特集 PR

MYTH & ROID×2BOY×大河臣が団結 日本のピクサーを目指して

MYTH & ROID×2BOY×大河臣が団結 日本のピクサーを目指して

MYTH & ROID『eYe's』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

コンポーザー / プロデューサーTom-H@ckによるプロジェクト、MYTH & ROIDの1stアルバム『eYe's』が、4月26日にリリースされた。

MYTH & ROIDとは、Tom-H@ckと作詞家hotaruによって作り上げられた壮大な物語を、複数のクリエイターたちがより具体的なアートフォームに落とし込む、その一連の活動の総体である。現在リリースされているMYTH & ROID名義の音源も、彼らが長い年月をかけて完成させようとしている「壮大な物語」のあくまで1ピースであり、それらはやがて、お互いに結びつき合いながら、より大きな作品へと成長していくのだろう。

前回のインタビューで、「日本のピクサーを作りたい」と大きな夢を語ってくれたTom-H@ck。その夢を叶えるためのチームメイトとして選ばれた、気鋭の映像作家・大河臣と、アートディレクター・2BOY、そしてTom-H@ckの三人に、「チームで総合芸術を作ること」について話してもらった。

音楽だけで「人を動かす」とか「世界を変える」ということが、今はもう難しいかなと思っているんです。(Tom-H@ck)

―MYTH & ROIDの最近の作品では、ミュージックビデオの監督を大河さんが、アートディレクターを2BOYさんが担当しています。そもそもTom-H@ckさんは、お二人のどの辺りに魅力を感じたのでしょうか。

Tom-H@ck:MYTH & ROIDは基本的に、僕と作詞家のhotaruが全体的なコンセプトを決めて、それをクリエイティブチームのメンバーに具体的に伝えていくのですが、その最初のコンセプトが、なかなか言葉では説明できないところがあって、他の人と共有するのが難しいんですね。

でも、大河さんも2BOYさんも、僕から映像やアートワークのお願いをすると、僕が思い描いていたイメージに対して「どストライク」のものを出してきてくれたんです。いや、どストライクというより予想を軽く裏切った上に、期待以上のものを出してくれた。だから、一緒にやっていてワクワクするんです。

左から:Tom-H@ck、2BOY、大河臣
左から:Tom-H@ck、2BOY、大河臣

上から:3rdシングル『STYX HELIX』、4thシングル『Paradisus-Paradoxum』、1stアルバム『eYe's』。すべてアートワークを2BOYが、ミュージックビデオを大河が手がけている
上から:3rdシングル『STYX HELIX』、4thシングル『Paradisus-Paradoxum』、1stアルバム『eYe's』。すべてアートワークを2BOYが、ミュージックビデオを大河が手がけている 

大河:Tom-H@ckさんと一緒に仕事をするようになって驚いたのは、作業中にアレンジがどんどん変わっていくこと(笑)。ミュージックビデオを作るときって、最初にデモを聴かせてもらって、大まかな構成を考えてから具体的な映像に落とし込んでいくんですけど、その最中にアレンジがまったく別物になったりするんです。当然ながら、その度に映像も考え直さなきゃならなくて。

Tom-H@ck:すみません(笑)。

左から:2BOY、Tom-H@ck、大河臣
左から:2BOY、Tom-H@ck、大河臣

大河:いや、でも、それがまた刺激になる部分もあるんですよ。たとえば音のなかにノイズっぽい要素がひとつ入ってくるとしたら、「それだったら映像もこういうカットにしたいよな」って思うし。

Tom-H@ck:お互いに刺激し合っている部分は、たくさんありますよね。僕も、映像を見てテンションが上がると、「だったら、こういう音を入れたいな」と思ってしまうし。歌詞の内容も、映像の企画書を見せてもらって、まったく違うものに書き換えるなんてこともあります。

そういう意味では、大河さん、2BOYさんが入ってくれたことで、MYTH & ROIDの活動自体がより流動的になったのかもしれない。それは僕の求めていた形態でもあったんです。

大河が初めて手がけた、MYTH & ROIDのミュージックビデオ

―常々Tom-H@ckさんは、MYTH & ROIDはクリエイティブユニットであって、「いつか最強のチームを組んで日本のピクサーを作りたい」っておっしゃっているじゃないですか(前回のインタビュー:Tom-H@ckが語る、『けいおん!』の大ヒットから会社設立まで)。そもそも、「クリエイティブユニット」という形で、音楽だけではない「総合芸術、総合エンターテイメント」をやろうと思った理由はなんですか?

Tom-H@ck:まず、時代の流れとして、音楽だけで「人を動かす」とか「世界を変える」ということが、今はもう難しいかなと僕は思っているんです。たとえば20年前のように、CDが売れている時代であれば、音楽を聴いて感動し、そこに自分の生活を投影したり、人生そのものが変わったり、ということもあったとは思うんですよね。でも、それが難しくなってしまった。

あと、もともと僕は映画も大好きで、映像周りの制作にも興味があったんです。なので、自分が立ち上げるプロジェクトでは、いろんなクリエイターに力を借りて、「総合芸術」として優れたものを作りたいと思いました。それを、自信と誇りを持って、海外にも発信できるようなプロジェクトにしたい。そういうところから、MYTH & ROIDが始まっています。

Tom-H@ck
Tom-H@ck

―プロジェクトごとにチームを作り変えるのではなく、継続的にやる意味はどこにあるとお考えですか?

Tom-H@ck:たとえば、楽曲提供には大抵「コンペ」というものがあります。複数のコンポーザーから曲を募り、そのなかから「いい」と思ったものを採用するというシステムですね。でも僕は、コンペって、最終手段でしかなくて、その先に本当の芸術はないって思っているんですよ。

僕がクリエイティブを作っていく上で重要だと思っているのは、「その都度、それに適した人を選んで、100点満点を出しましょう」ということではない。チームというのは、うまくいくときもあれば、うまくいかないときももちろんある。だけど、それを経てみんなで成長していき、最終的にものすごい点数を叩き出す、ということを目指したいんです。なので「ずっとやっていく」というのが、MYTH & ROIDにとってひとつの大事なテーマだと思っています。

Page 1
次へ

リリース情報

MYTH & ROID『eYe's』初回限定盤
MYTH & ROID
『eYe's』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2017年4月26日(水)発売
価格:4,320円(税込)
ZMCZ-11076

[CD]
1. - A beginning -
2. TRAGEDY:ETERNITY
3. Paradisus-Paradoxum
4. STYX HELIX
5. 雪を聴く夜
6. Tough & Alone
7. ANGER/ANGER
8. theater D
9. JINGO JUNGLE -HBB Remix-
10. Crazy Scary Holy Fantasy
11. L.L.L.
12. sunny garden sunday
13. -to the future days
14. - An ending -
[Blu-ray]
1. TRAGEDY:ETERNITY (Music Video)
2. L.L.L. (Music Video)
3. ANGER/ANGER (Music Video)
4. STYX HELIX (Music Video)
5. Paradisus-Paradoxum (Music Video)
6. JINGO JUNGLE (Music Video)

MYTH & ROID『eYe's』通常盤
MYTH & ROID
『eYe's』通常盤(CD)

2017年4月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
ZMCZ-11077

1. - A beginning -
2. TRAGEDY:ETERNITY
3. Paradisus-Paradoxum
4. STYX HELIX
5. 雪を聴く夜
6. Tough & Alone
7. ANGER/ANGER
8. theater D
9. JINGO JUNGLE -HBB Remix-
10. Crazy Scary Holy Fantasy
11. L.L.L.
12. sunny garden sunday
13. -to the future days
14. - An ending -

プロフィール

MYTH & ROID
MYTH & ROID(みすあんどろいど)

「MYTH & ROID」はプロデューサー・Tom-H@ckを中心としたコンテンポラリークリエイティブユニット。インターナショナルで本格的なサウンド、鋭角的でキャッチーなメロディー、圧倒的なボーカルパフォーマンスを兼ね備えた気鋭のユニットである。2015年7月、TVアニメ『オーバーロード』EDタイアップ楽曲の1st Single『L.L.L』でメジャーデビュー。iTunesジャンル別ランキングでは同時リリースのOP楽曲と合わせ1位、2位を独占。iTunes総合ランキングでは最高3位を記録。『オーバーロード』のヒットと共に鮮烈なデビューを果たした。2016年に発表した3rd Single『STYX HELIX』4th Single『Paradisus-Paradoxum』は2作続けてiTunes総合チャート1位を記録。ユニット名である「MYTH & ROID」は過去を想起させる「Myth」(神話)と未来を想起させる「Android」を組み合わせた造語。互いのルーツを掛け合わせ新たな世界を切り開きたいという思いで考案された。

2BOY(つぼい)

MILKBOY、AMBUSH® DESIGNでのデザイン業務を経て、現在はアソビシステム株式会社のアートディレクターとして在籍。音楽やファッションを中心に、広告のアートディレクションからグラフィックデザイン、映像の監督までトータルで手掛けており、「不自由の中で最大限の自由」、“0”を“1”に、“1”を“100”に。“0”を“A”にする、をモットーに、フレキシブルなスタンスで活動中。マンガ・音楽・ファッションをこよなく愛するブロンドヘアーがトレードマークのアートディレクター。

大河臣(おおかわ しん)

映像作家。ミュージックビデオ、ライブ演出映像、CMなどを手がける。代表作に、L'Arc~en~Ciel『25th L'Anniversary LIVE』OPENING FILM、ねごと“アシンメトリ”、THE ORAL CIGARETTES“リコリス”、Mrs. GREEN APPLE“StaRt”、GARNiDELiA“ARiA”、PlayStation®4「A Possibility of SHARE」など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)