特集 PR

Reliq×柳樂光隆の「今聴いてほしいワールドミュージック」談義

Reliq×柳樂光隆の「今聴いてほしいワールドミュージック」談義

Reliq『Life Prismic』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:飯嶋藍子

孤高の電子音楽家Serphの別名義=Reliqの3年ぶりの新作『Life Prismic』が完成した。「生命的な複雑さを持った音楽、カラフルできらびやかな音楽、人間の多面性みたいなものをイメージした」という今回のアルバムの特徴は、アジア、中近東、アフリカなど、ワールドミュージック的な要素を取り込んだ多彩な音色やリズムの面白さ。Reliqはいかにしてこの新境地へとたどり着いたのだろうか?

そこで今回は、ジャズを中心とした音楽書籍『Jazz The New Chapter』シリーズで知られる音楽評論家の柳樂光隆を迎え、ニ人の共通項である「ジャズ」、そして「ワールドミュージック」という観点から、『Life Prismic』と世界の音楽シーンについて語り合ってもらった。「今聴いてほしいワールドミュージック」として、それぞれが3曲ずつを挙げたプレイリストと併せて、じっくりと楽しんでもらいたい。

暖かい、土の力が強い、フィジカルな感じって、今東京に住んでいてまったく見つけられない。(Reliq)

―まず、Reliqさんの好きなワールドミュージックはどんなものだと言えますか?

Reliq:北欧の音楽とかは好きですし、どちらかというと、南半球のアッパーな感じよりも北半球が好きですね。

柳樂:確かにReliqさんの新作も、ネタとしてアフリカの楽器などが入っていても、「南半球の音楽」としては使っていないですよね。

Reliq:感覚的に違う気がするんです。暖かい、土の力が強い、フィジカルな感じって、今東京に住んでいてまったく見つけられない部分なので。

―Reliqさんは今の東京をどのような場所だと捉えていますか?

Reliq:ちょっと東京に疲れているんですよね。人や情報のスピードがどんどん上がっていて、フラストレーションが空気中に漂っているというか……ちょっと荒んでる感じがする。

今回のプレイリストで、Alog(ノルウェーの電子音楽デュオ)を挙げたのですが、北欧は日照時間が短いじゃないですか? だからなのか、セロトニン(日光浴で分泌が増え、自律神経を整える作用があるホルモン)が少ない状態ならではの、決して気分はよくないんだけど、研ぎ澄まされちゃってる鬱々とした感じが体質的に合うのかなって(笑)。東京の荒んでいる雰囲気と、北欧への共感も自分の中でつながっているのかもしれないです。

―柳樂さんは今の社会と音楽の関係性をどのように見ていらっしゃいますか?

柳樂:世界的にすごく混血的な音楽が増えていますよね。ジャンルに固執しない、フレキシブルなものが増えているのは、社会情勢に対する反発もあるのかもしれない。例えば、ブラジルのアーティストでも、今までは「ブラジルの音楽を作らないと」っていう、ある種の縛りが無意識にあったと思う。

でも、最近はそれを感じない人が増えていて、どこの国のどんな音楽でも好きにやるというか、「ブラジルの音楽」という部分は自然に出てしまうもので十分になってきている。「個の世界を出す」というか、音楽家自体は個人に帰っている気がします。

DimliteとReliqさんは似てます。すごく穏やかで、「俺は別にライブとかやんなくていい」みたいな感じで(笑)。(柳樂)

―柳樂さんはこれまでのSerphやReliqの作品に対してどんな印象をお持ちでしたか?

柳樂:最初にSerphを聴いて、ビートがすごく面白いと思いました。J.Dilla(ヒップホップとR&Bを軸にするアメリカのミュージシャン / プロデューサー)的なビート感があるんだけど、やっている音楽はヒップホップではないし、FLYING LOTUSみたいなビートミュージックでもないけど、でもビート感としては通じるところもあって面白いですよね。

Reliq:もともとPrefuse73(スコット・ヘレンの別名義。エレクトロニックヒップホップを中心に活動している)とかDimlite(スイスのビートメーカー)とかが音楽を始めるきっかけになっているので、インストのロウビートで、でもビートだけじゃなくて、ウワモノも聴かせるっていうかたちが基本なんです。

柳樂:Dimliteが2年前くらいに日本に来たときに話す機会があって、Prefuse73の話とかもしたんですけど、しゃべるトーンがReliqさんに似てます(笑)。あんな音楽作る人だから、アッパーな人かと思いきや、すごく穏やかで、「俺は別にライブとかやんなくていい」みたいな感じで(笑)。

―似てますね(笑)。Reliqさんは、ジャズに関してのルーツというと、どんな名前が挙がりますか?

Reliq:スタンリー・カウエル(アメリカのジャズピアニスト)ですかね。スピリチュアルだけどポップというか、メロディアスなんだけど深い感じが好きで。『Musa』(1974年)とか好きですね。

柳樂:なるほど。ワールドミュージック要素もあるんだけど、アフロビートとかじゃなくて、カリンバを使っていたり、ウワモノ感がありますもんね。電子音と相性がよさそう。

Page 1
次へ

リリース情報

Reliq『Life Prismic』
Reliq
『Life Prismic』(CD)

2017年4月15日(土)発売
価格:2,376円(税込)
NBL-221

1. glass'nbeads
2. ceramic samba
3. laputan
4. morocco drive
5. vast air
6. rain no more
7. cold shuffle
8. antic stepper
9. voynich soundscript
10. always alone
11. angel costs
12. creamer
13. miyako

プレイリスト

『Reliq×柳樂光隆が選ぶ、今聴いてほしいワールドミュージック』

・El Mahdy Jr.“B Side”
・Alog“Change Position”
・ブラッド・メルドー&マーク・ジュリアナ“The Dreamer”
・ティグラン・ハマシアン“Erishta”
・Oumou Sangare“Seya”
・Sachal Stusios Orchestra“Take Five”

プロフィール

Reliq
Reliq(れりっく)

Serph名義での活動と平行して、2011年に新プロジェクトReliqを始動。同年11月に1stアルバム『Minority Report』をnobleよりリリース。2014年4月に2ndアルバム『Metatropics』をリリース。2017年4月に3rdアルバム『Life Prismic』をリリース予定。

柳樂光隆(なぎら みつたか)

1979年生まれ。東京都在住、島根県出雲市出身。音楽ライター / ジャズ評論家。元レコード屋店長。2010年代のためのマイルス・デイヴィス・ガイド『MILES:Reimagined』、21世紀以降のジャズをまとめた世界初のジャズ本『Jazz The New Chapter』監修者。『WIRED』『ユリイカ』『&Premium』などに寄稿。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も