特集 PR

馬喰町バンド×MOROHA対談 音楽には正解も予定調和もいらない

馬喰町バンド×MOROHA対談 音楽には正解も予定調和もいらない

馬喰町バンド『メテオ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:山元翔一

ジャンルなんてなんでもいいんだけど、どこかで「ヒップホップをギター1本でやりたい」と思っている部分はあって。(UK)

―武さんは「六線」という自作楽器を使っていらっしゃいますよね。それにMOROHAの影響もあるというのは、どういうことなのでしょう?

六線
六線(インタビュー:子どもは誰でも作曲能力がある?馬喰町バンドが目指す無垢な音楽より)

:僕たち、ライブの打ち上げでいつもラップをするんですよ。それであるとき、「ギターの弾き語りでラップでもしようかな」って軽い気持ちで言ったら、地方のライブハウスのスタッフの人に、「MOROHAって知ってる?」って言われて。それで初めてMOROHAを聴いたんですけど、もう、ギターのフレーズが洪水のように押し寄せてきて……僕のほうこそ、「こんなの弾き語りでできっこねぇ!」って思ったんですよね。

それで、その道は諦めて、三味線でラップをやろうとしたんです。でも、「三味線でラップって、極めても全然ウケねぇな」って冷静になって(笑)。結果として、ギターと三味線の中間の楽器、「六線」を作ったんです。

武徹太郎

―CINRA.NETの前回のインタビュー(「ヒップホップと日本民謡は近しい文化」馬喰町バンド×稲葉まり)で、武さんが「民謡を調べていくとどんどんヒップホップに近づいていった」と、おっしゃっていましたよね。馬喰町バンドのおふたりから見て、MOROHAのサウンドの面白さはどこにありますか?

:曲の構造的にも、ものすごく面白いと思います。曲によっては、最後のほうで急に拍子が変わったりするんですよね。あとギターって、ポップスやロックのフィールドでやっていたら、そこまで奥が深いようには感じないんですけど、MOROHAの音楽には、ギターの無限の奥行きがあるような気がします。

織田(唄,Ba / 馬喰町バンド):最近のUKさんのギターは、パーカッシブなスタイルを取り入れていますよね。あれは、どういった経緯で辿り着いたんですか?

織田洋介

UK:偶然の産物なんですよ。ジャンルなんてなんでもいいんだけど、どこかで「ヒップホップをギター1本でやりたい」と思っている部分はあって。そう考えると、「ビート感をいかに出すか」っていうのが、僕らが立ち向かわなきゃいけない課題なんです。そこで試行錯誤し続けてきた結果が今のスタイルですね。

あと、自分のなかの闘いという側面もあります。たとえば、そもそものチューニングを変えるのは「逃げ」だと思っているから、絶対にレギュラーチューニングのままやろうと思っていたり。キーの高さを変えたければ、カポを付けようって(笑)。

:なるほど。キーをカポで変えるのは、フラメンコも一緒ですよ。三味線とも、構造は一緒ですね。伝統って、言わば「合理性」を突き詰めたものだけど、UKさんは「伝統」ではなく「思想」として、そこに辿り着いているんですね。

あと、UKさんが言う「ビートがないがゆえのビート感」って、僕にはすごい長所に聴こえます。MOROHAは、表立ったリズムに、ぴったりと歌が乗っているわけではないじゃないですか。それってつまり、おふたりだけが感じることのできるビートがあるっていうことで。やっぱりMOROHAは、思った以上に奥が深いなあ。

武徹太郎

―MOROHAが「1MC1ギター」の形態にこだわる理由には、なにがあるのでしょうか?

UK:正直、やりたいことをやっているだけなんですよね。今は単純にギターが弾きたいから弾いているだけで、もしドラムを叩きたくなったらそうするし。「MOROHAの形態はこれだ」って周りは勝手に思い込んでいるけど、全然そんなことはなくて。さらに楽器隊を加えることがベストな方法なら、そうすると思います。それを、周りから「媚び売っている」とか「魂を売った」と捉えられるのなら、それは自分たちの未熟さが出ているだけだと思うし。

AFRO:そうだね。俺も、今はラップがしっくりきているけど、この先、普通に歌うことがしっくりくるときがきたら歌うし、絵を描くことに変われば、そうするし。「ラップがしたくてラップをしているわけじゃない」っていうことは、言い聞かせている部分でもあります。とにかく、自分のなかにある「うわぁぁー!」っていう感情の高ぶり表現したい。それが一番重要なことです。

UK:でも、しばらくは変わらないと思いますよ。今の形で、もっとちゃんとした結果がほしいなって思うので。

UK

:結果というのは?

UK:地位と名声ですね。

:なるほど。今のMOROHAに地位と名声はないですか?

UK:自分たちが納得いくまでは、まだまだ足りないです。

「百姓」という言葉があったように、人はもともと百の仕事を自分たちでやっていて、生活のなかで総合芸術を作っていたんです。(織田)

―MOROHAのおふたりが言う、「地位」や「名声」というのはどういうものなのでしょうか? ここからは二組の「言葉」に対する考えも伺いたいです。

AFRO:「地位と名声がほしい」って俺らはよく言いますけど、これは決してふざけて言っているわけではないんです。たとえば、俺が「もっとMOROHAを広めたい」と思って、フライヤーを撒いたり、「聴いてください」ってCDを渡しに行ったりすると、MOROHAの場合、その行為自体が曲になるんですよ。

:“それいけ!フライヤーマン”という曲もありますもんね。

AFRO:地位と名声を目指してやる行動、それ自体が音楽に昇華されるんです。それが今、自分のなかでいいサイクルになっていて。それに「地位と名声」って、ひと口に言ってもいろんな形があると思うんです。

MOROHAとしては売れたり、知ってもらうことが地位と名声かもしれないけど、自分の人生のなかで、たとえば「対彼女」で考えた場合、彼女に対しての「地位と名声」って、つまり「愛されること」じゃないですか。じゃあ、愛されるためになにをすればいいのかって考えること……それ自体が、歌詞に活きてくる。

―生きていくなかで考えること、あるいは、生活そのものが音楽になり、作品になっているということですね。ある種、音楽と人生の間に自給自足のサイクルが成立しているというか。

織田:なるほど。「百姓」という言葉があったように、人はもともと百の仕事を自分たちでやるものだったんですよね。祭りのことも、生活のことも、全部自分たちでやる。だから昔は、みんなが生活のなかで総合芸術を作ることができた。

でも今は、経済活動をしないといけないから、分業しなければいけなくなって、AFROさんの言う「ミクスチャー」な価値観が生まれない状況になったんだろうと思うんです。でも、AFROさんはミクスチャーしていますよね。

織田洋介

AFRO:そっか。今自分がやっていることは、百姓の人が、牛の世話をしながら肥しを作って、それを畑に撒いて耕して、祭りもやって……そうやって生活を回していたのと通じるのかもしれないんですね。だからこそ、ダサいところも歌になる。

ポンッとニンジンを投げられたら、ふらっとそっちに行っちゃう、そんなブレちゃう瞬間も俺にはあるけど、別に「すげえ立派な人間ですよ」って発表したくて、ステージに上がっているわけではないので。素敵なことばかりだけではないっていうところも、ガツッと音楽に落とし込んでおきたいんですよね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

馬喰町バンド『メテオ』
馬喰町バンド
『メテオ』(CD)

2017年4月5日(水)発売
価格:2,484円(税込)
DDCZ-2148

1. 東京オーバードライブ
2. ゆらゆら
3. なかうちくるまえくっとさけるまでゆけゆけ
4. Wajaja
5. 昔月に人が住んでいて
6. いってみよう
7. 五月
8. マイノリティ

ライブ情報

『馬喰町バンド × 村のバザール 馬喰町バンド6thアルバム「メテオ」リリースパーティー』

2017年5月6日(土)
会場:東京都 カフェ『村のバザール』

プロフィール

馬喰町バンド
馬喰町バンド(ばくろちょうばんど)

「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに結成されたバンド。懐かしいようでいて何処にもなかった音楽をバンド形式で唄って演奏する。2016年12月~NHK・Eテレ教育番組『シャキーン!』の1コーナー「終わる瞬間」のテーマ曲に、“わたしたち”(4thアルバム『遊びましょう』収録曲)が採用された。2017年4月からは同番組・同コーナーにて馬喰町バンド書き下ろしのオリジナル曲がテーマ曲として決定している。また、2016年から各所で上映されている映画『鳥居をくぐり抜けて風』の音楽を担当するなど、映像の世界へも活動範囲を広げている。2016年11月にリリースした5thアルバム『あみこねあほい』から僅か5か月後の2017年4月5日に、6thアルバム「メテオ」をリリースした。

MOROHA
MOROHA(もろは)

舞台上に鎮座するアコースティックギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなる2人組。互いの持ち味を最大限生かすため、楽曲、ライブ共にGt×MCという最小編成で臨む。その音は矢の如く鋭く、鈍器のように重く、暮れる夕陽のように柔らかい。相手を選ばず、「対ジャンル」ではなく「対人間」を題目に活動。ライブハウス、ホール、フェス、場所を問わず聴き手の人生へと踏み込む。道徳や正しさとは程遠い、人間の弱さ醜さを含めた真実に迫る音楽をかき鳴らし、賛否両論を巻き起こしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現