特集 PR

MYTH & ROID×2BOY×大河臣が団結 日本のピクサーを目指して

MYTH & ROID×2BOY×大河臣が団結 日本のピクサーを目指して

MYTH & ROID『eYe's』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

MYTH & ROIDは、壮大な小説から楽曲が生まれているので、いつか映画にしたいと思っているんです。(Tom-H@ck)

―ここからは、実際に三人が作った作品について、一つひとつ語ってもらいたいと思います。まず“STYX HELIX”から。

Tom-H@ck:ミュージックビデオでいうと、主人公の外国人女性が、古代遺跡のようなところを走っているシーンがめちゃくちゃ美しくて印象的でした。日本っぽくないですよね。

大河:栃木にある採掘場で撮影したんです。この曲は、『Re:ゼロから始める異世界生活』というライトノベルが原作で、タイムリープがテーマになったファンタジーアニメのエンディングテーマでした。なので、映像もリープものにして、物語の序盤で印象的だった「りんご」も使うなどして、アニメとミュージックビデオのリンク感を大事にしましたね。技術的なことを言えば、“STYX HELIX”は浮遊感のある曲なので、カメラを光軸回転させてその雰囲気を出しているんです。

左から:大河臣、2BOY
左から:大河臣、2BOY

2BOY:ジャケットは、造花と生花を「生と死」のメタファーとして使いました。今思えば、僕が手がけたMYTH & ROIDの作品はすべて「花」がモチーフになっていますね。色味もシアンを多めにして切ない感じにしたのですが、アニメの世界観、ミュージックビデオの世界観ともうまく合わせることができたと思います。ちなみに、ジャケットに写っている腕は、ボーカルのMayuちゃんの腕です。あえて顔を出さない演出。

MYTH & ROID『STYX HELIX』ジャケット
MYTH & ROID『STYX HELIX』ジャケット

―“STYX HELIX”は第1クールのエンディングテーマでしたが、その次のシングルとしてリリースされた“Paradisus-Paradoxum”は、第2クールのオープニングテーマです。

大河:テーマが「侵食」だったので、多重露光を応用した撮影方法を用いました。半分が自然で半分が人間、その境目を曖昧にしていくイメージですね。それと、僕のなかでは「目に見えるもの / 見えないもの」という裏テーマがあったんです。「見えないもの」を捉えるため、まず赤外線を使って人間の体をキャプチャーし、それを3Dオブジェクトにして動かしています。あと、Tom-H@ckさんの演奏シーンも赤外線カメラで撮影しているんですけど、背景の葉っぱが真っ白になるなど、面白い効果を出せました。

Tom-H@ck:実際の撮影は、お花畑での演奏だったじゃないですか。「かわいい感じになるのかな?」と思ってたから(笑)、仕上がりを見てびっくりしました。

2BOY:ジャケットデザインは、前回が腕だけのMayuちゃんだったので、今回は顔のアップ。でもヘッドピースで隠れているという(笑)。花や鳥の羽根などを素材にしたヘッドピースなのですが、固定させるのではなく、その場で取り付けていったので、同じレイアウトでの再現は絶対に二度とできないです。撮影中も羽根の位置がズレたり、花が落ちてきたりして大変だったんですけど、その一回性というか、刹那的なところも曲のイメージに合っているのかなと思ってあえてそうしました。ちなみに花は、生花や布製、それからペットボトルを花びらの形に切り抜いて作った造花もあります。

MYTH & ROID『Paradisus-Paradoxum』ジャケット
MYTH & ROID『Paradisus-Paradoxum』ジャケット

Tom-H@ck:前作が結構売れたから、この曲では予算にも余裕があったんだよね(笑)。

2BOY:そうなんですよ!(笑) 印刷で特色の金を使えたのがすごく嬉しかったです。

『Paradisus-Paradoxum』(手前)のジャケットは、タイトルロゴが金色になっている
『Paradisus-Paradoxum』(手前)のジャケットは、タイトルロゴが金色になっている

―では、アルバム『eYe's』のジャケットと、アルバムからのリード曲“TRAGEDY:ETERNITY”については?

大河:“TRAGEDY:ETERNITY”は、タイアップの作品がない分、hotaruさんとTom-H@ckさんのプロットが、よりしっかりしていたんです。ストーリーやアルバム全体のコンセプトがしっかりあって、それを読んだときにどんなシーンが必要か、具体的な画がすぐ浮かびました。「近未来の世界観だから、ロケじゃないし背景作っちゃおうかな」とか。それを映像に落とし込むという意味ではやりやすかったですね。

Tom-H@ck:撮影のときはグリーンバックで、「これ、大丈夫なのかな」と思っていたら2か月間寝かせられ……。

大河:寝かしてないです!(笑) ずっと2か月間作業してたんです。

Tom-H@ck:このCG一人で作ったんでしょう? ヤバイよこれ(笑)。うしろの風景とか、街並みとか、機械のデザインとか本当にすごい。最初に言ったように、MYTH & ROIDは僕とhotaruでコンセプトを決め、それをもとにしたhotaruによる壮大な小説から楽曲が生まれているんです。なので、いつかそれを映画にしたいと思っているんですけど、この曲の映像を見たときに一歩近づいた気がしましたね。これだったら、日本の最新技術の粋を集めたら、めっちゃすごい映画ができるんじゃないかって。

Tom-H@ck
Tom-H@ck

2BOY:アルバムのジャケットに関しては、これまでのシングルが「花」をモチーフにしていたので、アルバムタイトルと、物語のキーである「義眼」にちなみ、花を使って「目」を表現してみました。プラスティックケースは、なかのトレーが黒になっていて、通常盤は外すと鮮やかな花の写真が現れる。買った人にしか分からない、気づく人しか気づかない、隠し扉のようなドキドキ感を演出したかったんですよね。

MYTH & ROID『eYe's』ジャケット
MYTH & ROID『eYe's』ジャケット

MYTH & ROID『eYe's』。CDトレーの内側にまでこだわりを貫いた
MYTH & ROID『eYe's』。CDトレーの内側にまでこだわりを貫いた

―アルバムのアートワークは、シングルとは違う難しさがありますか?

2BOY:ありますね。だって、これまでのシングルも含めた「顔」になるのがアルバムジャケットですから、どの曲のイメージに寄り添ってもバランスが悪くなるじゃないですか。たとえば、“TRAGEDY:ETERNITY”の映像を見て一瞬、「近未来でいこうかな?」とも思ったけど、いや、それだと他の楽曲のイメージとは合わなくなる。デザインも尖り過ぎていてもダメで、あえて余白を残すというか、削いでいく作業をしていますね。

2BOY
2BOY

2BOY:ブックレットはいたってシンプルで、黒地に白い文字で統一してあります。とはいえフォントにはめちゃくちゃこだわったというか、決めるのに時間がかかりましたね。明朝体かゴシック体か、細字にするか太字にするか……。インダストリアルな曲調に合わせて明朝体にすると、あまりにもハマり過ぎてしまって、MYTH & ROIDの持つモダンな部分、ポップな部分が隠れてしまうと思ったんです。なのであえてゴシック体で外す。ちなみに、日本語はセザンヌというフォントを使用しています。

そうやって、MYTH & ROIDに込めたスタッフ全員の気持ちを、最後にぎゅっと凝縮した形で外に向け発信する「顔」が、僕の手がけるジャケットだと思っています。すごく大切な仕事なんですよね。プレッシャーもハンパないけど(笑)。

―本作『eYe's』をもって「第1章完結」ということですが、今後の展望について最後にお聞かせください。

Tom-H@ck:これ、今言うことじゃないかも知れないけど(笑)、アルバムには心残りがあって……あ、もちろんそれは音楽面ですけどね。それがなにかはあえて言わないけど、だからこそもうすでに気持ちは2ndアルバム、3rdアルバムへと向かっています。

今回のアルバムは、さっきも話したようにものすごく壮大な物語のなかの、ある一部……「義眼師のエピソード」なんです。次は別のエピソードを、少し角度を変えたアプローチで描きたい。そうやって作風を変えていったほうが、作り手としては楽しめますしね。そのときのデザインや映像についてはまた、改めて相談させてください。

2BOY大河:ぜひ!

左から:Tom-H@ck、2BOY、大河臣
左から:Tom-H@ck、2BOY、大河臣

Page 3
前へ

リリース情報

MYTH & ROID『eYe's』初回限定盤
MYTH & ROID
『eYe's』初回限定盤(CD+Blu-ray)

2017年4月26日(水)発売
価格:4,320円(税込)
ZMCZ-11076

[CD]
1. - A beginning -
2. TRAGEDY:ETERNITY
3. Paradisus-Paradoxum
4. STYX HELIX
5. 雪を聴く夜
6. Tough & Alone
7. ANGER/ANGER
8. theater D
9. JINGO JUNGLE -HBB Remix-
10. Crazy Scary Holy Fantasy
11. L.L.L.
12. sunny garden sunday
13. -to the future days
14. - An ending -
[Blu-ray]
1. TRAGEDY:ETERNITY (Music Video)
2. L.L.L. (Music Video)
3. ANGER/ANGER (Music Video)
4. STYX HELIX (Music Video)
5. Paradisus-Paradoxum (Music Video)
6. JINGO JUNGLE (Music Video)

MYTH & ROID『eYe's』通常盤
MYTH & ROID
『eYe's』通常盤(CD)

2017年4月26日(水)発売
価格:3,240円(税込)
ZMCZ-11077

1. - A beginning -
2. TRAGEDY:ETERNITY
3. Paradisus-Paradoxum
4. STYX HELIX
5. 雪を聴く夜
6. Tough & Alone
7. ANGER/ANGER
8. theater D
9. JINGO JUNGLE -HBB Remix-
10. Crazy Scary Holy Fantasy
11. L.L.L.
12. sunny garden sunday
13. -to the future days
14. - An ending -

プロフィール

MYTH & ROID
MYTH & ROID(みすあんどろいど)

「MYTH & ROID」はプロデューサー・Tom-H@ckを中心としたコンテンポラリークリエイティブユニット。インターナショナルで本格的なサウンド、鋭角的でキャッチーなメロディー、圧倒的なボーカルパフォーマンスを兼ね備えた気鋭のユニットである。2015年7月、TVアニメ『オーバーロード』EDタイアップ楽曲の1st Single『L.L.L』でメジャーデビュー。iTunesジャンル別ランキングでは同時リリースのOP楽曲と合わせ1位、2位を独占。iTunes総合ランキングでは最高3位を記録。『オーバーロード』のヒットと共に鮮烈なデビューを果たした。2016年に発表した3rd Single『STYX HELIX』4th Single『Paradisus-Paradoxum』は2作続けてiTunes総合チャート1位を記録。ユニット名である「MYTH & ROID」は過去を想起させる「Myth」(神話)と未来を想起させる「Android」を組み合わせた造語。互いのルーツを掛け合わせ新たな世界を切り開きたいという思いで考案された。

2BOY(つぼい)

MILKBOY、AMBUSH® DESIGNでのデザイン業務を経て、現在はアソビシステム株式会社のアートディレクターとして在籍。音楽やファッションを中心に、広告のアートディレクションからグラフィックデザイン、映像の監督までトータルで手掛けており、「不自由の中で最大限の自由」、“0”を“1”に、“1”を“100”に。“0”を“A”にする、をモットーに、フレキシブルなスタンスで活動中。マンガ・音楽・ファッションをこよなく愛するブロンドヘアーがトレードマークのアートディレクター。

大河臣(おおかわ しん)

映像作家。ミュージックビデオ、ライブ演出映像、CMなどを手がける。代表作に、L'Arc~en~Ciel『25th L'Anniversary LIVE』OPENING FILM、ねごと“アシンメトリ”、THE ORAL CIGARETTES“リコリス”、Mrs. GREEN APPLE“StaRt”、GARNiDELiA“ARiA”、PlayStation®4「A Possibility of SHARE」など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初