特集 PR

ロックはやめた。AUSTINESが語る、20年代前半の新鮮な感覚

ロックはやめた。AUSTINESが語る、20年代前半の新鮮な感覚

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

このバンドは、素晴らしいダイヤの原石だ。20代前半の若き5人組、AUSTINES。結成当初は別のバンド名でロックを鳴らしていたが、その素直な表現欲求と、より大きなステージを求める野心と共に、ブラックミュージックを基調としたポップスバンドへと転身した。彼らの1stミニアルバム『Jewelry』には、ファンクやソウルミュージックの豊潤な歴史と戯れる音楽的好奇心や、気心の知れた男女五人の若者たちが仲間同士で楽しむことに徹するがゆえに生まれる青春の笑い声、あるいは、未だ消えることのない内省が、世界中の光を乱反射させながらキラキラと輝いている。決して、なにかが完成された作品ではない。だが、それゆえにこの作品には、バンドが初期の段階でしか鳴らし得ない、成熟する前の喜びに満ちた煌めきがある。

今回、メンバー五人全員に話を聞いたが、どこまでも自由奔放でありながら、しかし、自分たちが進むべき道は確実に見極めようとしている、そんな心強い印象を受けた。すでに『ビクターロック祭り2016』への出演を果たすなど、その可能性は世に知れわたり始めている。この先、どんな輝きを発するのか、本当に楽しみな5人組の登場だ。

「シティポップ」とか、そういうカテゴリーに括られたくないし、マニアックになりすぎたくないという気持ちがあります。(永井)

―AUSTINESのサウンドは、いわゆるシティポップも、ロックも、J-POPも、どこもしっくりこないのが面白いなと思うんです。裏を返すと、あらゆる要素があるし、どこにも属さず、すべてに属している感覚がある。自分たちでは、自分たちのサウンドをどう位置付けているんですか?

永井(Ba):僕らは、結成から半年経つくらいまで、kikiという名前でロックバンドをやっていたんですよ。

―AUSTINESの結成は2015年4月となっていますけど、そこから最初の半年は、今と同じメンバーで、ほぼ別バンドだったということですか?

永井:そうなんです。でも、ロックバンドとして活動していくうちに、「やっぱり、自分たちがやりたいことって、これではないんじゃないか?」という話をみんなでして。そこから、自分たちがやりたいこと、やれることを探して、今のAUSTINESがあるんです(2016年4月にkikiからAUSTINESへ改名)。

左から:山田KOHDY、深澤希実、鶴田航平、ハッピーナッティ西山、永井秀幸
左から:山田KOHDY、深澤希実、鶴田航平、ハッピーナッティ西山、永井秀幸

―でも、バンドの方向性って、そこまですんなりとシフトチェンジできるものなんですか?

鶴田(Vo):結構、すんなりでした。「あんまりパッとしないな」と感じていたときに、永井が試しに曲を作ってきたら、みんながそれをすんなりと受け入れることができて。そこから大々的に、永井と西山が好きだったブラックミュージックの要素も取り入れていったんです。

―もともと、バンドの発起人は山田さんだそうですね?

山田(Gt):そうです。kikiを組む前、僕と鶴田が一緒にバンドをやっていて、当時は鶴田が曲を作っていたんですけど、僕はなにより彼の声が今の世のなかに響くんじゃないかっていう気持ちがあったんです。あと、このバンドを組むときは、「やりたい音楽性」以前に「一緒にやりたいメンバー」が大事だったんですよね。男メンバーは友達がいない者同士の友達で(笑)、特に僕はこの二人(永井と西山)とバンドをやってみたかったし、彼女(深澤)は……かわいいじゃないですか(笑)。

深澤(Key,Vo):やめなさい。

左から:山田KOHDY、深澤希実

―(笑)。今までの話を聞くと、バンドの在り方を根本的に変えたのは、永井さんのソングライティングだったということだと思うんですけど、永井さんはどうですか?

永井:「シティポップ」とか、そういうカテゴリーに括られたくないし、マニアックになりすぎたくないという気持ちがあります。僕は、ブラックミュージックをやるにしてもJ-POPの要素も取り入れたいし、日本語の歌ものに対する抵抗もないし。そこは、いろんな音楽を好きで聴いてきたからそう思えるのかなって思うんですけど。

―具体的に、永井さんの作曲の基盤となる音楽遍歴は、どんなものなんですか?

永井:僕は、小学生の頃に『ドラムライン』(チャールズ・ストーン三世監督、2002年公開)という映画を見たことがきっかけで、音楽を聴きはじめたんです。そのなかでEarth, Wind & Fireが使われていたんですけど、父親がブラックミュージック好きで、自然と家にEarthとか、あとマイケル・ジャクソンとかのCDがたくさんあったんですよね。

そこから、中学生の頃、急にオルタナティブロックが好きになって、Foo FightersやRadioheadから入ってポストロックやエレクトロニカも聴いて、そのあともハードコアを好きになったり、D'Angeloのような最近のソウルに戻ってきたり……。

永井秀幸

―本当になんでも聴くんですね。

永井:そうなんです。だから、僕は普通のブラックミュージックもやりたくないし、ただのJ-POPもやりたくない。そういう意味では、AUSTINESはすごく欲張りなバンドになっていくと思います。

Page 1
次へ

リリース情報

AUSTINES『Jewelry』
AUSTINES
『Jewelry』(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:1,944円(税込)
Eggs-013

1. O.M.T.
2. GIRL
3. orbit
4. Finder
5. Cassette
6. Jewelry
7. Nancy

イベント情報

CINRA×Eggs presents
『exPoP!!!!! volume91』

2016年11月24日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
ELEKIBASS
Papooz
THE BREAKAWAYS
WONK
AUSTINES
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

AUSTINES
AUSTINES(おーすてぃんず)

2015年4月結成の男女5人組。各メンバーの異なる音楽趣向を活かし、アシッドジャズ、ファンク、ネオソウルといったブラックミュージックのリズム要素と、ポップスのもつキャッチーさを融合させた楽曲を鳴らすニュー・ポップスバンド。流行に敏感な若者からコアなシティポップファンまで幅広く支持を得て、"ワン!チャン!!~ビクターロック祭りへの挑戦~"にて準グランプリを獲得。幕張メッセにて開催された"ビクターロック祭り2016"への出演を果たした。さらにイナズマロックフェスティバル2016風神ステージへもEggs推薦アーティストとして出演。精力的にライブハウスへの出演も行い、着実にファンを増やしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告