特集 PR

ぼくのりりっくのぼうよみ、「ぼくりり」の活動を自己批評する

ぼくのりりっくのぼうよみ、「ぼくりり」の活動を自己批評する

ぼくのりりっくのぼうよみ『SKY's the limit / つきとさなぎ』
インタビュー・テキスト
武田砂鉄
編集:矢島由佳子

ぼくのりりっくのぼうよみに質問するのはいつも難しい。すべてにスラスラ答えてくれるのだが、その答えが、本心なのかどうかがわからない。わからないのは質問者だけではなく、彼自身も同様で、自身の答えが本心なのかすらわかっていないような、そういう佇まいがある。ただそれは、嘘をついているわけではない。

2015年末に17歳でデビューしてからわずか1年半、今年初頭にリリースされた2ndアルバム『Noah's Ark』収録の“Be Noble”が、映画『3月のライオン』前編主題歌となるなど、「ぼくりり」は順調すぎる階段を引き続き上っているように見える。だが、この度リリースされた『SKY's the limit / つきとさなぎ』に込めた思いを聞くなかでこぼれてきたのは、「ぼくりり」が「ぼくりり」に持つ疑い、そして不透明さだった。

「盛るなブス!」というディスに対して、「えっ、どっちでもいいじゃん」って。

―新曲“SKY's the limit”は、これまでとは毛色の異なる「パーティーチューン」ですね。ミュージックビデオにしても、プールの前で女性たちを従えて歌う「パーティーピーポー感」が強く、驚きました。

ぼくのりりっくのぼうようみ(以下、ぼくりり):いつもの鬱っぽい方向ではなく(笑)、外に出たくなる、爽やかな気分になる楽曲を作ろうというところから始まりました。そもそも、あのようなシチュエーションに置かれたことがなかったので、自分一人だけビビっていましたね。よく考えたら、水着の女の人を生で見たこともなかったし……。

―確かに、夏にプールや海に行くタイプには見えません。

ぼくりり:プール、海、まったく行かなかったですね。通っていた高校は海から1分くらいのところにあったんですが、それでも行かなかったくらい。撮影のときも、自分だけ「パリピ」感がないという状態でした。

―新曲は「インターネットを生きる人びと」に向けて書いた曲だそうですね。Instagram(以下、インスタ)やTwitterなどで、自分を盛る行為が繰り返されていて、そういうものに対してなにかと揶揄する流れが強いけれど、そんな流れへのアンチテーゼの意を込めた、と。

ぼくりり:僕がインスタに対して思うのは、「ただの画像じゃん」ってことです。Twitterも「文字じゃん」って。そこに対してのディスなんて、本当に無駄でしかないと思っています。化粧している女の人に対して「化粧すんな」って言ったって、その人の好みで化粧しているわけで、なんの意味も持たないじゃないですか。

―みんな、SNS上の「盛り」にとにかく厳しいですよね。たとえばアイドルや女優がSNSで「すっぴん公開しちゃいます」と貼付けた写真に対し、「すっぴんじゃなくて、すっぴん風メイクだろ」との野次が飛ぶ。

ぼくりり:無意味ですよね。それに対するカウンターというか、いや、カウンターでもないんですが、第三者目線を注いでみたつもりです。「盛るなブス!」というディスに対して、「えっ、どっちでもいいじゃん」って。

―ぼくりりさんは、今作のリリースに先駆けたメッセージのなかで、SNSについて「現在の自分からなりたい自分に変化しようとすることは、とても美しいと思う」と書かれていますね。でもSNSって、「なりたい自分に変化しよう」というより、他人と同じでありたい、価値観が一緒だと確かめ合う、同調性が強いと思います。それって、なりたい自分じゃないのではないでしょうか。

ぼくりり:確かに。

―いや、反論してください(笑)。

ぼくりり:たとえばSNOWによって全員が画一化する、それで疲弊する、という感覚がよくわからないんですよね。僕が見ているとても狭い世界では、みんな、ただただ楽しそうにやっているので。

誰かがSNOWで写真を撮る、それをインターネットにあげることに対し、否定的な思いはなにもないです。SNOWで加工することで、インターネット世界のなかでは、自分のアバターがみんなと一緒になる。偏差値が同じになる。それって結構いいことなんじゃないかなと思っていて。

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

―でもその「偏差値」を保つために人は無理をします。「まだ今日はインスタになにもあげてないな」と、そのためにスタバへ行って、「新商品の○○を飲んだ!」とインスタにあげる。そうやって「偏差値」を保つ人もいるわけですね。

ぼくりり:そうですね。今回の曲は、そういう人たちに向けて作った曲でもあります。スタバ行かなきゃ、というより、純粋に行きたい、と思っているはずなんです。外側から見ている人のほうが、穿った見方になっちゃってるんじゃないでしょうか。

SNSに投稿して「ふぁぼ」を稼ぐ、「いいね!」を押してもらう、そのためにスタバに行くことって、悪いことではないと思います。普通にいいことじゃないですか。だって、スタバ側も嬉しいし、経済も回る。家にひとりでいる人よりも、そうやって動いてインスタやTwitterにわざわざ載せる人のほうがいい。「インスタのためにわざわざスタバに行くなんて……」って言っている人のほうがなにもしてない、というか。

―自分も含め、そのために「わざわざ行くなんて……」と言う人間には妬みが含まれます。スタバの写真をアップすることで「いいね!」をくれる人が想定できているわけですから。

ぼくりり:クリスマスのときに沸きあがった「リア充爆発しろ論争」に似ているところがあるな、と思います。クリスマスを幸せそうに過ごしているカップルに対して、相手がいない少数派が嫉妬した。最初こそ「リア充なんて爆発しろ」といったフレーズで、初音ミクの動画を作り、ニコニコ動画にあげて盛りあがっていたんですが、今ではもう「爆発しろ」の声のほうがメインになってしまっている。「クリスマスに苛立つぼっち」なんて言う必要もない。もう、みんなぼっちじゃん、って。

それに似ているんじゃないかな。最近、本当に他人に興味がなくなってきたんです。だからこそ、目指している目標があり、こうなりたい、こう見られたい、ふぁぼが欲しい……みたいな意思って、「尊いな」と思えるんですね。

Page 1
次へ

リリース情報

ぼくのりりっくのぼうよみ『SKY's the limit / つきとさなぎ』(CD)
ぼくのりりっくのぼうよみ
『SKY's the limit / つきとさなぎ』(CD)

2017年5月24日(水)発売
価格:1,080円(税込)
VICL-37281

1. SKY's the limit
2. つきとさなぎ

イベント情報

『ぼくのりりっくのぼうよみワンマンライブ』

2017年10月8日(日)
会場:東京都 日比谷野外大音楽堂

2017年10月15日(日)
会場:大阪府 味園ユニバース

プロフィール

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

現役大学生、19歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。高校2年生の時、10代向けでは日本最大級のオーディションである『閃光ライオット』に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、まだ高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャーデビュー。“sub/objective”や“Sunrise(re-build)”等のヒットと共に、大きな話題を集める。言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックは多方面から注目を集めており、雑誌『文學界』にエッセイを寄稿するなど、音楽フィールド以外でも才能を発揮している。2016年7月、EP『ディストピア』をリリース。CDの遺影を模したアートワークや、EPの限定盤用に書き下ろした短編小説で再び大きな話題を集め、2017年1月25日2nd ALBUM『Noah’s Ark』をリリース。2017年、映画『3月のライオン』前編主題歌、資生堂「アネッサ」CMソング、テレビ東京 ドラマ25『SR サイタマノラッパー~マイクの細道~』エンディングテーマなど、立て続けに大型タイアップが決定し、5月24日にはダブルタイアップシングル『SKY’s the limit/つきとさなぎ』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加