インタビュー

向井秀徳が語る、音楽に向かう原動力「私は自意識恥野郎ですよ」

向井秀徳が語る、音楽に向かう原動力「私は自意識恥野郎ですよ」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一

ゴールデンウィークも終盤の5月6日、日比谷野外音楽堂を舞台に『THE MATSURI SESSION』が開催される。このイベントはもともと6年前の2011年10月に、向井秀徳が運営する「MATSURI STUDIO」を使用している3組、ZAZEN BOYS、KIMONOS、向井秀徳アコースティック&エレクトリックが集って開催されたもの。今回はさらに吉田一郎不可触世界とLEO今井のソロバンドが加わり、まさに「MATSURI STUDIOファミリー総出演」といった様相の、大宴会が開催されるというわけだ。

近年の向井は、バンド、ソロ、ユニットと様々な形態でライブを行いつつ、昨年は『ディストラクション・ベイビーズ』と『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』という2本の映画音楽も担当しているが、ZAZEN BOYSとしては2012年の『すとーりーず』以降、新作の噂は届いていない。

そこで今回の取材では、イベントの話はもちろん、気になるZAZEN BOYSの新作について訊くとともに、彼の音楽の原体験であるプリンスの話題など、様々な角度から向井秀徳の現在地に迫った。

ZAZEN BOYSでは、実際に「MATSURI STUDIO」に集まって、私のアイデアを具現化していくわけですけど、最近はご無沙汰なんで。

―まずはZAEN BOYSの話から入らせてください。『すとーりーず』(2012年)のリリースからは4年半が経過していますが、次作の構想はすでにあって、時間が作れればレコーディングをしたいという状況なのか、まだもうちょっと先なのか、いかがでしょう?

向井:自分のなかで、楽曲のアイデアというか、ギターのリフだったり、コードだったりという、曲になる前の断片は無数にあるわけです。曲作りの始まりはいろんなケースがあって、ギターのコードを一発鳴らして、そこから広がっていくパターンもあるし、ガチガチのギターリフができて、そこから始まる場合もある。あるいは、ドラムビートを思いついて、「口ドラム」ですぐさまメモ録音したものから発展したり。そういった形でできた曲の断片はいっぱいあります。

向井秀徳
向井秀徳

―素材はたくさんあるけど、まだ曲にはなっていないと。

向井:そういう私のアイデアを、実際に「MATSURI STUDIO」に集まって具現化していくわけですけど、非常にスムーズにZAZEN BOYSサウンドにつながることもあれば、試行錯誤して、全然違うものになったりすることもあるし、アイデア自体なくなることもあります。自分が取り揃えている数多の楽曲の種みたいなやつを、バンドメンバーにまき散らす作業が必要なんですけど、最近はご無沙汰なんで、そろそろやっていきたいですね。

―なにか作品としての方向性みたいなものは見えていたりするのでしょうか?

向井:アルバム単位でのノリ、ムード、方向性っていうのは、最初の段階ではあまり考えないというか、考えられないです。曲が形になって、それが集まって、ひとつの作品になる。なので、ホントの意味での「MATSURI SESSON」を、そろそろ集中してスタートさせたいですね。

取材は「MATSURI STUDIO」で行われた
取材は「MATSURI STUDIO」で行われた

「もう飽きたから、新しいものに触れたい」ってことであれば、トレンドを追いかけるんだろうけど、飽きませんからね。

―今の音楽シーンの話をすると、ジャズとヒップホップのクロスオーバーが進んでいて、もともとZAZEN BOYSが「ジャズやヒップホップをロックバンドとしていかに鳴らすか?」をひとつのアイデアとして始まっていることを考えると、次にZAZEN BOYSがどんな一手を出してくるのか、非常に気になるんですよね。

ZAZEN BOYSの最新作『すとーりーず』収録曲

向井:今のシーンはまったくわからないですね。完全にタッチしてないです。前はね、レコードショップに行って、棚の雰囲気から、こういうものが今プッシュされているんだとか、そういうのが目に見えてわかったけど、今はレコードショップ自体行かなくなったし、行くとしても中古屋の餌箱ですからね。

トレンドにはまったく疎いので、ZAZEN BOYSにコンテンポラリーミュージックシーンのトレンドをフィードバックすることはできないですし、そもそもあまりそういう気持ちがないです。

向井秀徳

―なるほど。

向井:ZAZEN BOYSで新しいことをやろうとするなら、もっと無邪気な興味ですね。「尺八、入れてみっか」とかね。そういうアイデアを思いついて、試したけど、別にそんなに面白くなかったとか、試行錯誤は今までもいっぱいあるわけ。で、それがフレッシュに感じられると、「これはいい」となるわけですね。

まあ、最近のシーンはわからないですけど、対バンとかで偶然出会って、「これはかっこいいな」と思うことはよくありますよ。たとえば、最近私が参加したskillkillsなんかは、何年も前から知ってはいますけど、彼らはホントに新しいと思うね。

―いつぐらいからトレンドが気にならなくなりましたか?

向井:家のレコードがある程度限界に達して、「持ってる分でいいや」みたいに自分が聴けるキャパがいっぱいになった頃ですかね。「もう飽きたから、新しいものに触れたい」ということであれば、トレンドを追いかけるんだろうけど、飽きませんからね。だから、飽きないような音楽ばっかり聴いているってことかな。たとえば、プリンスにしても、未だにいろんな発見があるし、聴くときどきによって曲の印象が違って聴こえたりしますしね。

Page 1
次へ

イベント情報

『THE MATSURI SESSION』

2017年5月6日(土)
会場:東京都 日比谷野外大音楽堂
出演:
吉田一郎不可触世界
ZAZEN BOYS
LEO IMAI(LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一)
KIMONOS
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
料金:前売4,800円 当日5,300円

プロフィール

向井秀徳(むかい しゅうとく)

1973年生まれ、佐賀県出身。1995年、NUMBER GIRLを結成。1999年、『透明少女』でメジャー・デビュー。2002年、NUMBER GIRL解散後にZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで5枚のアルバムをリリースしている。また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。2012年、ZAZEN BOYSとして、5thアルバム『すとーりーず』リリース。今作品は、ミュージック・マガジン『ベストアルバム2012 ロック(日本)部門』にて1位に選ばれた。 著書に『厚岸のおかず』がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表 1

    アメリカのユネスコ脱退にニューヨーク・メトロポリタン美術館が声明発表

  2. カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送 2

    カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』が地上波で連日再放送

  3. 高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』 3

    高橋一生と二人鍋気分が味わえる動画公開 Mizkan『一生さんと〆チェン』

  4. 有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面 4

    有安杏果に取材。ももクロとは異なる、ソロで見せる大人びた一面

  5. CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催 5

    CINRAが贈る新イベント『CROSSING CARNIVAL』 12月に渋谷2会場で初開催

  6. 柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に 6

    柳楽優弥と有村架純がWOWOW新CMで初共演 柳楽は謎の鼻歌男に

  7. ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に 7

    ZAZEN BOYSからベース・吉田一郎が脱退「あらたな一個の肉の塊」に

  8. 香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」 8

    香取慎吾がアート展に作家として登場 「新しいこと、始まってます」

  9. 木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』 9

    木村拓哉が初の刑事役&長澤まさみと初共演 映画『マスカレード・ホテル』

  10. 歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言 10

    歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言