特集 PR

「人生の模索時代」を過ごす若者へエール マキノノゾミ×茂木令子

「人生の模索時代」を過ごす若者へエール マキノノゾミ×茂木令子

新国立劇場『フリック』
インタビュー・テキスト
川添史子
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

どんな時代も「自分のカタチ」を見つけるまでの若い人たちには、苦い葛藤がつきものだ。そんな将来への不安を抱え、もどかしい日々を送る若者の日常を描いた2014年『ピュリツァー賞』受賞作が、今月、新国立劇場で上演される。彼らと同じ年代を過ごす人にとってこの苦悩は手に取るような感覚だろうし、かつての若者が見れば、覚えのある過ぎた時間はまぶしく映るだろう。

マサチューセッツ州の寂れた映画館の情景、アメリカ青年二人と女の子一人の軽妙な会話、人間関係にまつわる面倒な問題とその可能性——複雑で細やかな心理のあやに彩られたこの戯曲の筆致は、目の前でこの風景に立ち会っているかのような感覚に誘う。そんなリアリティーで綴られた舞台の演出を手掛けるのは、小劇場から商業演劇まで幅広いフィールドで活躍し、繊細かつ洒脱なウェルメイド芝居を作り続けているマキノノゾミだ。

マキノと『フリック』担当プロデューサーの茂木令子に、日本初演を迎える話題作の魅力、同時代翻訳劇を上演することで立ち上がる普遍性、そして自身の模索時代や若者たちへのエールを聞く。

男には誰しも、間違いなく自分のことを「宇宙で一番不幸な男、それは俺」って思う時代があるものなんです。(マキノ)

―『フリック』の主な登場人物は映画館で働く若者三人、大学休学中で映画狂のエイヴリー、いつも恋愛関係が続かないローズ、いつか映写係になりたいと夢見るサム。全員が若さゆえの不器用さや焦燥感を抱いています。

マキノ:彼らの苦しみはどれも身に覚えがあるし、生き方を模索する彼らの気分一つひとつが、すごく良く分かります。エイヴリーは間違いなく自分のことを「宇宙で一番不幸な男、それは俺」って思っているけれど、男には誰しもそういう時代があるものなんです(笑)。

茂木:あるんでしょうね。そういう感じの男の子、現実世界にもいますもんね(笑)。

「マキノさんの後ろにいます」と隠れる茂木令子とマキノノゾミ
「マキノさんの後ろにいます」と隠れる茂木令子とマキノノゾミ

マキノ:俺も20代前半はこんな感じだったしね。学生時代に演劇は始めたけれど「芝居で食っていこう」なんて思っていなかったし、将来は見えないし、彼女もいない。酔っぱらっては、溝にはまってましたよ。

茂木:溝にはまりながら「今、宇宙で一番不幸なのは俺」と思っていたと(笑)。

マキノ:そうそう、あの時は間違いなく宇宙で一番不幸だったよ!(笑)

―「演劇で生きていこう」と決意するまでは長かったんですか?

マキノ:そもそも演劇を始めたのがたまたまでしたから。大学に入って一番最初に知り合ったやつが演劇サークルに入っていて、手伝っているうちに取り込まれていたんです。ぬるっと始めたらいつの間にか演出もやっていて……という感じ。

マキノノゾミ

茂木:でもどこかのタイミングで「就職しないで演劇をやろう」という決意をされたわけですよね?

マキノ:劇団を一緒に始めたやつが先に就職したんだけど、「お前が劇団を作ったら俺は会社を辞める」と言ってきたんですよ。俺は俺で「お前が劇団を作ったら就職しない」って言って……ただのチキンレース状態(笑)。

―「どっちがギリギリまでいくか」みたいな(笑)。

マキノ:そうそう。で、向こうが「会社辞めるからやろうぜ」ってなった。でもその時も、「歳取ったら演劇なんてできないだろうし、若いうちにやっておかないと!」なんて言い訳付きだったと思う。いわゆるモラトリアムですな(笑)。

―茂木さんの「人生の模索時代」はどんな感じだったんでしょうか?

茂木:高校生ぐらいの時はモヤモヤしていましたかね。『フリック』にも「人間は誰しも、ステレオタイプを演じているんだ」というセリフがありますが、「どれが本当の自分だか分からない」みたいな感覚でした。でも10代の終わりに「とにかく、演劇をやるのだ!」って前のめりで決めちゃったんですよ。

本当は歌舞伎の大道具になりたかったけれど、当時は女子が入れる世界ではなかったので、「小劇場なら女子でも裏方ができるらしい」と知り、大学に入ってすぐこの世界に入りました。ひょんなことから新国立劇場に入って、あっという間に10年経っちゃって現在に至る……という感じです。

茂木令子

マキノ:まあ、「自分に何が向いているんだろう?」なんて、いつの間にか考えなくなるよね。

茂木:「他にやれることないし」ってなりますからね。

マキノ:続けるうちに「おい、つぶしがきかないぞ、これで食うしかない」になる(笑)。

―人生の方向を探して、必死にもがいたとかっていう感覚は……。

マキノ:そんなかっこいいもんじゃないけど、当時の心境は「不幸だ、先が見えない、どうしたらいいのかも分からない」ってもがいてたよね。外からみたら、ダラダラしているように見えたと思うけど。

茂木:ダラダラと言いながらも、マキノさんは演出だけではなく、戯曲も書かれますよね。どういうきっかけで書き始めたんですか?

左から:茂木令子、マキノノゾミ

マキノ:29歳で初めて書いたんですよ。当時の小劇場は劇団の代表が戯曲も書くし、演出もするし……というところが多くて「マキノ、お前が書けよ」となった。それで書いてみたら「意外とできるな」って(笑)。

でも同年代の作家は20歳ぐらいから書いているわけだから、俺にとっては「失われた10年を取り返そう!」ですよ。コメディー、西部劇、チャンバラ、文芸ものと、作品ごとにジャンルを決めて書き始めました。

Page 1
次へ

イベント情報

『フリック』

2016年10月13日(木)~10月30日(日)
会場:東京都 新国立劇場 小劇場THE PIT
作:アニー・ベイカー
翻訳:平川大作
演出:マキノノゾミ
出演:
木村了
ソニン
村岡哲至
菅原永二

プロフィール

マキノノゾミ

1959年生。1984年劇団M.O.P.を結成し、2010年の解散公演まで主宰を務める。1994年『MOTHER』で『第45回芸術選奨文部大臣新人賞』、1997年『東京原子核クラブ』で、『第49回読売文学賞』、1998年『フユヒコ』で『第5回読売演劇大賞優秀作品賞』、2000年『高き彼物』で『第4回鶴屋南北戯曲賞』、『怒涛』で『第8回読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞』、2008年『殿様と私』で『第15回読売演劇大賞優秀作品賞』など、受賞歴多数。劇作、演出にとどまらず、NHK朝の連続テレビ小説『まんてん』のほか、テレビ作品も手がける。

茂木令子(もぎ れいこ)

東京都生まれ。大学在学中より小劇場の裏方として活動。ク・ナウカ、遊◎機械/全自動シアター、ナイロン100℃などに舞台スタッフとして参加。2000年より制作者としても活動を開始、二足の草鞋生活を送る。2005年、新国立劇場制作部に入職。2016 / 2017シーズンは『フリック』のほか、『白蟻の巣』『マリアの首 -幻に長崎を想う曲-』を担当する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品