特集 PR

クウチュウ戦を濃厚取材。妙だけど本気で語る「目指すのは大仏」

クウチュウ戦を濃厚取材。妙だけど本気で語る「目指すのは大仏」

クウチュウ戦『愛のクウチュウ戦』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西田香織 編集:矢島由佳子

学校って、秩序システム養成所だから。俺はその秩序を、音楽の力でちょっとでも解きほぐしたい。(リヨ)

―じゃあ、アナルを発見したアバシリさんからも、クウチュウ戦のこの1年間の変化を語ってもらいたいです。

アバシリ:より自然に、リヨさんなり、クウチュウ戦なりの持っているものを出せるようになってきた気がします。2~3年前、僕がバンドに入った頃を振り返ると、無理していたわけではないけど、ステージで奇抜な衣装を着たり、奇をてらったパフォーマンスで魅せようとしていた部分があって。でも最近は、意識的に「こうしてやろう」っていうものではなく、湧き上がってくるものを出せるようになっているんだと思います。

ニシヒラ:今までは、ライブをする前にスイッチを切り替える気持ちがあったけど、今はもう、自然になだれ込んでいく感じというか。

ニシヒラユミコ
ニシヒラユミコ

リヨ:そうだね。決め打ちして「ああしよう、こうしよう」っていうのでは、もうないんですよ。「やりたいからやる」「そうしたいからする」っていう自発的な、台本のないリアルな破壊力が今のクウチュウ戦にはあると思う。

―では、「1st love album」と銘打たれた新作『愛のクウチュウ戦』は、バンドにとって、どういった位置づけのアルバムなんですか? 過去にリリースされた曲も収録されているので、集大成的な側面もあると思うんですけど。

リヨ:これは、門出ですね。「勝負はここからだぜ」っていう気持ちが込められている。最初のCINRA.NETのインタビュー(クウチュウ戦の警告。左脳ばかりを動かす現代日本人を刺激する)で「左脳ばっかり使うな」っていう話をしたけど、そうやってなにかをディスっていく感覚はもう、今の僕にはあまりないんですよね。そういうステージにもいない。むしろ、左脳ばかりの人たちすらも包み込んであげたいっていうのが、このアルバムだと思います。

クウチュウ戦『愛のクウチュウ戦』ジャケット
クウチュウ戦『愛のクウチュウ戦』ジャケット(Amazonで見る

―なるほど。僕がこのあいだ観たライブで、2曲目に収録されている“ユートピア”が演奏されていたんですけど、曲が始まる前のMCでリヨさんが「都会は嫌いだけど、都会の人たちのことも包み込みたい」と言っていたのが印象的でした。

リヨ:そう、これが2017年のクウチュウ戦ですね。もうそろそろ、街のことを歌にしてもいいんじゃないかと思ったんです。街っていうのは、秩序ですよね。秩序のなかに生きる人々へのラブソング。

僕はしょっちゅう外国に逃げているけど(笑)、やっぱり、この世界に生きる人への愛おしさってあるんですよ。宇宙生まれ、秩序育ちだから、僕は。

―すごい言葉ですね、「宇宙生まれ、秩序育ち」。

リヨ:やっぱり、目指しているのは言葉のない世界なんです。人間が言葉を作る前の世界……そこに、人間が人間たる一番のゆえんがあるから。人間の素晴らしさって、やっぱりここ(と言って胸を叩く)じゃないですか。

リヨ
リヨ

リヨ:人は誰だって、赤ちゃんの頃は感情しかないカオスの状態だけど、学校に入り、言葉を教えられる。でも結局、学校って、秩序システム養成所だから。そこで、どんどん言葉に埋もれていって、大人になるのが普通だとされている。

けど、俺はその秩序を、音楽の力でちょっとでも解きほぐしたいと思っているんです。やっぱり、目で見える世界、言葉にできる世界、触れる世界……そういうものより大きなものを、人間は絶対に内側に持っていると思うから。

―うん。

リヨ:でも、それと同時に人になにかを伝えるには言葉が必要だっていうこともわかっているし、こうやって人としゃべれることを、素晴らしいことだとも思っているんです。いつだって、その両極が50:50でせめぎ合っている。同じところを、ぐるぐるぐると回っている感じなんですよね。

自我を積み上げて、でも無我に憧れて自我を壊して、でもやっぱり自我は愛おしいと思って積み上げて、またそれを壊すっていうことを繰り返してきている感覚があって。何周も何周も、同じところをぐるぐると回っている感じ。

リヨ
リヨ

アバシリ
アバシリ

アバシリ:今回の作品は、それがすごく出ている作品だと思います。前半の2曲に関していうと、1曲目の“セクシーホモサピエンス”は、大きく「人間」というものへの礼賛で、2曲目の“ユートピア”は、秩序を纏った現代の人々に対する想い。

そうやって大きな視点から歌われている2曲もあれば、“アモーレ”や、最後の“愛去ってhealing”は、違ったテイストだけど、すごくリヨさんの個人的な歌なんですよね。そこにはきっと、リヨさんの言う、自我と無我の葛藤があるんだと思う。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

クウチュウ戦『愛のクウチュウ戦』
クウチュウ戦
『愛のクウチュウ戦』(CD)

2017年6月14日(水)発売
価格:2,000円(税込)
PTAL-0001

1. セクシーホモサピエンス
2. ユートピア
3. テレパス
4. アモーレ(2017ver.)
5. コメット氏の場合
6. 白い十代(2017ver.)
7. 愛去ってhealing

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume98』

2017年6月29日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
クウチュウ戦
MUSIC FROM THE MARS
WUJA BIN BIN
ゆるふわリムーブ(オープニングアクト)
and more
料金:無料(2ドリンク別)

『「愛のクウチュウ戦」レコ発ワンマン “クウチュウ戦のfirst love tour 2017”』

2017年9月15日(金)
会場:大阪府 心斎橋 LIVE HOUSE Pangea

2017年9月16日(土)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL

2017年9月28日(木)
会場:東京都 新代田 FEVER

プロフィール

クウチュウ戦
クウチュウ戦(くうちゅうせん)

平成生まれのロックカルテット。2008年、大学1年のリヨ(Vo,Gt)とニシヒラユミコ(Ba)が原型バンドを結成。2011年1月、ベントラーカオル(Key)加入。同年7月にリヨが突然ペルーに飛び、アマゾンのジャングルの奥で行われる神秘的な儀式に参加。その後、2012年3月までイギリス/オランダなど、ヨーロッパを放浪。2014年5月、アバシリ(Dr)が正式加入。新体制のクウチュウ戦が誕生。その高度な演奏力、プログレッシブな音楽性が同世代の客/バンド/ライブハウス関係者などに絶賛されるが、そこにあった本当に重要なものは、夏のオリオンのように美しいメロディー、日常の風景を少し不思議な空間に異化させるリリック、そして光線のように天空を突き抜ける歌心だった。2015年5月に1stミニアルバム『コンパクト』、2016年1月に2ndミニアルバム『Sukoshi Fushigi』、8月に3rdミニアルバム『超能力セレナーデ』をリリースした。そして、2017年6月14日に、1st love album『愛のクウチュウ戦』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う