特集 PR

go!go!vanillasが初体験。「VR×音楽」の最先端&手軽な楽しみ方

go!go!vanillasが初体験。「VR×音楽」の最先端&手軽な楽しみ方

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:相原舜 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

どこを見て、どこを見逃すか? コンテンツだらけのVR映像の楽しみ方と、そのとんでもない未来像

―実際にその場にいるような没入感を出すためには、実際の人間の目のような視差の再現など、技巧をとても凝らしているのですね。

:生演奏なので、演奏中のメンバーを自由に移動させることはできない、そういう制約がある中で、没入感をどう出していくかがポイントでしたからね。あと、VRって、視点が定まらないのでものすごく酔いやすいんですよ。だからカメラはあまり動かさず、定点撮影にする必要がありました。

―定点撮影となると、どうしても単調になりがちになったりすると思うのですが、そのあたりはどう補っていますか?

:そこは、例えば牧さんの歌っている表情をアップで抜いたり、セイヤさんのドラムを上から撮影したりした映像を、映像の中に置いてあるノートパソコンの画面に投影させています。そこを見ることで、2Dと3Dの違いも明白になるし、何度見ても楽しめるんじゃないかと。

“サウンドエスケープ”の360度VR映像より。映像内に設置されたノートパソコンの中ではアングルがコントロールされた2D的な映像が映し出される
“サウンドエスケープ”の360度VR映像より。映像内に設置されたノートパソコンの中ではアングルがコントロールされた2D的な映像が映し出される(アプリ「うたパス」で視聴する

―なるほど。ノートパソコンを利用し、入れ子構造を演出したわけですね。

:あと、メンバーの配置に関しては、カタオカさんが念入りに考えてくれました。「ドラムがここだと、近すぎてモニターできない」とか、音の聴こえ方を優先させながら、映像に奥行きがでるよう、立ち位置を決めていきました。

カタオカ:まずは、ドラムとアイコンタクトできる位置に他のメンバーがいるとか、メンバーが演奏しやすいかどうかを優先させて。プリティさん、VRだと結構余裕で演奏しているように見えますが、実はメチャ狭いところで演奏してくれてるんですよ(笑)。

プリティ:そうなんです(笑)。映像だと、実際と全然違う立ち位置に見えました。

長谷川プリティ敬祐
長谷川プリティ敬祐

―いわゆる2Dの映像とは違い、視聴者が自分の視点を360度自由に動かせるようになると、撮影者の意識も変わってくるのではないでしょうか。つまり、撮影者側で「見せたいもの」をコントロールしづらくなり、視聴者に委ねる部分が多くなってくる。

カタオカ:撮影する側だけでなく、撮影される側の意識も変わりますよね。一瞬たりとも気が抜けないというか。例えば、柳沢さんがギターソロを弾いている時でも、視聴者によってはプリティさんの表情をずっと追っているかもしれないわけですから。

進太郎:そうですね。エフェクターボードも、ギターの手元もしっかり映っているじゃないですか。エフェクターを踏み換えるタイミング、ボリュームのツマミやピックアップの切り替えなど、細かい所作の一つひとつをじっくり見ることって、ライブでもあまりないですからね。

他にも、「ギターアンプやベースアンプの設定はどうなっているのか?」とか、「ドラムはどうやって叩いているのか?」とか、プレイヤー目線で楽しむこともできるし、そういう意味では360度VR映像はコンテンツだらけですよね。

柳沢進太郎
柳沢進太郎

―楽器や機材が好きな人にとっても360度VR映像はたまらないですね(笑)。

:おそらく2D映像ように、画面の中を全てコントロールするというようなことは、360度VR映像だと難しいと思うんです。だから、バニラズのメンバーにも、ある程度の決め事だけ伝えて後は自由に演奏してもらっています。

例えばセイヤさんがスティックをクルクル回しているところとか、目撃する視聴者もいれば、見逃す視聴者もいて。どこに視点を置くかで、同じ作品でも視聴者それぞれで全く見え方や感じ方が違ってくるのが360度VR映像なのかなと思います。

ライブ映像を見た観客の反応も再現できるかも。これからのVR×音楽の可能性

―同じ映像を見た人同士で話すのも、それぞれの視点の違いがわかって面白そうですよね。今回のバニラズの映像は、他にもVRのコンテンツが色々登場してきているこの時代において、どのような作品になったと思いますか?

カタオカ:「VR元年」から1年が経ち、VRに関する話題も多くコンテンツも色々出てきていますが、定点の360度VR映像で制作したアーティストのPVとしては、今まで誰も見たことがなかったような、日本一のものができたなと。そのくらい自信を持っています。

定点撮影の場合、どこにカメラを置くか、どこを見るポイントとするかで、今後バリエーションを広げていくことになりそうですね。今回はハウススタジオだったけど、それがひょっとしたら万里の長城になるかもしれないですし、東京タワーのてっぺんかもしれない。そのバリエーションとそこで鳴るサウンドを考えていくのが僕らの仕事であり、アーティストのみなさんにはとにかく、楽しく撮影に臨んでもらいたいです。

―やっぱりVR映像は、作り込んだ映像よりも生っぽさを追求した映像のほうが映えるんですかね?

:そう思います。今は視聴者が一方的に見ているだけなんですけど、アーティストの方々も、視聴者のリアクションを知っていただける空間も出てくるんじゃないかなと。例えばここがバーチャルな空間だとして、そこにアバターみたいな人たちを配置し、牧さんがギターを弾き始めたらその人たちがわーっと集まってくるとか。そういう、ライブのレスポンスが双方向にできるような。

カタオカ:例えばバニラズのバーチャルライブみたいなものを作り上げるということですよね。その空間に、視聴者がアイコンとして現れると。

進太郎:それって、インターネットを繋ぐことで可能になるんですか? 映画『サマーウォーズ』みたいなことですよね?

:そうです。

プリティ:すげえ! それができるってことは、メンバーの1人になる、みたいな体験もできますよね。「あなたも牧になれる」みたいな。目の前にはお客さんがたくさんいて、横を見たら僕と進太郎がいてっていう、ライブ中の牧の視点を体験できたら楽しそうだし、それをカラオケ屋に置いたらめっちゃウケそう(笑)。

左から:東俊宏、カタオカセブン、ジェットセイヤ、牧達弥、柳沢進太郎、長谷川プリティ敬祐

カタオカ:今回、本当に良質な作品が作れたと思います。こうやって若い世代のアーティストが、新しい技術を取り入れてくれることで、その技術がより多くの人たちに注目されて。それでまた我々がさらに開発や企画を進めて……っていう具合に、相乗効果がどんどん生まれるといいなと思っています。またいつかバニラズと同じ手法で撮影してみたいですね。

Page 3
前へ

サービス情報

うたパス「VROOM」
うたパス「VROOM」

「特別な空間で、特別な映像体験を」をコンセプトとした、普段決して見ることのできない、アーティスト達の素顔に近づける、auの定額制音楽配信サービス「うたパス」独自の新感覚体験型映像コンテンツです。360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、まるでその場に自分自身がいるかのような、臨場感溢れる視聴体験をお楽しみ頂けます。また、VRヘッドセットを利用することで、さらに没入感の高い視聴体験を味わうことが可能です。話題のアーティストと最先端のクリエーターが作りあげる『VROOM』は、今後も続々と、アーティストのライブステージや、アーティスト同士のスペシャルコラボセッション等の特別な映像コンテンツの配信を予定しています。「うたパス」アプリをダウンロードすれば、どなたでも無料で「VROOM」をお楽しみ頂けます。

リリース情報

go!go!vanillas『FOOLs』完全限定生産盤
go!go!vanillas
『FOOLs』完全限定生産盤(CD+DVD)

2017年7月26日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VIZL-1195

[CD]
1. We are go!
2. サクラサク
3. FUZZ LOVE
4. ヒンキーディンキーパーティークルー
5. ラッキースター
6. 平成ペイン
7. サウンドエスケープ
8. バイバイカラー
9. ストレンジャー
10. グッドドギー
11. パペット
12. ナイトピクニック
13. おはようカルチャー
[DVD]
1. We are go! -Recording Documentary-
2. ヒンキーディンキーパーティークルー -Music Video-
3. おはようカルチャー -Music Video-
4. 平成ペイン -Music Video-

go!go!vanillas『FOOLs』通常盤
go!go!vanillas
『FOOLs』通常盤(CD)

2017年7月26日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VICL-64812

1. We are go!
2. サクラサク
3. FUZZ LOVE
4. ヒンキーディンキーパーティークルー
5. ラッキースター
6. 平成ペイン
7. サウンドエスケープ
8. バイバイカラー
9. ストレンジャー
10. グッドドギー
11. パペット
12. ナイトピクニック
13. おはようカルチャー

ツアー情報

『go!go!vanillas「FOOLs」Tour 2017』

2017年9月9日(土)
会場:神奈川県 横浜 Bay Hall

2017年9月10日(日)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2017年9月16日(土)
会場:埼玉県 熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-1

2017年9月17日(日)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2017年9月23日(土)
会場:兵庫県 神戸 Chicken George

2017年9月24日(日)
会場:滋賀県 大津 U-STONE

2017年9月28日(木)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2017年9月30日(土)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2017年10月1日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2017年10月6日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年10月8日(日)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2017年10月9日 (月・祝)
会場:岩手県 盛岡 Club Change WAVE

2017年10月21日(土)
会場:香川県 高松 MONSTER

2017年10月22日(日)
会場:高知県 X-pt.

2017年10月26日(木)
会場:鳥取県 米子 laughs

2017年10月28日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2017年10月29日(日)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2017年11月9日(木)
会場:宮崎県 SR BOX

2017年11月11日(土)
会場:熊本県 B.9 V1

2017年11月12日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2017年11月18日(土)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年11月19日(日)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年11月25日(土)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2017年11月26日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2017年12月2日(土)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

プロフィール

go!go!vanillas
go!go!vanillas(ごー ごー ばにらず)

牧 達弥(Vo,Gt)、長谷川プリティ敬祐(Ba)、ジェットセイヤ(Dr)、柳沢 進太郎(Gt)の四人からなる新世代ロックンロールバンド。さまざまなジャンルを呑み込んだオリジナリティー豊かな楽曲で聴く人を魅了し、ライブでは強烈なグルーヴを生み出す。2014年、アルバム『Magic Number』でメジャーデビュー。2017年1月にはホリエアツシ(ストレイテナー)をプロデューサーに迎えた3rdシングル『おはようカルチャー』を発表し、『おはようカルチャーツアー2017』では初のZepp Tokyoワンマン公演を含む全会場がソールドアウト。7月26日には3rdアルバム『FOOLs』をリリース。9月より25公演におよぶ全国ツアー『FOOLs Tour 2017』の開催が決定。音楽ルーツへのリスペクトにとどまらず、常に変化・革新をし続ける。

カタオカセブン(かたおか せぶん)

「VROOM」プロデューサー。2010年UNIVERSAL MUSICNAYUTAWAVE RECORDS / 現EMI RECORDSより、アーティストとしてメジャーデビュー。アーティスト、音楽プロデューサー兼サラリーマン。

東俊宏(ひがし としひろ)

ディレクター / プランナー。1980年奈良県生まれ。株式会社ロボット。デジタルを中心とした企画から映像制作までを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも