特集 PR

A11yourDaysが語る、大人の力を借りずにシーンを切り拓く決意

A11yourDaysが語る、大人の力を借りずにシーンを切り拓く決意

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一
2017/03/06
  • 23
  • 27

今、バンドミュージックは、ほとんど二極化していると言っていい。片や、「インディーロック」として伝統を継承した豊かな音楽性で、一定層に愛好されていくバンドたち。片や、「ポップアクト」として、最先端のR&Bやヒップホップなどとも結びつきながら、巨大なスタジアムやアリーナクラスの会場で、大観衆を沸かせるメガバンドたち。どちらがいい悪いという話ではないが、この数年で、岐路に立たされるバンドは多かったはず。

ここに紹介する若き5人組、A11yourDaysは、完全に後者の道――「ポップ」の道を歩まんとするバンドだ。そして、実際に彼らの楽曲には、数年後には本当に巨大なスタジアムのステージに立っているのではないかと想像させるほどの説得力がある。彼らがリリースする1stミニアルバム『you,』には、瑞々しく躍動するバンドの夢や野心が、煌びやかなメロディーやファンキーなグルーヴと共に、とても美しく散りばめられている。

去年、結成1年にも満たないながらも、『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』や『イナズマロック フェス 2016』に出演するなど、躍進を遂げたA11yourDays。韓国と日本のハーフであるボーカリスト・SOGYONと、ベースのMasayaに、そのバンドにかける想いを聞いた。

付いていくのが大変だったくらい展開が早い1年だった。(SOGYON)

―去年のA11yourDaysは、大型フェスに出演し、さらに現時点での代表曲“city”がNTTドコモ関西支社のCMに使用されるなど、急速な発展があったんじゃないかと思うんですが。

SOGYON(Vo):濃かったですね……自分たちでもびっくりするぐらい(笑)。本当に、いろんな経験をさせてもらって、めちゃくちゃ自分の糧になった1年間でした。

Masaya(Ba):僕らは2015年の11月に活動を始めているんですけど、年が明けてすぐに前任のドラマーが脱退して。そもそも、「このままバンドを続けるのかどうか?」っていう葛藤があった矢先に、『ap bank fes』の出演が決まったんです。そして新しくドラムのKoheyが入って、とりあえず『ap bank fes』に向けて走り出すことができて。

そこから、ありがたいことに、『イナズマロック フェス』が決まったり、自主制作でCDを作ることができたりして、そして、今につながっているので……本当に、人に感謝することが多い1年間でしたね。それはもちろん、今年も引き続きなんですけど。

左から:SOGYON、Masaya
左から:SOGYON、Masaya

―今おっしゃったように、A11yourDaysは去年の時点で結成から1年足らずの状態で。それでここまで来るのは、相当ですよね。

SOGYON:付いていくのが大変だったくらい展開が早すぎて。

Masaya:自分たちでやっていることなのに、付いていけないっておかしいけどね(笑)。でも、曲のクオリティーに関しても、ライブに関しても、一つひとつに対して「今はこの目標があるから、このレベルには到達しなきゃいけない」っていう指標が、どんどんとシビアになってきて。

練習しなきゃいけない、曲も作らなきゃいけないっていう焦りのなかで、その度にみんなで話し合ってぶつかったり……いろいろありましたけど、本当に濃かったです。それにあっという間だった。「もう1年経った?」みたいな(笑)。

A11yourDays
A11yourDays

『ap bak fes』は、ライブ自体、総計で10本やっていたかどうかぐらいのころで……正直、悔しかったです。(Masaya)

―実際、『ap bank fes』や『イナズマロック フェス』での演奏はいかがでしたか?

Masaya:『ap bak fes』は、初遠征で初フェスだったんです。ライブ自体、総計で10本やっていたかやっていないかぐらいのころで……正直、悔しかったです。夢のステージだったし、ありがたいお話をもらって、気持ちよく演奏できて本当に楽しかったけど、まだ自分たちは実績も知名度も何もなくて、CDすらなかったので。

お客さんに対して、僕らから「こういう者です」って言えるものが何もなかったんです。そこに対する悔しさはすごくあった。演奏もそうですけどね。SOGYONもあの日MCで言っていたけど、いつか、大きなほうのステージでやりたい。

SOGYON:そうだね。中学時代の少しと、高校時代に住んでいたくらいなんですけど、もともと僕は仙台に所縁があって。当時の思い出も込み上げて、かなりエモーショナルな気持ちになっていたんですね。「こういう形で仙台に帰って来れた」っていう誇らしい気持ちもある一方、「そのわりに、爪痕を残せなかった」っていう悔しさもあって。

SOGYON

SOGYON:……もちろん、『ap bank fes』で僕らのことを知って、そのあともライブに来てくれた人もいるんです。そういうのも含めて「縁」だと思うし、もっとみんなと一緒に成長していけるようなバンドになりたいって、僕は去年のフェスを通して思いましたね。もっと大きなステージを一緒に作っていけたらいいなって。僕らだけでは絶対に無理なので。

―「感謝」や「縁」という言葉が出てきますけど、A11yourDaysはバンド単体ではなく、ファンや周りの人たちを含めた「みんな」で活動している感覚が強いですか?

Masaya:そうですね。僕らは事務所とか、どこにも所属していないからこそ、本当にいろんなことで、人に助けられることが多いんです。だって、僕ら五人だけでは、こうやって取材を受けることなんて無理だし。どこに電話をすればいいのかすらわからない。そういうことを考えると、自分たちのことを広めてくれるようとしてくれている人たちに対しては、感謝しているんです。

Masaya

―去年の時点でレーベルや事務所から声がかかったりはしなかったんですか?

Masaya:何社かからはお話をいただいたんですけど、まだ1年にも満たない活動内容でどこかに所属してしまうのって、どうなんだろう? って思ったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

A11yourDays『you,』
A11yourDays
『you,』(CD)

2017年3月8日(水)発売
価格:1,728円(税込)
EGGS-018

1. Bell
2. City(album ver.)
3. Title Role
4. Talk About
5. Kite
6. rainy day

プロフィール

A11yourDays
A11yourDays(おーる ゆあ でいず)

全ては「あなた」の日々を彩るため。日本、韓国、アメリカの血が混ざり合う多国籍ピアノロックバンド。ポップスとロックを根底に各個性が彩る楽曲たち。のびやかで綺麗な声と3か国で描く唄を武器に活動を開始する。前任ドラマーとJohn(Gt)の前身バンドの解散から1か月。かつてからの仲間UK(Key)、Masaya(Ba)を誘い活動を開始。「すれちがった時に気になった」という理由だけでバンド活動をしたことのなかった韓国出身のSOGYONをボーカルに抜擢。2017年3月8日、ミニアルバム『you,』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)