特集 PR

河瀬直美×永瀬正敏が『カンヌ』最高賞ノミネート作『光』を語る

河瀬直美×永瀬正敏が『カンヌ』最高賞ノミネート作『光』を語る

『光』
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

限られたパイを奪い合い、何も失いたくないと執着し、互いに不信感ばかりを抱くようになりつつあるこの暗い世界を、鮮やかな「光」で照らし出すような映画が誕生した。

河瀬直美と永瀬正敏、映画『あん』で絶賛された二人が再びタッグを組んだ『光』。『第70回カンヌ映画祭』で最高賞パルムドールを争うコンペティション部門にノミネートされた今作では、自らも写真家として活躍する永瀬正敏が、目の病気を患い、いずれ視力を失う運命のカメラマン・雅哉を演じる。

視覚障がい者に向けた「映画の音声ガイド」を務める美佐子と出会った雅哉。徐々に視力を失いつつある雅哉の葛藤、その雅哉を見つめる美佐子の間で紡がれていく熱い感情が、スクリーンを満たしている。映画を作ること、観ることには、どんな意味があるのだろう。そして、もし意味があるとしたら、そうした映画は、どのように作ればいいのだろう。飾らない言葉で語り合った河瀬と永瀬の言葉には、何物にも代えがたい希望の感触がにじんでいた。

自分で言うのもなんですけど、すごい作品が誕生したんじゃないかと思っています。(河瀬)

―カンヌのニュースは非常に嬉しいものだったと思いますが、いかがでしたか?

河瀬:本当に嬉しかったです。これまでにない手ごたえを感じました。今作は、技術スタッフたちのクオリティーの高さはもちろんのこと、俳優陣の、演じているというよりは、そこで「生きている」姿に、嘘がなかった。

自分で言うのもなんですけど、すごい作品が誕生したんじゃないかと思っています。初号試写で「自分が出ている作品で泣いてしまったのは初めてだ」とおっしゃってくださった俳優が何人もいて。永瀬さんはそのあと会場から行方不明になるし……(笑)。

永瀬:すみません……(笑)。気持ちが言葉にできなくて、皆さんに話しかけていただいても、なんて答えていいかもわからなかったんです。そのまま一人で、今作の舞台である奈良に行きたいくらいだった。ともかく会場をあとにして、色々噛みしめる、噛み砕く時間が必要でした。

永瀬正敏。映画『光』で、視覚障がいを持つカメラマン・雅哉を演じる
永瀬正敏。映画『光』で、視覚障がいを持つカメラマン・雅哉を演じる

河瀬:その話を聞いて、人に影響を与えるような、映画の世界を生み出すことができたんだな、と感じました。映画の制作に関わっていない方たちに試写でご覧いただくようになってからも、「しばらく試写室の席から立ち上がれなかった」とか「思いが渦巻いて、次の予定を飛ばして家に帰ってきた」っていう反応もいただいて。

―それは感無量ですね。

河瀬:フランスでの配給も決まっているのですが、向こうのスタッフたちも「こんな奇跡みたいな映画に関われたことを嬉しく思う」とメッセージをくれました。人生を考えさせてくれる映画というのは理想ですが、映画に関わる人生を送っている人間から「奇跡」という言葉をいただけたことは、本当に嬉しかったです。

河瀬監督の現場は、撮影が終わったあとに何も残らず、自分が灰になってもいいとすら思う。(永瀬)

―カメラマンであり、カメラを「心臓」と言う雅哉から、失明によって写真が離れていく……。永瀬さんは、そんな雅哉の葛藤に満ちた人生をまさに「生きた」映画でした。

永瀬:河瀬監督の現場には「とにかく魂のすべてをお預けしよう」と思って向かうんです。撮影が終わったあとに何も残らず、自分が灰になってもいいとすら思う。そういう思いから、初号試写のあとに、誤解されるかもしれないと感じつつも「自分の遺作を観たような感覚を抱いた」とコメントを出したんです。

―そこまで思いが強いのですね。

永瀬:監督はよく「役を積む」とおっしゃいます。今回も、クランクインの2週間くらい前から奈良にある雅哉のアパートで暮らしていたんです。ただそれは、単にすべてお膳立てされた環境に前もって住む、ということではない。

そこに住みながら、雅哉の世界であるこの部屋に、何が必要か、何が必要ないかということを考える時間なんです。その時点から、雅哉として生きていってほしいというメッセージ込みで、「場」を作っていただけるんですね。

―そういったやり方は他の現場ではあまりないと思うのですが、お話を伺っていると永瀬さんにはとても合っていそうですね。時間をかけて「永瀬正敏」から「雅哉」になっていくというか。

永瀬:いや、でも最初は正直、役として生きる時間を大事にするやり方に戸惑いはありました。『あん』のときも、樹木希林さんとの1カット目の撮影で、いつまで経っても「カット」の声がかからないので、困惑した樹木さんが他の誰にも分からないように、口をほとんど動かさず小声で僕に話しかけてきたんです。

―樹木さんはなんとおっしゃっていたのですか?

永瀬:「これ、いつカットがかかるのかしら?」「まだ回っているのかしら」って(笑)。僕も演技は続けながら、同じように小声で「まだ回っているみたいですね」って返して……(笑)。

河瀬:フフフ……(笑)。

河瀬直美
河瀬直美

永瀬:でもそれは、まだ河瀬監督のやり方を知らなかったから。2カット目からは「あ、そういうことなんだ」と分かる。監督は、僕たちが役として生きている「間」を切り取っているんです。

―河瀬さんは、そうした場をどうやって築いていくのでしょうか。

河瀬:普通だったら撮影スタッフたちは、映画を作りやすい環境を整えていきがちです。でも、スクリーンに映るのは、そこで生きている俳優さんであり、私たちスタッフはあくまでその世界の代弁者でしかない。だから、生きている人間のリアリティーにとって「邪魔になるもの」は、みんなで考えて取り除いていかなければならないんです。

Page 1
次へ

作品情報

『光』

2017年5月27日(土)から新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国公開

監督・脚本:河瀬直美
出演:
永瀬正敏
水崎綾女
神野三鈴
小市慢太郎
早織
大塚千弘
大西信満
堀内正美
白川和子
藤竜也
配給:キノフィルムズ / 木下グループ

プロフィール

河瀬直美(かわせ なおみ)

生まれ育った奈良で映画を創り続ける。1997年劇場映画デビュー作『萌の朱雀』で、カンヌ国際映画祭カメラド-ル(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年『殯の森』で、審査員特別大賞グランプリを受賞。昨年は短編部門、シネフォンダシオン部門の審査委員長を務める。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続け、故郷の奈良において『なら国際映画祭』をオーガナイズしながら次世代の育成にも力を入れている。

永瀬正敏(ながせ まさとし)

俳優。写真家としても活動する。1983年『ションベンライダー』で映画デビューし、1990年にジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』に出演。1991年には、山田洋次監督の『息子』で、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など多数受賞。2015年には河瀬直美監督『あん』に出演。同作は『第68回カンヌ国際映画祭』の「ある視点」部門に出品され、オープニング上映された。今作『光』で河瀬直美監督と再びタッグを組む。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)