特集 PR

出会いが青葉市子に与えた、「マホロボシヤ」という大切な場所

出会いが青葉市子に与えた、「マホロボシヤ」という大切な場所

青葉市子『マホロボシヤ』
インタビュー・テキスト
野路千晶
撮影:豊島望 編集:山元翔一、宮原朋之

誠実にメロディーを刻むクラシックギターの音色と、個人的で普遍的な世界観が綴られたストーリー性のある歌詞。そして、聴く者によりその印象が異なるであろう深く豊かな歌声が、細野晴臣、アート・リンゼイ、小山田圭吾、七尾旅人をはじめ、多くのミュージシャンとの多彩な共演を生んできた青葉市子が、待望の新作『マホロボシヤ』を10月19日に発表した。

近年は、劇団「マームとジプシー」などの舞台作品で劇伴を担当するほか役者としても出演し、音楽を主軸としながらその活動の場を広げてきた青葉。前作『0』のリリースから現在までの約3年間に起こったできごと、そして自身を取り巻く人間関係や日常と、そこでの変化が今作に与えた影響について聞いた。

※一部内容で事実誤認が発覚したため、記事掲載後に修正いたしました(2017年10月)

曲を作るときには、とことん楽器を弾きこむことで音楽を体にすりこんでいくのですが、それと演劇の稽古は似てるかなと思います。

―前作『0』(2013年)から『マホロボシヤ』の3年間のあいだに、青葉さんを取り囲む環境やご自身に様々な変化があったと思います。まずは、この3年間のことを教えてくさだい。

青葉:『0』を作った後の自分の中での一番大きな動きは、演劇に関わったことだと思います。2014年、白井晃さんの舞台作品『9daysQueen~九日間の女王~』で作詞と劇伴を担当したのがはじめての関わりでした。音楽を担当されていた三宅純さんとパリで作業したり、新鮮な体験でした。

―同年、青葉さんは劇団「マームとジプシー」の舞台作品『小指の思い出』でも劇伴をされましたね。

青葉:はい、マームとジプシーの青柳いづみさんが『9daysQueen~九日間の女王~』を観にきてくれたり、『0』のエンジニアでもあったzAkさんが『小指の思い出』の音響を担当しているということで、そうしたつながりから劇伴のお話をいただきました。

青葉市子
青葉市子

―青柳さんとは以前から親交があったのですか?

青葉:マームの作品は以前から観ていて、YCAMの企画で瀬田なつき監督が撮った作品内で一緒になったこともあり、そこから交流が始まりました。

―2015年には、沖縄のひめゆり学徒隊に着想を得たマームとジプシーの『cocoon』に、役者の一人として出演されました。ここでの青葉さんの役柄は、青柳さん演じる主人公「サン」の幼馴染「えっちゃん」でしたね。

青葉:『cocoon』は2013年の初演を観ていて、それからずっと気になっている作品でした。その後再演に向けてのオーディションがあり、藤田くん(マームとジプシー主宰・藤田貴大)と会うたびに「市子、『cocoon』のオーディション受けない?」と。

―それで、オーディションを。

青葉:応募してみました。何回かのオーディション経て、役者として出演することになりました。

―昔から演劇は好きだったんですか?

青葉:いえ、むしろその逆で。小さな頃から「演じる」ということに違和感があったんですけど、マームとジプシーを知ってから、それはなくなりました。

―実際に舞台作品を経験してみて、いかがでしたか? それまでに青葉さんがされていた音楽制作と似ているところ、違うところなどがあると思います。

青葉:曲を作るときには、とことん楽器を弾きこむことで、音楽を体にすりこんでいくのですが、それと演劇の稽古は似てるかなと思います。ただ、演劇には一般的に台本があり、演出家、役者などの関係性があってはじめてアウトプットできるのに対して、弾き語りのライブや音源制作では、何のフィルターもないので、自分の気持ちしだいで音や歌詞を変えたっていい。そこの違いは大きいです。

青葉市子

―そうした演劇の経験が、『マホロボシヤ』に与えている影響はありますか?

青葉:大きな影響を受けたと思います。特に青柳いづみさんと飴屋法水さんの存在には。今年の1月末にやった『ユキノコロニヰ』という演奏会では、飴屋さんと娘のくるみちゃん、青柳さんに出演してもらって、一緒につくりました。彼らと話をしたり、作業をしていくなかで、「一緒に歌える曲があればいいな」と思うようになった。それが『マホロボシヤ』のはじまりのひとつです。

Page 1
次へ

リリース情報

青葉市子『マホロボシヤ』
青葉市子
『マホロボシヤ』(CD)

2016年10月19日(水)発売
価格:2,700円(税込)
VICL-64676

1. the end
2. ゆさぎ
3. マホロボシヤ
4. 氷の鳥
5. おめでとうの唄
6. ゆめしぐれ
7. うみてんぐ
8. 太陽さん
9. コウノトリ
10. 神様のたくらみ
11. 鬼ヶ島

プロフィール

青葉市子
青葉市子(あおば いちこ)

17歳からクラシックギターを弾き始め、2010年1stアルバム「剃刀乙女」でデビュー。これまでに4枚のオリジナル・アルバムを発表。そのほか、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaanとのスタジオ・セッションをCD化した“青葉市子と妖精たち”名義でのアルバム「ラヂヲ」や、青葉市子 コーネリアスとして『攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers』にエンディングテーマ「外は戦場だよ」で参加している。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、等のフェスに多数出演。無印良品(2012)、ユニクロ「サラファイン」(2012)、キユーピー「キユーピーハーフ」(2012)、ソフトバンクモバイル「iPhone5(2013)、ACジャパン「みんなで考えましょう」(2013)、タマホーム「プロダクトCM」(2016)などのCM音楽を担当。2013年には「ミュージック・マガジン」誌ベストアルバム特集の表紙にデヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニー、ダフト・パンクとともに掲載。諸外国からのリリースや公演の依頼も多く、iTunes Storeでの全世界配信も行っている。2015年秋に台湾・香港・シンガポール・マレーシア・タイの5カ国を廻る自身初のアジアツアーを開催。舞台作品では『レミング~世界の涯まで連れてって~』『cocoon』への出演や朗読劇『みつあみの神様』の音楽を担当。その他CM音楽、ナレーション、イラスト、作詞家、エッセイ等様々な分野で活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』