特集 PR

馬喰町バンド×MOROHA対談 音楽には正解も予定調和もいらない

馬喰町バンド×MOROHA対談 音楽には正解も予定調和もいらない

馬喰町バンド『メテオ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:山元翔一

馬喰町バンドとMOROHA。片や、「ゼロから始める民族音楽」をコンセプトに掲げ、世界中の民族音楽を採集&脱構築しながら、新たな大衆音楽を生み出すバンド。片や、鋭さも柔らかさも極限まで磨き上げたラップと心の隅にまで浸透するギタープレイで、聴き手の「人生」と「音楽」を直列に繋ぐ2人組。今回、馬喰町バンドの新作『メテオ』リリースに際し、この二組による異種格闘技戦的な対談が実現した。

音楽性に関しては、大まかに「ラップ」という共通点があり、イベントでの共演経験はあるものの、根本的に交わることはほとんどないと言っていい。だが、それゆえにこの対談では、お互いの今まであまり語られてこなかった「音」と「言葉」における本質、そして、二組の間に隠された共通点も浮き彫りになった。このテキストのなかには、新しい「人と音楽の在り方」が刻まれている。どうか二組の音楽と共に、ゼロから楽しんでほしい。

僕は、ずっと「自分はアウトサイダーだ」っていう感覚を抱えているんだけど、MOROHAを聴くと、「この人たちも徹底的にアウトサイダーだな」って思う。(武)

―馬喰町バンドは「ゼロから始める民族音楽」をコンセプトに掲げていますが、MOROHAのおふたりにとって、民族音楽とはどんなふうに見えているものでしょうか?

AFRO(MC / MOROHA):伝統的なものって、「変わらないこと」がひとつの定義だと思うんですよ。俺の地元の長野県青木村にも「義民太鼓」っていう伝統芸能があるんですけど、それも過去から継承されてきたものだし、「変わらないもの」をやることに一番の意味がある。

だからこそ馬喰町バンドの、民族音楽を「ゼロから」始めようっていうスタンスには、従来の民族音楽に対するアンチテーゼを感じます。変わらないことが良しとされるものを「ゼロから」作りなおす、進化させていく……これ、かなりのパンク精神がなきゃできないですよね?

左から:馬喰町バンド(織田洋介、武徹太郎)、MOROHA(AFRO、UK)
左から:馬喰町バンド(織田洋介、武徹太郎)、MOROHA(AFRO、UK)

武(唄,Gt,エレキ六線 / 馬喰町バンド):ご明察です。でも、さすがポエマーですね。「パンク精神」っていう言葉を使って表現してくれる人はいなかったから、嬉しいな。

AFRO:本当ですか? 僕はヒシヒシと感じました。伝統的なものに対して、多くの人は「伝統的である」というだけで感動するけど、たとえ何百年の歴史があろうと、一切感動しないものだってあるんですよね。民族音楽でもヒップホップでも、あらゆるジャンルにおいて「正解」はあると思うけど、時代の横っ面を殴れるのって、それをいち早く破った人だと思う。

なので俺も、「正解」には絶対に従いたくないなって思いながらやっています。「正解」から生まれる予定調和じゃなくて、お客さんや俺たち自身が新しい世界を見つける瞬間が、一番かっこいいなって思うので。その瞬間が「ゼロから始める」っていうことだと俺は解釈しました。

AFRO

:そうなんですよ。どんな伝統的なものでも、最初にやり始めた人は素人だったんだから、それを僕らがゼロからやることの価値は、誰が否定できるものでもないだろうって思うんです。僕は、「伝統には正解がある」っていう権威主義が生理的に受け入れられないし、ずっと「自分はアウトサイダーだ」っていう感覚を抱えていて。いわゆるバンドシーンにも、民族音楽の世界にも、どこに行っても自分たちが居心地よく呼吸できる場所がなかったんですよね。

:でも、MOROHAを聴くと、「この人たちも徹底的にアウトサイダーだな」って思うんです。「自分たちのやりたいことが既存のジャンルにハマらない。じゃあ、俺たちは俺たちでやるよ!」っていう、強固なスタンスをめちゃくちゃ感じる。

AFRO:それはありますね。結局、自分らしさを最大限に発揮できる場所に先駆者がいないと、居場所のなさを感じてしまうだけで。俺らはDragon Ash直撃の世代なので、「ミクスチャー」という言葉にすごく馴染みがあるし、たとえば「MOROHAは、フォークとヒップホップのミクスチャーだ」って言われたら、しっくりこざるを得ない部分もある。でも、やっていることは全く違うし、そこは音楽を聴いたらわかってもらえることだと思っています。

ジャンルが云々言われたら、「単に括りたいだけなんだな」って思う。俺たちが訊きたいのは、「それってつまり、『最高だ』ってこと?」ってだけ。(AFRO)

―MOROHAとして、「こう言われたら納得できるな」っていうジャンルや形容ってありますか?

AFRO:別に、周りからはなんと言ってもらってもかまわないですね。たとえば、「MOROHAはロックだ」と言われたとき、その人の一番好きな音楽がロックなら、それはその人なりの最大限のリスペクトじゃないですか。ヒップホップ好きに「お前らヒップホップだよ」って言われたら、「認めてくれているんだな」って思うし。ジャンルが云々言われたら、「単に括りたいだけなんだな」って思うけど。俺たちが訊きたいのは、「それってつまり、『最高だ』ってこと?」ってだけで。

:その感覚、わかりますよ! 女の子に「俺のこと好き?」って訊いて、「愛してる」なんて言われても、「『愛してる』ってなんなの?」って感じだし。結局、「君の一番恥ずかしい言葉で俺を気持ちよくしてくれよ!」っていうことじゃないですか。

武徹太郎

AFRO:ははは!(笑) それ、すっげぇ素敵なフレーズですね! 「一番恥ずかしい言葉で気持ちよくしてくれ」かぁ……そのまま歌詞に使ってもいいですか?(笑)

―(笑)。UKさんは、馬喰町バンドにどんな印象を持っていますか?

UK(Gt / MOROHA):もう、頭の作りが違う人たちっていう感じですね。初めてライブを観たとき、衝撃だったんですよ。曲の作りもそうだけど、音楽に対する発想がそもそも違う。「これ全部、どうやって考えているんだろう?」っていう感じで。「こんなこと、自分には絶対にできない」って思いました。楽器も自作されていますよね? そのスタンスも、自分の価値観とは全然違ったので。

:でも、今使っている楽器を作ったのは、民族音楽とポップスの融和するポイントを模索するなかで必要だったからというのが一番の理由なのですけど、その一端には、MOROHAの影響も少しあるんですよ。

Page 1
次へ

リリース情報

馬喰町バンド『メテオ』
馬喰町バンド
『メテオ』(CD)

2017年4月5日(水)発売
価格:2,484円(税込)
DDCZ-2148

1. 東京オーバードライブ
2. ゆらゆら
3. なかうちくるまえくっとさけるまでゆけゆけ
4. Wajaja
5. 昔月に人が住んでいて
6. いってみよう
7. 五月
8. マイノリティ

ライブ情報

『馬喰町バンド × 村のバザール 馬喰町バンド6thアルバム「メテオ」リリースパーティー』

2017年5月6日(土)
会場:東京都 カフェ『村のバザール』

プロフィール

馬喰町バンド
馬喰町バンド(ばくろちょうばんど)

「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに結成されたバンド。懐かしいようでいて何処にもなかった音楽をバンド形式で唄って演奏する。2016年12月~NHK・Eテレ教育番組『シャキーン!』の1コーナー「終わる瞬間」のテーマ曲に、“わたしたち”(4thアルバム『遊びましょう』収録曲)が採用された。2017年4月からは同番組・同コーナーにて馬喰町バンド書き下ろしのオリジナル曲がテーマ曲として決定している。また、2016年から各所で上映されている映画『鳥居をくぐり抜けて風』の音楽を担当するなど、映像の世界へも活動範囲を広げている。2016年11月にリリースした5thアルバム『あみこねあほい』から僅か5か月後の2017年4月5日に、6thアルバム「メテオ」をリリースした。

MOROHA
MOROHA(もろは)

舞台上に鎮座するアコースティックギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなる2人組。互いの持ち味を最大限生かすため、楽曲、ライブ共にGt×MCという最小編成で臨む。その音は矢の如く鋭く、鈍器のように重く、暮れる夕陽のように柔らかい。相手を選ばず、「対ジャンル」ではなく「対人間」を題目に活動。ライブハウス、ホール、フェス、場所を問わず聴き手の人生へと踏み込む。道徳や正しさとは程遠い、人間の弱さ醜さを含めた真実に迫る音楽をかき鳴らし、賛否両論を巻き起こしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)