特集 PR

港カヲル×暴動(宮藤官九郎)が語るグループ魂の一流のふざけ方

港カヲル×暴動(宮藤官九郎)が語るグループ魂の一流のふざけ方

港カヲル『俺でいいのかい』
インタビュー・テキスト
兵庫慎司
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

みんな、僕が想像していたよりも、グループ魂をバンドだと思っていたんですよ。(暴動)

―このアルバムを作るの、グループ魂のアルバムを作るよりも大変だったんじゃないですか?

暴動:大変でしたよ!(笑) 色んな人に参加してもらっているからまとめて作業できないのと、あと俺以外の魂のメンバーのモチベーションが低いっていうのが(笑)。

―失礼なことを言いますけど、それ、いつもっちゃいつものような気も(笑)。

暴動:いつもなんですけど、今回は堂々とテンション低くて。グループ魂の時はもっとバンド感があるんだけど、今回はいつもより目が死んでたなあ(笑)。でも破壊(阿部サダヲ)とか意外とちゃんとやってたよね?

グループ魂(左から:遅刻、小園、バイト君、港カヲル、破壊、石鹸、暴動)
グループ魂(左から:遅刻、小園、バイト君、港カヲル、破壊、石鹸、暴動)

:そうですねえ、ええ。

―いつもはもっとバンド感があるというのが……10年くらい前に僕が暴動さんにインタビューした時に、「今後グループ魂をどうしていくか」みたいなテーマになって、「こんな話、社長としかしたことないです」っておっしゃっていましたよね。

暴動:(笑)。そうですね。

―「メンバーとは一切しない」「だって宮藤官九郎作・演出の舞台にメンバーが出ている時、『この舞台、今後どうすればいい?』って相談しないでしょ? それと一緒じゃないですか?」って話をしたんですね。

暴動:はい、はい。

―そんな感じだったのが、この10年でバンドになったと?

暴動:いやあ、なってないなってない(笑)。僕はフロントマンをひとり立てて、その人に変なことをさせるのが好きなんですよね。今回は港カヲルですし、いつもは破壊ですけど、人に何かをやらせて、自分が先頭には立たない。それはグループ魂でもカヲルさんのソロでも一緒なんです。ただ、メンバーにしてみたら、バンドじゃない、カヲルさんのソロだってなると、最初はどう関わったらいいかわからなかったんじゃないかなあとは思います。

:今回のアルバムジャケットの写真もボケてますしねえ、メンバー。

港カヲル『俺でいいのかい ~港カヲル、歌いすぎる~』ジャケット 
港カヲル『俺でいいのかい ~港カヲル、歌いすぎる~』ジャケット(Amazonで見る

暴動:でもいちばんボケてる俺がまあまあがんばって、いちばんピント合ってる破壊の、心はピント合ってないっていう(笑)。

―『情熱皆川大陸』の2回目でカヲルさんがソロの話をしに行った時の、阿部さんの引きっぷり、すごかったですもんね。

暴動:すごかった。カメラの前で引いてた(笑)。だから、要はこれ、舞台だったら「今回皆川くんが主役だから」っていうことなんですけど、「じゃあ俺は脇役だからがんばんなくていい」とは言わないじゃん? だけど「今回ソロデビューなんで」って言った時に、「ん?」って思うってことは、みんな意外と心の中はバンドマンだったんだろうね。

:ああ、そういうことかあ。

暴動:だから、みんな、僕が想像していたよりも、グループ魂をバンドだと思っていたんですよ。まあ、僕はバンドだと思ってなかったんですけど(笑)。

―それ、いい話じゃないですか。役者の時と同じチャンネルでやっているんだろうと思っていたら、ちゃんとバンドマンのチャンネルでやっていたという。

暴動:でもまあ、グループ魂みたいな不自然な集まり方をして成立しているバンドって、あんまりないか。僕らは役者や演出家ですし、バンドって大学のサークルとか友達同士で始めるものだからね。そもそも、石鹸(三宅弘城)だってよその劇団の人だしな。遅刻(富澤タク)は社長の同級生だし、小園は阿部くんの高校の同級生だし。

って考えると、やっぱりカヲルさんのソロだと、みんな「なんで俺呼ばれたんだろう?」っていう感じになって、なかなかバランスが取りづらいのかもしれない。だって、カヲルさんがもし「バイト君のソロなんだけど、2曲だけコーラスで参加してもらっていい?」って言われたらどう?

左から:港カヲル、暴動

:そっかあ!

暴動:ははははは。

:そういうことですよねえ、うーん……、わかる。

―と考えると、破壊さんがいちばん引くのもわかりますよね。

暴動:そうですよね。でもそのわりにはがんばってくれたよね。これが友情出演だよ(笑)。

―その中心で、カヲルさんはどういうお気持ちだったんですか?

:魂のアルバムだと、コーラスとコントで参加するっていう感じなのに、今回はレコーディングなんか特にいっぱい歌わなきゃいけないわけですから、まったく余裕がなかったですね。だって、僕とマイクだけですよ! ソロコンサート本番も自分のことしか考えらんないんじゃないですかね。

―さっき、まさか本当に46歳になるまでやっているとは思わなかった、とおっしゃいましたけども。

暴動:そうですね。あの時は確か、遅刻が入ったばっかりで……いちばんバンドが変わるところだったんです。たぶん、やめたいと思っていた人も中にはいて。でも僕はコントばっかりじゃない、オリジナル曲が入ったCDを出したくて、もうちょっとやりたいなって思っていた。それをインディーズじゃなくてメジャーから出したいって言ったら「だってあなたたち、曲ないでしょ?」って言われて(笑)。あわてて曲を作ってた頃なんだよね。

:そうですねえ。

左から:港カヲル、暴動

暴動:そんな感じだったから、とてもじゃないけどこの先続けていこうなんて思ってなくて。ただ、港カヲルは、やっとコントの中に有機的に登場できるキャラクターになった頃だった。せっかく作ったからライブでもっと出していきたいな、もうちょいおもしろいことできそうな気がするっていう時期で。その頃に氣志團を見て、僕らとは逆からのアプローチだなと思ったんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

港カヲル『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』初回生産限定盤
港カヲル
『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』初回生産限定盤(CD+DVD)

2017年1月25日(水)発売
価格:3,780円(税込)
KSCL-2833

1. 俺でいいのかい
2. ひとり
3. 女子力発電おじさん ~私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル~
4. ランニング・ショット
5. Be my ライバル ~カヲルが破壊に噛み付いた~
6. HOWEVER
7. ふたりのSecond party ~港カヲルが神田沙也加に出会った~
8. 君は1000%
9. 東京午前3時
10. 壊れかけのRadio
11. カヲルの子守歌
12. 南部ダイバー
[DVD]
1. 情熱皆川大陸 ディレクターズカット

港カヲル『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』通常盤
港カヲル
『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』通常盤(CD)

2017年1月25日(水)発売
価格:3,024円(税込)
KSCL-2835

1. 俺でいいのかい
2. ひとり
3. 女子力発電おじさん ~私立恵比寿中学に迷いこんだ港カヲル~
4. ランニング・ショット
5. Be my ライバル ~カヲルが破壊に噛み付いた~
6. HOWEVER
7. ふたりのSecond party ~港カヲルが神田沙也加に出会った~
8. 君は1000%
9. 東京午前3時
10. 壊れかけのRadio
11. カヲルの子守歌
12. 南部ダイバー

イベント情報

『港カヲル 人間生活46周年コンサート ~演奏・グループ魂~』

2017年2月1日(水)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA

2017年2月7日(火)
会場:大阪府 オリックス劇場

料金:各公演6,500円

プロフィール

グループ魂
グループ魂(ぐるーぷ たましい)

大人計画の俳優を中心に1995年に結成したロックバンド。メンバーは破壊(vocal / 阿部サダヲ)、暴動(Gt / 宮藤官九郎)、バイト君(村杉蝉之介 / 大道具)、小園(B / 小園竜一)、石鹸(Dr / 三宅弘城)、遅刻(Gt / 富澤タク)、港カヲル(46歳 / 皆川猿時)。元来コントグループゆえ、音楽演奏とMC、ギャグや下ネタを含むコント、シュールなドラマなどを一体化させたパフォーマンスが特色。2002年にアルバム『Run魂Run』でメジャーデビュー。2005年にNHK『紅白歌合戦』出場を果たす。2011年には初の日本武道館公演を達成。2015年7月、20周年記念アルバム『20名』をリリース。2017年、「永遠の46歳」という設定の港カヲルを演じる皆川猿時の実年齢が46歳になることを祝し、ソロデビューアルバム『俺でいいのかい~港カヲル、歌いすぎる~』を発売、東京国際フォーラム ホールA、オリックス劇場でソロコンサートを開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも