員:80名
料金:1,500円

パフォーマンス
2016年10月10日(月・祝)17:00~17:30
会場:東京都 武蔵野タワーズ スカイゲートタワー前広場
出演:阿目虎南(大駱駝艦)
料金:無料

トーク
2016年10月10日(月・祝)19:30-21:00
会場:東京都 三鷹中央ビル2階
出演:上田紀行
定員:60名
料金:無料

プロフィール

河口遥(かわぐち はるか)

パフォーマンスやワークショップ(パン生地による塑像、首を絞めあった後にサンドイッチをつくる等)を表現方法とする。近作発表に参加したグループ展に『そんな目でみる』(モデルルーム、2015年)。現在移転中の22:00画廊オーナー。今年は横浜のオルタナティブスペースblanClassにて、2か月に1回企画もしている。

田中義樹(たなか よしき)

1995年三重県生まれ。武蔵野美術大学彫刻学科在学中。社会に対してのやるせない気持ちをもとに、やれるだけ派手で少し笑えるような感じの作品を作り続ける。立体、映像、絵、演劇、インスタレーションなど、表現の幅は広い。主なグループ展に、『TERATOTERA祭りプレイベント「一富士・三鷹・パンまつり」』『OngoingXmas』、『Art Program Run!』。主な個展に、『週刊パブリックアートシリーズ』として、『パンケーキin原宿』『駐輪場関ヶ原』『Retweet』『Shooting Star!』などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲