特集 PR

理想の町おこし、ノルテ・ハポンと硫黄島地区会の団体活動に学ぶ

理想の町おこし、ノルテ・ハポンと硫黄島地区会の団体活動に学ぶ

国際交流基金地球市民賞
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

ジャンベと触れ合い始めると、みんな毎日学校に来るようになる。たった一つの太鼓にそんな力があるなんてびっくりするでしょう?(安永)

―現在、多くの地方都市で人口減少、少子化といったコミュニティーの沈滞・消失が問題になっています。硫黄島と川俣町、それぞれの状況はいかがでしょうか?

安永:硫黄島は島民120人足らずの島ですから、現実はとても厳しいです。若い人がいないので子供が少なく、学校自体の存続も難しくなっています。その一つの打開策として里親制度を実施していて、いじめなどの問題で都会の学校に通えなかった子たちを迎えていますが、そこでもジャンベの可能性を感じることが多くあります。

私自身も里親をやっていて、いじめられた子、逆にいじめる側だった子、引きこもりだった子を大勢見てきましたが、ジャンベと触れ合い始めると、みんな休まずに毎日学校にやって来るようになる。たった一つの太鼓にそんな力があるなんてびっくりするでしょう?

安永孝(硫黄島地区会)

徳田:最初にママディさんが示した大きな視野が生きているのだと思います。ジャンベが奏でる音楽が相手にしているのは、人だけではなく、木の精霊、そこに吹きつける風、虫や鳥、そして太陽や星。つまり宇宙すべてを聴衆として捉えているんですね。そういう純粋で広大な感覚が、言葉や場所、人と人のわだかまりをほぐし、不和を超えていけるのだと思います。

毎年8月に開催されるジャンベインターナショナル・ワークショップ(2014年)
毎年8月に開催されるジャンベインターナショナル・ワークショップ(2014年)

―川俣町の状況はいかがですか?

齋藤:福島県川俣町は2011年の原子力発電所の爆発で避難地域になり、今年3月まで立入制限区域に指定されていました。事故以来、若い人がどんどん町外に出て行き、子供たちの数も目に見えて少なくなっている。町内の去年の新生児はわずか58人で、6つある小学校もいずれは1つに統合されるかもしれません。

だからこそ、子供たちは宝物です。社会の大きな三角形を支える底辺が子供たちで、その数が広いほど、三角形は大きく強くなる。問題を解決する方法はいまだに見えないですが、できるならばケーナを通じて子供たちに活力を与えていきたいと私は考えています。

齋藤寛幸(ノルテ・ハポン)

『コスキン・エン・ハポン』の前祭りとしてパレードも行われるようになった

『コスキン・エン・ハポン』の前祭りとしてパレードも行われるようになった
『コスキン・エン・ハポン』の前祭りとしてパレードも行われるようになった

安永:硫黄島内には高校がないので、15歳の春になると子供たちはみんな島を離れることになります。ですからジャンベを直接伝えることができるのは中学校を卒業するまで。でも、そこで音楽の楽しさを感じた子は島外の高校で同好会を作って、自主的にジャンベを続けているんです。住民数の限られる島の中だけでは、音楽の継承もコミュニティーの維持も難しいけれど、島の外に後継者を作っていくこともできる。

徳田:それと「ジャンベ留学生」という制度があります。若い音楽家たちにジャンベを教えるかわりに、一定期間、島に暮らしてもらって、地区会の仕事をサポートしてもらっています。そうやって島に外の人を招き入れる。

留学期間が終わればその人たちはまた外に行くけれど、他の町でジャンベを教えたり、三島村のことを話題にしたりする。そうすることで全国的に村とジャンベが知られるようになり、音楽や島に興味を持った人が訪ねてくれる。そうやって人の循環を作ろうとしています。

徳田健一郎(硫黄島地区会))

安永:三島村はママディさんの故郷のギニアでも有名なんですよ。日本という国は知らなくても、三島村は知っている人が大勢いる。

齋藤:うちも一緒ですね。アルゼンチンのコスキン市に行くと、「日本では東京と川俣町を知っているよ」という人にたくさん出会います(笑)。

文化って簡単にはできない。長期間の積み重ねがあり、内外の人たちに活動が認められて、文化になったという実感が持てる。(齋藤)

―授賞式のスピーチで齋藤さんは「Think Globally, Act Locally」がキーワードだとおっしゃっていましたね。

齋藤:文化って簡単にはできないと思うんです。長期間の積み重ねがあり、内外の人たちに活動が認められて、「これはうちの文化になった」という実感が持てる。その実感は都会で人気が出たとか、商売として成り立ったという尺度で得られるものではありません。

以前、音楽祭『コスキン・エン・ハポン』を川俣町の外で開催しないか、という申し出があったことがあります。開催規模も大きくできるし、観光客の泊まれる宿泊施設もたくさん用意できる。これは音楽祭を興行として成功させよう、という発想ですよね。

でも、それまで民族音楽フォルクローレを愛して応援してくれた人たちは、川俣町の風景やそこで出会った人たちとの再会も楽しみにしているんです。大都市でイベント化すれば、その一時は成果を得られても、そこに感動は生まれないんですよ。

左から:徳田健一郎(硫黄島地区会)、齋藤寛幸(ノルテ・ハポン)

徳田:ママディさんも「すべての文化は都市ではなく、小さな村から始まったんだ」と言っていますが、彼が三島村を学びの場に選んだのも、「Think Globally, Act Locally」と同じ発想だと思います。

―規模感の小ささがよかったのかもしれませんね。郊外型の大型ショッピングセンターができて、買い物や生活が便利になった地方都市は多くありますが、その一方で消費活動が均一化していくと、街の持っていた特質は失われてしまう。そこで例えば、ジャンベを叩く、ケーナを吹くことによって、それぞれの町や島の記憶が体験として戻ってくる。それが継承のための大事な要素になっているのではないでしょうか。

齋藤:世の中は便利になっていますが、均一的な便利さではなく、ちょっと変わったものであってもその場所、その人にしかない特質を必要とする人はいる。つまり価値観の尺度は一つではないんです。

徳田:あえて私の方からは逆の問いかけもしてみたいです。私はミュージシャンなので、島の外に出て活動することが多くあります。今回の授賞式でも、その数日前に前乗りして、埼玉とか渋谷でワークショップを行いました。

そこでジャンベや硫黄島に興味を持っている人と出会い、一緒に演奏していると、その場所が一瞬で島の空気感に変わるんです。先ほどの、外に後継者を作っていくというのと同じ発想で、場も外に作っていくことができると思っている。自分の意志で、積極的に外に出て行くことも今後の大事な活動の一つかな、と思います。

Page 3
前へ

アワード情報

国際交流基金地球市民賞

1985年、全国各地で国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディア、情報を交換し、ともに考える団体を支援する賞として創設されました。最初の名称は「国際交流基金地域交流振興賞」、2004年には「国際交流基金地域交流賞」、2005年からは「国際交流基金地球市民賞」に改称し、現在に至っています。

プロフィール

ノルテ・ハポン

アルゼンチン・コスキン市で行われている、世界的な「フォルクローレ」音楽祭にちなみ、1975年に日本のコスキンという意味の中南米音楽祭「コスキン・エン・ハポン」が、全国から愛好家を福島県川俣町に集めて始まりました。現在では1万人を集める国内最大級の「フォルクローレ」イベントに成長、3日間にわたり全国180のグループが夜通し演奏します。国内はもとより、遠くはアルゼンチン、ボリビア、ペルーからプロのミュージシャンも参加します。音楽祭初日は、川俣町内の子供からお年寄りまで約1,300人が、参加者達をパレードで歓迎します。

硫黄島地区会(いおうじまちくかい)

鹿児島県硫黄島とギニアの太鼓ジャンベの出会いは1994年、「ジャンベの神様」ママディ・ケイタ氏が来日した際、小さな村でこどもたちと交流したいと希望、村が受け入れたときにはじまります。以降毎年のようにケイタ氏が来訪し指導を続ける一方、硫黄島のこどもたちがケイタ氏の故郷ギニアを訪問、また2000年にはケイタ氏と「みしまっ子」が共同でドイツ公演を果たすなど、ジャンベを通じた国際交流が活発に続けられています。2004年にはアジア初のジャンベスクールが開設され、県内外からジャンベ留学生も受け入れています。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施