インタビュー

内村光良が男泣きした、桑田佳祐の計らいとは? サザン愛を語る

内村光良が男泣きした、桑田佳祐の計らいとは? サザン愛を語る

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子

桑田佳祐の還暦を祝うべく、各界の著名人に「桑田佳祐」に対する熱い思いを披露してもらう特別企画。その第7弾となる今回ご登場いただくのは、自他共に認めるサザンオールスターズ好きとして知られている内村光良。

“勝手にシンドバッド”以来、「人生の節目には、必ずサザンの曲が流れていた」と語る彼が、意を決して桑田佳祐に依頼したという楽曲。それが、内村自ら監督を務める映画『金メダル男』の主題歌として書き下ろされた、桑田佳祐の新曲“君への手紙”である。内村の心をずっと掴んで離さない桑田佳祐の表現者としての魅力とは。そして、知られざる二人の関係とは。その「桑田佳祐、サザンオールスターズ愛」を、大いに語ってもらった。

私の思い出の中には、いつもサザンが流れていますから。

―内村さんは1964年生まれですが、桑田佳祐、サザンオールスターズ(以下、サザン)の音楽に初めて出会ったのは、いつ頃になるのでしょう?

内村:中学2年生の頃でしたね。当時大好きで見ていたザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』という番組に、サザンが出て、“勝手にシンドバッド”を歌っていたんです。それを見て、「なんてふざけた人たちなんだろう」と思って(笑)。当時、自分が知っていた歌手たちとは全然違った衝撃があって、かなり引き込まれましたね。当時14歳だった私にとっては、絶大なるインパクトがありました。

内村光良
内村光良

―当時内村さんは、どういう音楽を聴いていたのですか?

内村:その頃は、ニューミュージック全盛の時代でしたから、ユーミンとか中島みゆき、あとは松山千春、さだまさし……そんなときに、“勝手にシンドバッド”。まずタイトルからして、ふざけていますよね(笑)。当時流行っていた沢田研二の“勝手にしやがれ”とピンクレディーの“渚のシンドバッド”をかけているわけですから。

その頃、世良公則&ツイストも人気に火がつき始めていて、サザンとツイストという2大ブームが一気にきたんです。まあ、女子は世良公則派が多かったかもしれないですが、男子はみんなサザンが好きでしたね。やっぱり、ああいうちょっとふざけた感じがよかったのでしょう。でも、その印象が、中3のときの“いとしのエリー”で一転するんです。

―まったくテイストが異なる曲を聴いて、どういった印象を持ったのでしょうか?

内村:本当にビックリしたことを覚えています。「“勝手にシンドバッド”だけじゃないんだ」という驚きもあったし、「なんだこの“いとしのエリー”という曲のすごさは」って。そこからですよね、サザンの歌が「時代の歌」になっていくのは。少なくとも、私の思い出の中には、それ以来いつもサザンが流れていますから。

―内村さんのこれまでを振り返ると、どんな思い出に、どの曲が合わさって記憶されていますか?

内村:高校のときのことは、“Ya Ya(あの時代を忘れない)”を聴くと思い出します。ちょうど僕が高校を卒業する頃、ちょっとおセンチな気分になっているときに、あの歌が流れていて。上京して出川(哲朗)くんや南原(清隆)くんと出会って、みんなで一緒に横浜にサザンのコンサートを観に行ったときのことは、“ミス・ブランニュー・デイ”を聴くと思い出します。“メロディ(Melody)”を聴けば、当時好きだった女の子のことを思い出すし(笑)。

芸人としてデビューしてからも、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(1990年~1993年に放送していたテレビ番組)の打ち上げは、絶対“みんなのうた”で締めていました。あの曲をカラオケで歌いながら、みんなでタテノリで踊ったりしていましたね(笑)。節目節目に、必ずサザンの曲があるんですよ。それは今もちゃんと更新されていて……きっとこれからも、そうなっていくんだろうなって思います。

内村光良

―内村さんは、何度も桑田さんとお仕事をされていますが、初めて桑田さんとお仕事をしたときのことを覚えていますか?

内村:『夢で逢えたら』(1988年~1991年に放送)という、ダウンタウンとかと一緒にやっていたコント番組の主題歌をサザンにやっていただいたのが最初です。“女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)”と“フリフリ'65”の2曲を主題歌にさせていただいたんですけど、“フリフリ'65”のときは、オープニング映像をサザンのみなさんと一緒に撮らせていただいて。その撮影現場で、初めて桑田さんとお会いしました。私は、ど緊張して、ほとんど話せませんでしたけど(笑)。

―実際お会いして、どんな印象を持ちましたか?

内村:緊張しまくっていたので、ほとんど覚えてないですね。みなさん、ニコニコしていらっしゃったというぐらいの記憶しかない(笑)。

Page 1
次へ

作品情報

『金メダル男』
『金メダル男』

2016年10月22日(土)から全国公開
監督・脚本・原作:内村光良
主題歌:桑田佳祐“君への手紙”
出演:
内村光良
知念侑李(Hey! Say! JUMP)
木村多江
ムロツヨシ
土屋太鳳
平泉成
宮崎美子
笑福亭鶴瓶
配給:ショウゲート

プロフィール

内村光良(うちむら てるよし)

1964年7月22日生まれ、熊本県出身。監督・脚本作品に『ピーナッツ』(2006年)、『ボクたちの交換日記』(2013年)。主な出演映画としては、映画『七人のおたく』(1992年、山田大樹監督)、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003年、金子文紀監督)、『ゼブラーマン』(2004年、三池崇史監督)、『恋人はスナイパー 劇場版』(2004年、六車俊治監督)、『サヨナラCOLOR』(2005年、竹中直人監督)、『西遊記』(2007年、澤田鎌作監督)、『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』(2015年、工藤浩之監督)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」