特集 PR

ゆるやかな日常を歌うSSW汽葉ケイスケが語る、東京の生きづらさ

ゆるやかな日常を歌うSSW汽葉ケイスケが語る、東京の生きづらさ

汽葉ケイスケ『16番地のファンタジア』
インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:豊島望 編集:山元翔一

「期待の大型SSW」という宣伝資料のコピーはダテじゃない。豪華ミュージシャンを迎えて制作された汽葉ケイスケのデビューアルバム『16番地のファンタジア』は、彼の底知れぬポテンシャルを示す傑作である。シルキーでハスキーなボーカルも、物語性の強い歌詞も、シンプルで穏やかなサウンドも、デビュー作とは思えぬ貫禄で迫ってくる。

今作の収録曲の中に、<沈黙で語る 多弁な東京>という一節がある。ここには静岡出身の汽葉が抱える、東京で暮らす中で感じてきた違和感が集約されている。東京の異常なまでのスピード感に晒されていると、人との距離感に居心地の悪さを感じたり、居場所を見失ってしまう瞬間は少なからずあるが、汽葉の歌声は、そんなときにこそ耳を傾けてほしいものだ。

そんな彼のデビューアルバムのプロデュースをしたのが、UA『JaPo』も手がけたLITTLE CREATURESの青柳拓次。東京で生まれ育ちながら沖縄に移住し音楽活動を行う彼は、東京と沖縄の違いをどのように見つめているのか。 レコーディングを振り返ってもらいつつ、二人に話を聞いた。

東京は、人との物理的な距離は近いのに、精神的には遠い感じがするんですよね。(汽葉)

―いきなりの質問なのですが、汽葉さんって出身はどちらなんですか?

汽葉:静岡県の静岡市ですね。大学進学とともに東京に出てきました。

―東京で暮らすことに微妙な違和感を滲ませている歌詞もありますよね?

汽葉:ああ、“Silence Talks”ですね。僕、未だに東京がどうしても好きになれなくて。「ここは自分の居場所じゃないだろう」みたいな想いがずっとあるんです。東京に出てきたときはその気持ちがより強くて……。あれはそういうことを書いた曲ですね。

―どういうところが合わないですか?

汽葉:なんだろうな。目の前に田んぼがあって、蛙がめちゃくちゃ鳴いてるような田舎で育ったんですよ。あと、東京には富士山もないし。あとはなんだろうな……。

青柳:やっぱり汽葉くん自体のスピード感が独特なので、今の東京とシンクロしてないんだろうなっていうのは思いますね。1970年代の東京とかだったら、また違ったのかもしれないけど。今の東京のスピード感はすごいじゃないですか。

左から:汽葉ケイスケ、青柳拓次
左から:汽葉ケイスケ、青柳拓次

汽葉:そうですね。僕、東京来てから明らかに性格が暗くなったんですよ(笑)。根は明るい方だと思うんですけど、外面がめちゃくちゃ暗くなっちゃって。ずっと家で悩んでる訳でもないんですけど、人との距離感がわからなくなったというか。東京は人との距離は近いのに、遠い感じがするんですよね。

―ああ。それが<沈黙で語る 多弁な東京>っていう“Silence Talks”のフレーズに集約されてるんですね。

汽葉:そうかもしれない(笑)。他人との距離が物理的には近いんだけど、精神的にはすごく遠くて、それが怖いんですよ。人との関わり方も自分の中でかなり変わったんです。この人は何を考えてるんだろう? みたいな相手の腹の中をすごく細かい言葉から探るようになって。それはたぶん歌詞にも出ているだろうし。僕は頭に映像を浮かべてから歌詞を書くんですけど、頭に浮かぶ映像も大体地元の風景なんですよ。心だけ向こうにある状態というか。

汽葉ケイスケ

―帰省するとホッとします?

汽葉:それがまた不思議というか、帰省したら落ち着きすぎてまた居心地が悪いんですよ。所在ないというか、どうしようかなってなる。居場所がない感じですね。

―青柳さんが沖縄に移住されたのは何故だったんですか?

青柳:沖縄に通ってるうちにすごく好きになったっていうのが一番です。あとは沖縄の音楽ですよね。音楽が生活の中に普通にあるのがよくて、自分もその中にいたいなって思ったのは大きい。それに東京からすると文化が違うんですよね。日本語も通じるし、日本という国の中にあるけれども、文化圏として全然違う。だから、旅の途上にいる感じがするんです。

ただ面白いのは、沖縄にいるときは東京に対する郷愁はないんですけど、東京に来ると沖縄のこと考えてすごいホームシックにかかるというか、切なくなるんですよ。だから、魂があっちにいっちゃってる感じはありますね。

青柳拓次

―それは、今の東京に居心地の悪さを感じているというのもあるんですかね。

青柳:日本の中で東京だけが特殊な感じがするんですよ。たとえば電車の中で小競り合いとか起きたりするじゃないですか。自分が頑張って「東京モード」に切り替えられればいいんだけど、もうちょっとぼんやり無防備なモードになっていると呑まれるというか、危うくなっちゃう。東京って基本的に仕事をするために全国から人が集まってくる場所でもあるから、そういう特殊な空気感はあるでしょうね。大きく経済も動いてる場所だし。

汽葉:青柳さんのスピード感は東京の感じじゃないですよね(笑)。沖縄ってすごくしっくりくる。

―でも青柳さんは生まれも東京のど真ん中ですよね?

青柳:はい、中野生まれなので。でも大人になってからは、1週間くらい東京の中心にいると精神的にもうダメですね。生まれた土地なのにもはや全然馴染めない。魂的な問題なのかもしれないですけどね。僕みたいに、東京に生まれて育ったけど、今の東京には馴染めないなって人はきっと一杯いると思います。

Page 1
次へ

リリース情報

汽葉ケイスケ『16番地のファンタジア』
汽葉ケイスケ
『16番地のファンタジア』(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,592円(税込)
PCD-24553

1. ラブソング
2. ゴーストノートに恋をして
3. 戯画ブルーズ
4. 化け物
5. Silence Talks
6. 銀河列車
7. リルニモ
8. 金ピカな世界
9. 表裏のマーチ
10. グッド・ナイト

LITTLE CREATURES『未知のアルバム』
LITTLE CREATURES
『未知のアルバム』(CD)

2016年7月13日(水)発売
価格:2,700円(税込)
CHORDIARY / TCCL-001

1. 海原
2. 未知の世界
3. 夢ならば
4. 絡めとられて
5. かんちがい
6. 声なき者
7. 月の顔
8. 嘘の朝
9. 赤いスカート
10. 隼飛ぶ
11. わずかばかり

プロフィール

汽葉ケイスケ
汽葉ケイスケ(きば けいすけ)

静岡県静岡市生まれ。小学校の頃に歌を歌うことの楽しさに目覚め、以来、ミュージシャンの道を志す。小学校の文集にも「(将来の夢は)歌で飯を食っていきたい」と書いている。中学、高校時代からブルースやソウルに傾倒する。一方で、ブラック・ミュージックをそのまま模倣するのではなく、日本語詞で歌う日本ならではのポップ・ミュージックとして表現していく音楽性やヴォーカル・スタイルに強いこだわりを持っている。大学の仲間と組んだグリーン・ストロベリー、またシンガーソングライターとしての才能を開花させたソロプロジェクト、スーダラ少年(2013年12月にミニ・アルバム『「?」Question』(クエスチョン)をリリース)などの活動を経て、2015年、汽葉ケイスケとして新たな道を歩みはじめる。2016年11月、青柳拓次(LITTLE CREATURES)をプロデューサー/アレンジャーに迎えたデビューアルバム『16番地のファンタジア』をリリースする。

青柳拓次(あおやぎ たくじ)

1971年東京にて、古典楽器店を営む父とクラシック・ギタリストの母の間に生まれる。18才の時、LITTLE CREATURESでTVのオーディション番組に出演し、5週連続グランプリを獲得。メジャーデビューをするや否や渡英。帰国後は、ClubやラジオのDJ 、プロデュース、アレンジ、選曲(COMME des GARÇONS、tsumori chisato)、俳優、映画や舞台の作曲、絵本、詩、エッセイ、写真など、様々な分野で活動。同時に、LITTLE CREATURES、Double Famous、Music in ElevatorなどのグループやソロユニットのKAMA AINA、青柳拓次名義で国内外のレーベルから数々の作品をリリース。2010年に東京から沖縄へ移住。輪になり声が渦を巻く、参加型コンサート「CIRCLE VOICE」を沖縄のヤンバルからスタートさせる。2016年、絵本「かがり火」、UA『Japo』(プロデュース)、LITTLE CREATURESとしては約5年半ぶりとなるニューアルバム『未知のアルバム』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を