特集 PR

最重要バンドになったOGRE YOU ASSHOLE、高みへどう登った?

最重要バンドになったOGRE YOU ASSHOLE、高みへどう登った?

OGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』
インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一

他のバンドと群れることなく、自分たちの音楽だけに集中できる地元・長野に拠点をずっと置き、ここ数年は確実に新しいファンを獲得しながら今や音楽シーンにおける最重要バンドの一つとなっているOGRE YOU ASSHOLE。彼らこそは、音楽的な野心と探究心を持つすべての若手ミュージシャンにとって、最適なロールモデルと言えるかもしれない。

『homely』『100年後』『ペーパークラフト』の「3部作」を経て、セルフプロデュースによって生み出されたニューアルバム『ハンドルを放す前に』は、そんなOGRE YOU ASSHOLEの「音の質感」における最新の「実験結果」が凝縮しているのと同時に、これまでになくポップミュージックとしての強度が高くなっている。今回のメンバー全員インタビューから窺えたのは、バンド内における役割分担と意思統一がいかに明確にはかられているかだった。曖昧なところが一切ないからこそ、彼らはこのような音楽的「高み」にたどりつくことができたのだろう。

そろそろ、自分たちですべての責任を持つのもいいんじゃないかって。今回のアルバムでは、僕らにとってかなり新しいことをやったつもり。(出戸)

―今作『ハンドルを放す前に』は、久々のセルフプロデュースアルバムということになりますね。

出戸(Vo,Gt):「久しぶりのセルフプロデュース」と資料にもありますけど、その前ってファーストアルバム(2005年にリリースされた『OGRE YOU ASSHOLE』)で。その時は、レコード会社に「CD作らないか?」って言われて、連れて行かれたのが当時小室哲哉さんの所有していたスタジオだったんです。

完璧にポップスを作るような大きなスタジオで、レコーディングというもの自体がなんなのかわからないまま、ポップス専門のエンジニアさんと作業を進めていったという状態で(笑)。だから、その時はただプロデューサーがいなかったっていうだけで、自覚的に「セルフプロデュースで」という意味では今回が初めてってことになりますね。

左から:勝浦隆嗣、出戸学、馬渕啓、清水隆史
左から:勝浦隆嗣、出戸学、清水隆史、馬渕啓

―それは、プロデュースのノウハウを自分たちでつかんだからっていうのが大きかったんですか?

出戸:というより、『homely』(2011年)、『100年後』(2012年)、『ペーパークラフト』(2014年)って自分たちの中では3部作なんですけど、そこでやりきったという意識が大きいですね。次から新しいやり方でやっていきたいって。

そろそろ、自分たちですべての責任を持つのもいいんじゃないかって気持ちが、ジワジワとわきあがってきたというか。今回のアルバムでは、前作までと比べて、音の質感としてバンド感を後退させたかったんですよ。僕らとしてはかなり新しいことをやったつもりで。

―「バンド感の後退」というのは?

出戸:極力、部屋鳴りを抑えたという感じですね。これまではベースとかも広い場所でアンプで鳴らしたりしていたし、ドラムもそのまま叩いてたんですけど、なるべく空気感や生々しいサウンドを排除して、止まった感じの音にしたかったんですよね。

音数は少ないですけれど、決して音の情報量が少ないわけではなくて、もう一つ別の次元での情報量の多さというのはあるんじゃないかなって。(勝浦)

―「3部作」という言葉が出ましたけど、今振り返って、2011年の『homely』からの3作というのは、バンドにとってどういう意味を持った作品だったんでしょうか?

出戸:今回のアルバムのタイトルは『ハンドルを放す前に』ですが、それまでの3つのアルバムは、言ってみれば「ハンドルを放した後の作品」というか。

―えっ? 時間的には逆行してるんですね! どういうことですか?

出戸:あの時期の自分たちは、諦念というか虚無感みたいなものをテーマにしていて、それが作品全体を覆っていたと思うんです。その究極が前作の『ペーラークラフト』で。世界のすべてがペラペラの紙でできているように見えるみたいな、そういう境地にまでいってしまったので、その認識のさらに先で曲や詞を作るのって、かなり困難じゃないかと思ったんです。だから、ここで一回、前提に戻る必要があったということですね。

OGRE YOU ASSHOLEアルバム『ペーパークラフト』収録曲

―でも、『ハンドルを放す前に』ってことは、結局はまた放しちゃうんですよね?

出戸:いや、少なくとも今回のアルバムでは最後まで放さないです。すべての曲で焦点を当てているのは、何かが起こる、その前の感じというか。何かが起こってる最中だったり、起こった後の歌というのはここにはなくて、全部が起こる前のちょっとした「あいだ」を歌った曲ばかりで。

―先ほど出戸さんは「止まった感じの音」と言ってましたけど、特にドラムに関しては、いわゆる「デッド」な音ってことですよね?

勝浦(Dr):そうですね。

―曲によっては打ち込みを使ってるんじゃないかってほど無機質なサウンドになっていますけど、勝浦さんは全部の曲で叩いてるんですか?

勝浦隆嗣

勝浦:叩いてます。でも、できるだけ手数を減らして、余計な音を鳴らさないで。今回のアルバムはドラムだけでなく、全体的に無駄なものをとにかく省いていった感じですね。その結果、すごく強度のある、長く聴ける作品になっていると思います。音のおもしろさもあるんですけど、メロディーもアレンジも、全部必然的なものだけが鳴っているというか。

―今って、世界的にも、先鋭的なポップミュージックの主流のサウンドってものすごく音数が少なくなっていて。そういう面でも、今回のアルバムには共振するところがあると思うんですけど、それをあくまでもバンドでやっているっていうのがおもしろいなって。

勝浦:どんなに音を減らしても、人が演奏してると、ズレだったり、ヨレだったり、プレイヤーのクセみたいのが出るじゃないですか。最近は打ち込みの音楽でもそういうダメージ感みたいなものを出している作品もありますけど、やっぱりそういうのはわざとらしく感じて。

僕らはバンドでやってるからこそ、自然な汚れ感というのは大事にしたいですね。音数は少ないですけれど、決して音の情報量が少ないわけではなくて、もう一つ別の次元での情報量の多さというのはあるんじゃないかなって思ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

OGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』
OGRE YOU ASSHOLE
『ハンドルを放す前に』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:2,808円(税込)
PCD-26067

1. ハンドルを放す前に
2. かんたんな自由
3. なくした
4. あの気分でもう一度
5. 頭の体操
6. 寝つけない
7. はじまりの感じ
8. ムードに
9. 移住計画
10. もしあったなら

イベント情報

『OGRE YOU ASSHOLE ニューアルバム リリースツアー 2016-2017』

2016年12月9日(金)
会場:長野県 ネオンホール

2016年12月10日(土)
会場:石川県 金沢 vanvanV4

2016年12月11日(日)
会場:山梨県 甲府 桜座

2016年12月16日(金)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO

2016年12月17日(土)
会場:広島県 4.14

2017年1月14日(土)
会場:福岡県 BEAT STATION

2017年1月15日(日)
会場:鹿児島県 SRホール

2017年1月21日(土)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年1年22日(日)
会場:大阪府 梅田 AKASO

2017年1月28日(土) 会場:長野県 松本 ALECX

2017年2月4日(土)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

OGRE YOU ASSHOLE
OGRE YOU ASSHOLE(おうが ゆー あすほーる)

メンバーは出戸学(Vo,Gt)、馬渕啓(Gt)、勝浦隆嗣(Drs)、清水隆史(Ba)の4人。2005年にセルフタイトルの1stアルバムをリリース。2009年3月にバップへ移籍し、シングル『ピンホール』でメジャーデビュー。2016年11月に待望となる最新アルバム『ハンドルを放す前に』を、9月に先行12インチシングル『寝つけない』を、ともにP-VINEよりリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察