特集 PR

あいみょん×とんだ林蘭対談 世間のイメージを裏切り続ける二人

あいみょん×とんだ林蘭対談 世間のイメージを裏切り続ける二人

あいみょん『愛を伝えたいだとか』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。など、先鋭的なアーティストを数多く集めているレーベル「unBORDE」から昨年11月にデビューした、弱冠21歳のシンガーソングライター、あいみょん。デビュー時には、自身が編集長を務めるフリーペーパー『東京バージン』を、クラウドファンディングで制作費を集めて作ってみせるなど、音楽だけに縛られないクリエイティブな活動を展開している。

そして5月3日には、2ndシングル『愛を伝えたいだとか』をリリースする。アートワークは、1stシングルのジャケットで表現した「花束にパンツ」が鮮烈だった気鋭のクリエイター、とんだ林蘭が引き続き担当。「あえて予想の逆をいった」という今回の楽曲とアートワークに、二人が込めた思いとは。そして、なぜ20代のスタッフだけを集めてアートワークを制作したのか? あいみょんととんだ林蘭の二人に語ってもらった。

ギタ女でもないし、メンヘラでもない、ということははっきりさせたかったです。(あいみょん)

―ニューシングル『愛を伝えたいだとか』のアートワークも、前回に引き続き、とんださんが担当されたということで。

あいみょん:そうですね。今回はまた、前回とは違う意味で、面白いチームでやらせてもらって……ヤバかったです(笑)。

とんだ林:うん、楽しかったよね(笑)。

左から:あいみょん、とんだ林蘭
左から:あいみょん、とんだ林蘭

―前作『生きていたんだよな』のアートワークは、とんださんの作品をモチーフとして、新たに撮影したものだったんですよね?

とんだ林:前回は、打ち合わせの場で、なぜかみんなが私のInstagramを見始めて……それで、「この花束にパンツのやつがいいんじゃない?」という話になったんですよね。

あいみょん『生きていたんだよな』ジャケット
あいみょん『生きていたんだよな』ジャケット

あいみょん:そう、曲に合うんじゃないかって話になって。偶然なんですけど、歌詞のなかに「下着」と「花束」という言葉も入っていたんですよね。

とんだ林:そうそう。

あいみょん:このジャケットは、リリースしたあとのリアクションも結構すごくて。ライブのとき、ファンの子からお花をもらったりするんですけど、このシングルを出してから、パンツを履いた花束をいただくようになって(笑)。

とんだ林:そうなの? それは……未使用の?

あいみょん:もちろん(笑)。あのジャケットには、それぐらいのインパクトがあったんちゃうかなって思います。

―それを受けつつ、今回の『愛を伝えたいだとか』のアートワークは、どんな感じにしようと考えたのでしょう?

あいみょん『愛を伝えたいだとか』ジャケット
あいみょん『愛を伝えたいだとか』ジャケット

あいみょん:まずは、とんださんに制作途中の曲を聴いてもらって。私としては、とんださんから、どういうものが返ってくるか楽しみに待っていたという感じでした。

―この曲は、前シングルとは異なり、かなりグルーヴィーな曲調だし、歌詞も男性目線のものになっていますが、とんださんはどのように受け取ったのでしょうか?

とんだ林:今までのあいみょんとはちょっと違うし、「こうくるとは思ってなかった」という感じでしたね。だからアートワークも、なにかそういうあいみょんの新しい一面を出したいなって思いました。

あいみょん:この曲は、2ndシングルを出すって決まってから作った曲なんですけど、やっぱり前作のイメージが強くて、「死について歌っている人」と思われるのが、すっごい嫌で。私はいろんな音楽を聴いてきているし、いろんな音楽をやりたいという意志もすごく強いから、「ここはもう、あえて予想を裏切っていこう」と思って作った曲だったんです。

あいみょん

―いわゆる「ギター女子」という呼ばれ方を絶対にされたくないって、前回のインタビュー(歌を歌うだけじゃない、新世代アイコン「あいみょん」を知る) でも言っていましたよね。

あいみょん:そう。「ギタ女」って、すごいダサい言葉じゃないですか? それに、別に死について歌ったからって、メンヘラでもないし。ギタ女でもないし、メンヘラでもない、ということははっきりさせたかったです。

とんだ林:わかる。自分のイメージを世間に決めつけられたくないっていうのは、私も思っていることで。そこに収まっちゃうのが怖いというか、窮屈になっちゃうんだよね。

あいみょん:そうなんです。でも、とんださんの世間的なイメージって、どんなんやろ? 「作品に毒がある」とか、そういう感じですか?

左から:とんだ林蘭、あいみょん

とんだ林:うーん、それもあるかなあ。今は多分、いろいろやっている人だって知ってくれている人が多くなったから、すごく気が楽にはなったけど、そこにいくまでは「コラージュの人」とか「絵を描く人」とか、いろいろ括られた。だからあいみょんも、「“生きていたんだよな”みたいな曲を歌う人」って括られるのは、絶対に嫌だろうなって思ってたよ。

あいみょん:うん、嫌ですね。

Page 1
次へ

リリース情報

あいみょん『愛を伝えたいだとか』
あいみょん
『愛を伝えたいだとか』(CD)

2017年5月3日(水)発売
価格:1,080円(税込)
WPCL-12606

1. 愛を伝えたいだとか
2. ハッピー
3. MIO

イベント情報

あいみょん
『愛を伝えたいだとか“SPECIAL LIVE”』

2017年5月2日(火)
会場:東京都 代官山 UNIT

『「愛を伝えたいだとか」発売記念“ミニライブ&サイン会”』

2017年5月3日(水・祝)
会場:愛知県 名古屋 パルコ西館 1F特設イベントスペース

2017年5月4日(木・祝)
会場:福岡県 キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ

2017年5月4日(木・祝)
会場:福岡県 HMV BOOKS HAKATA 店内イベントスペース

プロフィール

あいみょん
あいみょん

1995年生まれ。兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター。2015年3月4日、タワレコ限定シングル『貴方解剖純愛歌~死ね~』をリリースし、19歳でデビュー。過激な歌詞が話題となり、各局で放送NGとなりながらもオリコンインディーズチャートでトップ10入り。2016年11月30日、1stシングル『生きていたんだよな』(テレビ東京ほかドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』オープニングテーマ)で、ワーナーミュージック内レーベル・unBORDEよりメジャーデビュー。2017年、初の書き下ろしとなる映画『恋愛奇譚集』(2月4日公開/全国順次上映)の主題歌を担当。そして、5月3日にはメジャー2ndシングル『愛を伝えたいだとか』リリースが決定。

とんだ林蘭(とんだばやし らん)

1987年生まれ、東京を拠点に活動。コラージュ、イラスト、ぺインティングを中心に幅広い手法を用いて作品を制作する。猟奇的で可愛らしい刺激的なビジュアルは、幅広い層のファンを持つとともに、名付け親である池田貴史(レキシ)をはじめ、音楽アーティストやファッションブランドからも高く評価されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像