特集 PR

港カヲル×暴動(宮藤官九郎)が語るグループ魂の一流のふざけ方

港カヲル×暴動(宮藤官九郎)が語るグループ魂の一流のふざけ方

港カヲル『俺でいいのかい』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

港カヲル(46歳)──と、担当楽器の代わりに(46歳)がついている男、グループ魂の港カヲルのソロデビューが発表され、そのプロジェクトの進行具合などなどが、『情熱皆川大陸』としてYouTubeで公開され始めてから7か月。

私立恵比寿中学、前山田健一、神田沙也加、向井秀徳、坂本慎太郎、松尾スズキなどなどの豪華なゲスト陣・作家陣を招き、カバー曲とオリジナル曲で構成されたソロアルバム『俺でいいのかい ~港カヲル、歌いすぎる~』のリリース後、「半分くらいソロで半分くらいグループ魂のライブ、ソロのバックもグループ魂」「総合司会は東京が谷原章介で大阪がレイザーラモンRG、ゲストはエビ中にゴスペラーズに氣志團綾小路翔など」ということがアナウンスされている東京・大阪でのソロコンサート直前。というわけで、当事者である港カヲル46歳(皆川猿時)と、首謀者である暴動(宮藤官九郎)に、このプロジェクトのスタートと経過および経緯と現在までを訊いた。

このソロに関してだけではなく「そもそもグループ魂とは何か」「我々がやりたいこととはどういうものか」みたいなところまでじんわりと踏み込んだ、おもしろおかしくも内容ずっしりな話をしてくださいました。コンサートに行かれる方もそうでない方も必読、そして読めばアルバムを聴きたくなること間違いなし、だと思います。

もうちょい落ちついた感じになるのかと思ったけど、想像していた46歳にまったくならなかったよね。(暴動)

―まず、港カヲルさんに「永遠の46歳」ってキャッチコピーを付けたのは暴動さんですよね。

暴動:そうです。氣志團と初めて対バンした時だと思うんですよね。氣志團が「永遠の16歳」って言っていて、「じゃあうちらは46歳にしようか」って。グループ魂のメンバーは演劇の人たちなので、やっぱり設定があればあるほど、やる方もどんどんおもしろくなっていくんです。

:でも46歳って、もっと大人だと思ってましたよね。

手前から:港カヲル、暴動
手前から:港カヲル、暴動

暴動:想像していた46歳にまったくならなかったよね。もうちょい落ちついた感じになるのかなと思ったら、「46歳ってこんな感じなんだ? 全然変わらないじゃん」って(笑)。

―『情熱皆川大陸』の1回目は、2016年5月に手術のため入院しているカヲルさんのところに暴動さんが行って「2月1日にソロコンサートをやる、ソロアルバムを作る」と告げるところから始まりましたけれども。

暴動:「港カヲル46歳」という設定で、まさか本当に46歳まで続けるとは思ってなかったので、これはスルーしちゃいけないって。僕はもう、ソロアルバムを出したいって譲らなかったんです。シングルだけとか配信だけとか、弱気な話になりそうなところをつっぱねて、なんとかそうなりました。

―じゃあソロアルバムの発売もソロコンサート開催も内々で決定してから初めて港さんに伝えに病院へ?

暴動:そうです。2月1日の国際フォーラム、会場の下見も行って……2月1日が皆川くんの誕生日、46歳の設定の人が46歳になるまさにその日なんで。絶対に2月1日じゃなきゃいけないんです。

:暴動さんが突撃してきたのが、入院の5日目くらいだったんです。それまで僕、全然ヒゲも剃らないで、本当に病人みたいな感じだったんですよ。で、なんか胸騒ぎがしたんでしょうね、その日に限ってヒゲを剃って、グループ魂のTシャツまで着ていて。あんな恥ずかしいことないですよ。

港カヲル

―告げられてどう思われました?

:ほんとに、いちばん油断している時期だったんですよ。10日間入院だったんですけど、映画の撮影やフェスがあって手術の日程がなかなか決まらず、やっと手術できて「入院もあと5日かあ」なんて時に、いきなりカメラを持った輩が乗り込んできて(笑)。

もちろんびっくりもしましたけど、「ヤバいなあ」みたいな感じにはならなかったですねえ。入院してる時は「皆川利美」ですから、他人事というか、急に港カヲルの話をされてもなあ、みたいな。

暴動:そうだね。皆川猿時ですらない状態だもんね。

左から:港カヲル、暴動

―このアルバムは、暴動さんがプロデューサーってことですよね?

暴動:結果そうですね。どうせ一回きりのことだし、今思いついたやれそうなことは全部やろうと思って。で、半分ぐらいカバーにしようと思って。

―それはなぜに?

暴動:やっぱり、音楽史に残るような名曲をこの人が歌うということが、おかしいなと思って。

:(笑)。

暴動:カバーって、なんかちょっと笑える感じがあると思うんです。歌がうまい人がやるならまだしも、そうじゃない人がそれをやって、原曲のよさを……台無しにはしないんだけど「いい曲なのに……」「いい曲だけどさあ……」「いい曲は誰が歌ってもいい曲なんだな」みたいな(笑)。

:それは、表現できましたよね。

―選曲は暴動さん?

暴動:いや、カラオケボックスで次から次にカヲルさんに歌ってもらって話し合いながら決めました。カヲルさんが歌っていて気持ちよかったのはGLAYの“HOWEVER”だって言うから、「じゃあ入れよう」とか。でもGLAYさんもゴスペラーズさん(“ひとり”のカバーを収録)もよくOKしてくれたなって(笑)。こっちがびっくりだよ。

―オリジナルの方はどういうふうに作家陣やアレンジャーを決めていったんですか?

暴動:まず、松尾スズキさんには絶対入ってもらいたいと思っていたんです。松尾さんは東京乾電池(皆川が研究生として所属していた劇団)をクビになった皆川猿時を、大人計画で拾ってくれた里親じゃないですか。

:言葉が悪いですねえ。

暴動:(笑)。すごく立派な里親だと。だから、皆川猿時を経ての港カヲルの歌は、俺が書くよりも松尾さんの方が味わいがあると思って。

暴動

―神田沙也加さんが参加しているのが意外だったのですが、彼女はどういう経緯でオファーを?

暴動:「とにかく歌がうまい女って誰だ?」って(笑)。いっぱい挙げた中で、カヲルさんが「神田沙也加」って言ったんだよね。

:僕、歌がうまい女、あんまり知らないんですけど、映画なんかは見るんですね。神田さんは<♪雪だるま作ろう~>ってうまく歌ってたなあと思って(笑)。あと、せっかくだから、とにかくいちばん遠い人って誰だろう? って。

暴動:そうそう、意外な人ね。遠くて意外なのに、やってくれる人っていう。でもほんと、よく引き受けてくれたなあと思いました。

Page 1
次へ

リリース情報

港カヲル『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』初回生産限定盤
港カヲル
『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年1月25日(水)発売
価格:3,780円(税込)
KSCL-2833

1. 俺でいいのかい
2. ひとり
3. 女子力発電おじさん ~私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル~
4. ランニング・ショット
5. Be my ライバル ~カヲルが破壊に噛み付いた~
6. HOWEVER
7. ふたりのSecond party ~港カヲルが神田沙也加に出会った~
8. 君は1000%
9. 東京午前3時
10. 壊れかけのRadio
11. カヲルの子守歌
12. 南部ダイバー
[DVD]
1. 情熱皆川大陸 ディレクターズカット

港カヲル『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』通常盤
港カヲル
『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』通常盤(CD)

2017年1月25日(水)発売
価格:3,024円(税込)
KSCL-2835

1. 俺でいいのかい
2. ひとり
3. 女子力発電おじさん ~私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル~
4. ランニング・ショット
5. Be my ライバル ~カヲルが破壊に噛み付いた~
6. HOWEVER
7. ふたりのSecond party ~港カヲルが神田沙也加に出会った~
8. 君は1000%
9. 東京午前3時
10. 壊れかけのRadio
11. カヲルの子守歌
12. 南部ダイバー

イベント情報

『港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂~』

2017年2月1日(水)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA

2017年2月7日(火)
会場:大阪府 オリックス劇場

料金:各公演6,500円

プロフィール

グループ魂
グループ魂(ぐるーぷ たましい)

大人計画の俳優を中心に1995年に結成したロックバンド。メンバーは破壊(vocal / 阿部サダヲ)、暴動(Gt / 宮藤官九郎)、バイト君(村杉蝉之介 / 大道具)、小園(B / 小園竜一)、石鹸(Dr / 三宅弘城)、遅刻(Gt / 富澤タク)、港カヲル(46歳 / 皆川猿時)。元来コントグループゆえ、音楽演奏とMC、ギャグや下ネタを含むコント、シュールなドラマなどを一体化させたパフォーマンスが特色。2002年にアルバム『Run魂Run』でメジャーデビュー。2005年にNHK『紅白歌合戦』出場を果たす。2011年には初の日本武道館公演を達成。2015年7月、20周年記念アルバム『20名』をリリース。2017年、「永遠の46歳」という設定の港カヲルを演じる皆川猿時の実年齢が46歳になることを祝し、ソロデビューアルバム『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』を発売、東京国際フォーラム ホールA、オリックス劇場でソロコンサートを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開