特集 PR

KIGI渡邉良重インタビュー 絵とデザインの感覚とその源流を語る

KIGI渡邉良重インタビュー 絵とデザインの感覚とその源流を語る

渡邉良重展『絵をつくること』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

購入した商品のパッケージや紙袋が魅力的で、使い道もないのに、ついつい手元に残しておいてしまう。そんな経験は、誰にでもあるのではないだろうか。後ろ姿の女性が印象的な、人気の洋菓子ブランド「AUDREY」のパッケージデザイン。このたび、その一連のパッケージが、グラフィックデザイン界の発展に寄与した作品に贈られる『第19回亀倉雄策賞』を受賞した。手がけたのは、渡邉良重。植原亮輔とデザイン事務所「KIGI」を主宰する、アートディレクター / デザイナーだ。

平面からプロダクト、自身のおじいさんの名前を冠したブランド「CACUMA」における洋服のデザイン、絵本作品まで。幅広い分野で活躍する渡邉だが、その主軸にあるのは、ほのかな物語性を感じさせつつも、空白を巧みに使ったイラストレーションの仕事だろう。この彼女の世界観が、多くの製品に生かされ、さまざまの人の「大切にしたい」気持ちを刺激するのはなぜなのか。

今回、渡邉には「AUDREY」の誕生秘話はもちろん、家族との思い出の品を持参してもらい、創作において大事にしていることを語ってもらった。そこから見えたのは、自然体で制作を続けてきた渡邉の美意識の源泉である、デザインと家族に対する深い思い入れだった。

大人になってからも、お店の包装紙やお菓子の缶などが好きです。

―受賞作の「AUDREY」のデザインは、どのように構想されたのでしょうか?

渡邉:最初に話をいただいたときは、まだ「AUDREY」はひとつのお菓子の名前で、ブランド名自体は植物を思わせるものでした。パッケージも植物から発想して、いろんな案を出したのですが、発売元の社長さんはどこかしっくりこられていない様子で。「今回はやめようか」とも言われました。でも私としてはここでやめたらお互いにもったいない気がして、再び7~8案を出したのです。

渡邉良重
渡邉良重

―それで、決めてもらえた?

渡邉:最初はまだ決めかねていらっしゃいました。新ブランドの大切なパッケージだから、当然ですよね。そこで他の方の意見も参考にして、「これにしましょう」と言ってもらえたのが、今のデザインの基本になるものだったんです。社長さんにもだんだん「これでいける」と感じていただけて、今では大好きみたいです(笑)。提案した中で、女性が出てくるのはその案だけでしたが、これにするなら名前も「AUDREY」に変えようということになりました。

―デザインから、ブランド名が決まったんですね。今回、『亀倉雄策賞』受賞のコメントで、「飴玉やチョコレートの包み紙、デパートの包装紙や箱は、子どもの頃に触れた大切なデザインで、それを宝物にしました」と書かれていたのが、とても印象的でした。今回のデザインも、まさに商品を彩るそんな領域のものですね。

『第19回亀倉雄策賞』を受賞した「AUDREY」のパッケージデザイン
『第19回亀倉雄策賞』を受賞した「AUDREY」のパッケージデザイン

渡邉:グラフィックデザインは基本的に、主役をサポートするものですね。展覧会のポスターも展覧会の情報を伝えるためのものですが、「AUDREY」のデザインも、お菓子を手にとってもらうためのもの。

多分、多くの女性もそうであるように、私は大人になってからも、お店の包装紙やお菓子の缶などが好きです。箱がほしいために、少し高めのチョコを買ったりしたこともあります。あとイタリアで、ケーキ屋さんにあった手作りの箱がかわいくて、売り物ではなかったんですけどいただいたこともありました(笑)。

渡邉が大事にしている箱。右の緑の箱がイタリアのケーキ屋さんで譲ってもらったもの。左の卵形のものもめずらしい。
渡邉が大事にしている箱。右の緑の箱がイタリアのケーキ屋さんで譲ってもらったもの。左の卵形のものもめずらしい。

―すごいですね(笑)。僕もめずらしい紙袋とか、使い道もないのに取っておいてしまいます。

渡邉:捨てられないですよね。チョコのスライド式の箱を使い、動く仕掛けのおもちゃをよく作ったりもしました。「AUDREY」も、何年も取っておきたくなるものになっていたらと思います。

―そうした包装紙などへの関心や工作好きが、デザインの原体験なんでしょうか?

渡邉:生まれた場所がとても田舎で、いまと比べたらものもなかったので、綺麗な何かをもらうとすごく嬉しかったのが大きいかもしれないですね。

―コメントの中では、かわいいだけのものではなく、デザインとして成り立っているものがいつも作りたかった、ともおっしゃっています。「かわいいだけのもの」と「デザインとして成り立っているもの」の違いとは、どのあたりにあるのでしょう?

渡邉:そこが難しくて。子ども用のアイテムでも、幼稚なものもあれば、大人が見てもいいデザインもある。絵は幼くても、文字との組み合わせで良くなるものもあるし……難しいですね。ちょっと植原を呼んで来ます(笑)。

(植原さんがやって来る)

植原:「かわいいだけのもの」と「デザインとして成り立っているもの」の違い?

左から:渡邉良重、植原亮輔
右:植原亮輔

渡邉:そう。かわいいものって、ちょっとデザインになりにくいじゃない?

植原:ああ、わかりますよ。単純にかわいいものは、お客に媚びがちになる。でも良重さんは、そこに媚びたくないんですよ。絵に、暗さがあるじゃないですか。キャピキャピしたものはテンションで描けるけど、デザインはそれがどういう風に機能するか客観視しないといけないので、テンションが低い。そこがデザインなんじゃないかな。

―デザインは冷静であると。

渡邉:たしかに感情に任せて作ってはいないですね。

植原:あとデザインには、必ず新しい部分がないといけないですよね。でも、20年くらい前に「AUDREY」が出ていたら、斬新すぎたかもしれない。良重さんが、これまでの活動を通してその下地や文化を積み重ねて作ってきたから、今、うけているのかなと。

渡邉:少しずつでも新鮮な何かを付け加えることは、いつも心掛けたいことですね。

植原:20年前の良重さんの絵は、いま見るとけっこう素朴だもんね。

渡邉が20年前に描いた絵
渡邉が20年前に描いた絵

渡邉:仕事の内容が変わってきたのもあると思う。以前所属していた、「ドラフト」というデザイン会社に勤め始めた頃は、デザインとイラストの仕事がまったく別で。でも、途中から「D-BROS」というプロダクトのブランドをやりはじめて、両者がくっついたんです。そんな中で、絵を描くという行為も、どんどん冷静なものになったのかもしれませんね。

Page 1
次へ

イベント情報

渡邉良重展
『絵をつくること』

2017年4月4日(火)~5月20日(土)
会場:東京都 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00
休館日:日曜、祝日、4月29日~5月7日
料金:無料

『渡邉良重 原画展』

2017年4月12日(水)~5月14日(日)
会場:東京都 白金高輪 OFS gallery(OUR FAVOURITE SHOP内)
休館日:月、火曜(祝日を除く)
料金:無料

プロフィール

渡邉良重(わたなべ よしえ)

1961年山口県生まれ。山口大学卒業。1986年宮田識デザイン事務所(現・ドラフト)入社。植原亮輔と共に2012年にKIGIを設立。グラフィックデザインの他、現在もドラフトのプロダクトブランド「D-BROS」のディレクターを務めながらも、糸井重里氏が主宰する「ほぼ日」と洋服のブランドCACUMA(2013年~)を、さらに滋賀県の伝統工芸の職人たちと、陶器・家具・布製品などのブランドKIKOF(2014年~)を立ち上げ。また、デザインワークの流れの中で作品制作をし、展覧会を行っている。2015年に東京・白金にKIGIの生み出すデザイン製品等を販売するショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」をオープン。絵本『BROOCH』(文・内田也哉子)、『ジャーニー』(詩・長田弘、ジュエリー・薗部悦子)、『UN DEUX』(文・高山なおみ)、『ぬりえの赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス』(文・安藤隆)、および作品集『キギ/KIGI』『KIGI_M』をリトルモアより刊行。東京ADCグランプリ、D&AD金賞、One Show Design金賞、NY ADC金賞などを受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告