特集 PR

Suchmosが夢見る成功は、まだ先にある。次世代への意識を語る

Suchmosが夢見る成功は、まだ先にある。次世代への意識を語る

Suchmos『THE KIDS』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:矢島由佳子
2017/01/25
  • 609
  • 739

「世の中で一番かっこいいのはバンドだぞ」「一番平和的に世の中にアプローチできるのは音楽なんだぞ」って伝えたい。

―2017年は、まず1月に『THE KIDS』を出して、その先Suchmosにとってどういう1年にしたいと思っていますか?

YONCE:俺らとしては、このアルバムからまたなにかが始まるっていう感じがある。それは『THE BAY』のときもそうだったんですけどね。去年はEPを2枚出したけど、やっぱりフルアルバムを出すのはEPを細かく出すのとは違うから、ここからの1年がまた楽しみです。

しかも、2017年って変な数字じゃないですか? 2018年ってなると、いよいよオリンピックが見えてくるけど、2017年はまだその合間で、だからこそ、そこで一番ブチかましたい。

YONCE

―ちょうど元号が変わるってニュースにもなってたし、ホントに時代が動いてる感じがしますよね。

YONCE:じゃあ、新しい元号を「Suchmos」にしましょう(笑)。

―どう書くの?(笑)

YONCE:幸せ盛りだくさんで「幸盛」。

―「幸盛元年」って、ポジティブさがヤバイ(笑)。でも、2017年はアルバムが出て、世間的な意味でホントにSuchmos元年になるんじゃないかという予感もします。最後に、『THE KIDS』というアルバムタイトルについて話してもらえますか?

YONCE:ひとつは、作ってる本人たちは音楽を始めたガキンチョの頃とまったく変わってなくて、純粋な目線や感性で、影響を受けたいろんなものを詰め込みましたという意味。あとは「今キッズな君へ」みたいなイメージですね。

俺が中学2年でNIRVANAを聴いてブチくらって、音楽以外の選択肢をなぜか自分で切り捨ててしまった、あの瞬間みたいな体験をさせて、「世の中で一番かっこいいのはバンドだぞ」「一番平和的に世の中にアプローチできるのは音楽なんだぞ」って伝えたい。そこからまた面白いやつがどんどん出てきてほしいですしね。そういう意味も込めて『THE KIDS』にしました。

―めちゃくちゃ頼もしいですね。音楽シーンはもちろん、Suchmosがカルチャーを牽引する存在になっていくことを期待しています。

YONCE:ジョン・レノンとかボブ・マーリー、ジミヘンみたいなレジェンドって、音楽を聴いてると、物事をいい方向に導いてくれるような感覚があるんですよね。「もうひと踏ん張りしてみよう」と思えたり、逆に「今日はとっとと寝よう」と思えたり。そういう感覚を最近「ガイド」って言ってるんですけど、ガイドのある音楽とない音楽がわかるようになってきて、最近はそういう音楽を探して聴くようになったし、自分たちもガイドのある音楽の系譜に連なりたいと思う。

そういう人たちの特徴って、包み隠しがないんですよ。口で嘘を言うことはあっても、音楽に関してはまったく嘘をついていない。そこを尊ぶべきだと思うし、俺らもそういう部分をリスナーにリスペクトしてもらえたら嬉しいです。一番好きな音楽で嘘をつくなんて、真っ平御免ですからね。

YONCE

Page 4
前へ

リリース情報

Suchmos『THE KIDS』初回限定盤
Suchmos
『THE KIDS』初回限定盤(CD+DVD)

2017年1月25日(水)発売
価格:3,780円(税込)
PECF-9023

[CD]
1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. PINKVIBES
4. TOBACCO
5. SNOOZE
6. DUMBO
7. INTERLUDE S.G.S.4
8. MINT
9. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY
[DVD]
1. Pacific
2. YMM
3. JET COAST
4. GAGA0
5. DUMBO
6. STAY TUNE
7. MINT
8. Life Easy

Suchmos『THE KIDS』通常盤
Suchmos
『THE KIDS』通常盤(CD)

2017年1月25日(水)発売
価格:2,700円(税込)
PECF-3174

1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. PINKVIBES
4. TOBACCO
5. SNOOZE
6. DUMBO
7. INTERLUDE S.G.S.4
8. MINT
9. SEAWEED
10. ARE WE ALONE
11. BODY

イベント情報

Suchmos
『TOUR THE KIDS』

2017年3月2日(木)
会場:神奈川県 横浜 club Lizard YOKOHAMA
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月5日(日)
会場:静岡県 浜松 窓枠
出演:
Suchmos
GRAPEVINE(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月8日(水)
会場:栃木県 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-2
出演:
Suchmos
Yogee New Waves(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月10日(金)
会場:京都府 MUSE
出演:
Suchmos
D.A.N.(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月11日(土)
会場:岡山県 YEBISU YA PRO
出演:
Suchmos
D.A.N.(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月15日(水)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ
出演:
Suchmos
GRAPEVINE(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月17日(金)
会場:新潟県 LOTS
出演:
Suchmos
OKAMOTO'S(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月18日(土)
会場:石川県 金沢 Eight Hall
出演:
Suchmos
OKAMOTO'S(ゲスト)
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年3月26日(日)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月1日(土)
会場:宮城県 仙台 Rensa
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月7日(金)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO
出演:Suchmos
料金:前売4,000円(ドリンク込)

2017年4月9日(日)
会場:福岡県 BEAT STATION
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月13日(木)
会場:大阪府 なんばHatch
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月15日(土)
会場:大阪府 なんばHatch
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月16日(日)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月18日(火)
会場:愛知県 名古屋 DIAMOND HALL
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月22日(土)
会場:東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

2017年4月23日(日)
会場:東京都 恵比寿 ザ・ガーデンホール
出演:Suchmos
料金:前売3,500円(ドリンク別)

プロフィール

Suchmos
Suchmos(さちもす)

2013年1月結成。ROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。メンバー全員神奈川育ち。Vo.YONCEは湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)、TAIKING(Gt)、KCEE(Dj)、TAIHEI(Key)の6人グループ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆