特集 PR

BUGY CRAXONE×関めぐみ アラフォーの変化の受け入れ方を学ぶ

BUGY CRAXONE×関めぐみ アラフォーの変化の受け入れ方を学ぶ

BUGY CRAXONE『ミラクル』
インタビュー・テキスト
上野三樹
撮影:鈴木渉 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子 取材協力:#802 CAFE&DINER

生まれて死ぬまで、少しずつ自分になっていくんだと思う。(すずき)

:そうそう。『relax』が編集するBEAMS BOYのカタログがあって、ゆきちゃんにモデルをお願いしたんです。

―最初はバンドの撮影だったのが、個人的な繋がりでお仕事をするようになったんですね。

:そうですね。ファッションの撮影でも「ゆきちゃんみたいな子がいたらいいのにな」って思って、最後はゆきちゃんに泣きつくんです(笑)。ゆきちゃんはモデルじゃないけど存在感があって、いわゆる普通とはまた違うのがいい。一応、躊躇はするんですよ。モデルじゃないのにそんなこと頼んでいいのかなって。

関がiPhoneで撮影したすずき
関がiPhoneで撮影したすずき

すずき:でも私はすぐ「行きまーす!」って(笑)。関さんに呼ばれると、自分の生活やバンドっていうカテゴリーの中ではあんまり触れることのないものが見られたり、面白いことが絶対あるんです。

現場でも、関さんみたいな柔らかい雰囲気の人がポツンといて、編集の女性とかもおっとりした感じで、「これがいいんじゃない?」なんて言いながら静かにものを作っているところを見られるのがすごく楽しくて。

―結構前からモデルとしてお手伝いされていると思うんですけど、モデルの道もある、とかは考えなかったんですか。

すずき:全然思わないです! 全然!(笑) それはやっぱりプロの人に対して失礼だと思うから。あくまで関さん専属です。関さんが撮ってくれるからこそ伸び伸びやれているところもあるし、言われたとおりにやります(笑)。私はそこに参加することに意義があると思っているので、自分を出そうとかは考えてないんです。

二人で写真を撮り合う
二人で写真を撮り合う

―そうなんですね。

すずき:歳を重ねるごとに、自分はバンドマンだからこれはやりませんとか、これはこうだからやりませんということは、ナシにしようと思うようになったんですよね。どんな仕事でも、自分が必要とされていることはやりにいきたいから、場所は選ばない。

それで自分がやっていることがブレちゃうのであれば、それまでだと思うんですよね。何でもやってみて、最終的にOKにすればいいんじゃない? って思えています。

―職人気質ですよね。モデルもしていますというアナウンスを、バンドのファンにしてこなかったでしょう。

すずき:そうですね。そっか、みんなが知りたいとも思わなかった(笑)。

:そういうところあるよね、ガツガツ前にいかない感じ。

すずきもiPhoneで関を撮影
すずきもiPhoneで関を撮影

すずき:あるかもしれない(笑)。さっき、関さんが少しずつプロになっていったって言っていたけど、それは仕事の話だけじゃなくて、生まれて死ぬまで、みんなも少しずつ自分になっていくというか。少しずつ人生のプロになっていってるんだと思うんです。

だから今、自分より年下の友達と接していても、20歳くらいの時のキツさも、20代後半の時のキツさもわかる。でも、みんなそのキツさを少しずつ、それぞれ経験して乗り越えていくしかないんだなと思うんです。今はそこに変に逆らう気がサラサラない。

―みんな避けて通れない道というか。

すずき:うん。伸び伸びコツコツ生きていくしかないし、自分の表現はそこにのっとった方がいいんじゃないかなって。関さんが時期によって色んな対象を撮ってきたみたいに、それでいいんじゃないかなって思っています。

:ゆきちゃんはそれでいいと思う。さっきも言ったけど、すごくいい感じに力が抜けてきているから。

左から:関めぐみ、すずきゆきこ

すずき:そうですね。でも、関さんに声をかけてもらえるのは、私は絶妙なところを縫っている感じだからなのか。いい話を聞いちゃった(笑)。でもその絶妙なところをバンドでも最近は大事にしています。

いよいよ何バンドなのかわからなくなってくるというか。いわゆるロックバンドというのとは違うような、でもロックだよね、っていうところもあるし。

―確かに。今回のアルバム『ミラクル』の資料に「毎日を前向きに生きていくためのヒントを、ユーモラスな歌詞と一風変わったロックンロールにのせてお届けします」と書かれていて、いい感じに開き直ったなあと(笑)。

すずき:あはは、そうですね(笑)。

Page 2
前へ次へ

リリース情報

BUGY CRAXONE『ミラクル』初回限定盤
BUGY CRAXONE
『ミラクル』初回限定盤(CD+DVD)

2017年1月18日(水)発売
価格:3,500円(税込)
TECI-1532

[CD]
1. ブルーでイージー、そんでつよいよ
2. ぶるぶるぶるー
3. いいじゃん
4. Come on
5. FAST
6. dreamer
7. ロマンチスト
8. チーズバーガーズ・ダイアリー
9. ハレルヤ
10. ガーデン
11. いいかげんなBlue
12. NY
13. なんとなく Be happy
14. ナイス・ナイス・ナイス
15. ベリナイス
16. たいにーたいにー
[DVD]
1. NORTHERN ROCK
2. WATCH YOUR STEP
3. Why not?
4. Come on
5. FAST
6. いいじゃん
7. NY
8. ロマンチスト
9. ベリナイス
10. ぶるぶるぶるー
11. なんとなく Be happy
12. チーズバーガーズ・ダイアリー
13. たいにーたいにー
14. No9. Punk Lover
15. Lesson 1
16. ブルーでイージー、そんでつよいよ
17. dreamer
18. 枯れた花
19. I scream(EN)

BUGY CRAXONE『ミラクル』通常盤
BUGY CRAXONE
『ミラクル』通常盤(CD)

2017年1月18日(水)発売
価格:2,500円(税込)
TECI-1533

1. ブルーでイージー、そんでつよいよ
2. ぶるぶるぶるー
3. いいじゃん
4. Come on
5. FAST
6. dreamer
7. ロマンチスト
8. チーズバーガーズ・ダイアリー
9. ハレルヤ
10. ガーデン
11. いいかげんなBlue
12. NY
13. なんとなく Be happy
14. ナイス・ナイス・ナイス
15. ベリナイス
16. たいにーたいにー

イベント情報

『BUGY CRAXONE 20周年記念ワンマン“100パーセント ナイス!”』

2017年11月19日(日)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO
出演:BUGY CRAXONE
料金:前売2,900円 当日3,400円(共にドリンク別)

プロフィール

BUGY CRAXONE
BUGY CRAXONE(ぶーじー くらくしょん)

すずきゆきこ(Vo,Gt)、笈川司(Gt)、旭司(Ba)、ヤマダヨウイチ(Dr)による4人組バンド。1997年5月に札幌で結成。1999年3月にビクターエンタテインメントよりデビュー。2003年、レーベルとマネージメントを兼ねたZubRockA RECORDSを設立。2014年6月には、ヤマダ加入後、4人での初アルバム『ナポリタン・レモネード・ウィーアーハッピー』を発売。2015年、3度目の『RISING SUN ROCK FESTIVAL』への出演を果たすなど、ライブパフォーマンスにも定評がある。結成20周年となる2017年、テイチクエンタテインメントに移籍し1月にベストアルバム『ミラクル』をリリースした。11月19日(日)渋谷クアトロでの結成20周年記念ワンマンも決定している。

関めぐみ(せき めぐみ)

写真家。音楽、スポーツ、カルチャーなどの雑誌や広告、書籍、ファッションブランドのカタログの撮影などを行なう。2010年8月には、葉山の一色海岸に来訪した約150組の一般客を撮影するイベント『8月の写真館』を開催し書籍化。

関連チケット情報

2017年11月19日(日)
BUGY CRAXONE
会場:渋谷CLUB QUATTRO(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)