特集 PR

go!go!vanillasが初体験。「VR×音楽」の最先端&手軽な楽しみ方

go!go!vanillasが初体験。「VR×音楽」の最先端&手軽な楽しみ方

インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:相原舜 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

アーティストのかっこよさを最大限に見せる「生演奏一発撮り」というこだわり

―今回の、そもそもの企画の経緯を、プロデューサーのカタオカさんから教えてもらえますか?

カタオカ:僕が制作担当しているauの定額制音楽配信サービスアプリ「うたパス」が、定常的に7月から毎月1組ずつアーティストとコラボレートして、360度VR映像を撮り下ろす「VROOM」という企画をスタートさせ、毎回、一発撮りによる生演奏を撮影していこうということになったんです。

カタオカセブン
カタオカセブン

―生演奏の一発撮りというスタイルは最初から決めていた?

カタオカ:そうですね。「生演奏以外はあり得ない」と思っていました。今回の映像を監督してくれた東さんとも、「かっこいいアーティストをかっこよく観てもらいたい」というコンセプトを掲げていて。VRという空間でありながらも「ドキュメント」というキーワードがあったので、「それなら生演奏、ワンカットだよね」と話し合って、360度の空間をフルに見せるためにも、カットを割らずにいこうということになりました。

―その初回がバニラズだったのはなぜなのでしょう?

カタオカ:昨年、彼らのライブを代々木公園で観た時に、一発目はもうバニラズしかないと決めたんです。これはお世辞でも何でもなく、若手~中堅どころの中では圧倒的な演奏力だなと思ったので。

メンバー一同:ありがとうございます!

go!go!vanillas
go!go!vanillas

―今回のプロジェクトの話を聞いた時、バニラズのみなさんはどんなふうに感じましたか?

:最初はあまりピンとこなかったというか……正直よく分からなかったんです。

―分からない、というと?

:そもそもどんな仕組みになっているのか、どうやって撮影するのかも全く知らない状態だったし、言葉で説明されても、「え? 360度見えるって、一体どういうこと?」みたいな。でも、実際にテスト映像を見せてもらって「なるほど!」と思いましたね。これは面白くなりそうだと。

そこから東監督やカタオカさんと話をしていく中で、見ている人もそこに参加しているような気持ちにさせる、VRならではの仕掛けをたくさんちりばめたいなと思ったんです。なので、例えば、実際の僕のTwitterの画面を映像の中に登場するスマホに映し出して、リアルな世界との連動感を持たせたり、見ている人にビールをわたすフリをしてみたり、僕らと同じ場所に実際にいる感覚になるような見せ方をしています。

“サウンドエスケープ”の360度VR映像内に登場するスマホ画面に映し出される、牧のTwitterの画面。リアルと連動するような、演奏以外での演出のひとつ
“サウンドエスケープ”の360度VR映像内に登場するスマホ画面に映し出される、牧のTwitterの画面。リアルと連動するような、演奏以外での演出のひとつ

カタオカ:牧くんは、最初の打ち合わせからたくさんアイデアを出してくれて、色々話し合いながらアイデアを重ねていきましたね。

実はマネキンに向かって演奏していたバニラズ。通常のPVとはひと味違う、撮影の裏側

―360度VR映像を作るのに“サウンドエスケープ”を選んだ理由は?

:今回の映像の設定が、ハウススタジオで僕らが演奏しているというものだったので、リラックスできる楽曲のほうがいいなと思って。それと、“サウンドエスケープ”のテーマが「音に逃避行する」というものだったので、「仮想世界へトリップする」っていうVRのコンセプトともリンクするんじゃないかなと。

牧達弥
牧達弥

―確かに、みんなで和気あいあいと演奏している雰囲気も、映像とすごく合っていましたよね。バニラズにとって、VRでの撮影はもちろんですが、生演奏の一発撮りでPVを制作するというのも今まであまりなかったのでは?

:なかったですね。できるだけリアルな仮想世界を作ろうと思った時に、既製の音源をそのまま流すだけだと、どうしても音が鳴った瞬間に、リアリティーがなくなってしまうと思ったんです。だから、生演奏一発撮りっていうのは、VRの撮影にすごく合っていると思いました。

―東さんは、VRの撮影自体は初めてだったのですか?

:プロデュースはしたことがあったんですけど、ディレクションをするのは今回が初めてです。話が来た時、生演奏というドキュメンタリーっぽい映像を、バーチャルリアリティーの世界で作っていくコンセプトがすごく面白いなと思って、すぐに引き受けました。

東俊宏
東俊宏

―360度VR映像を見てみると、本当にそこにいるような視界の広がりや立体感がありますよね。技術的なところでいうと、どのように撮影しているのですか?

:カメラは今回、KODAK PIXPRO SP360という機種を使用しています。今回は、マネキンの左右の目の位置にカメラを設置して、右目と左目、それぞれで見える被写体を撮影し、その視差で3Dにしていくという仕組みです。

それと、視聴者が下を向くとちゃんとマネキンの胴体が見えるようにしました。そうすると、視聴者も、実際に下を向いた時に自分の胴体が見えるのと同じ感覚がして安心するんですよね。

カタオカ:結構、ディテールにもこだわっていて、マネキンにどんな服を着せるかも話し合いました(笑)。「バニラズのファンって、何歳くらいで、どんな服を着ているんだろう?」と設定を考えて。

:人型のアンドロイドに向かって演奏しているみたいでした(笑)。

Page 2
前へ 次へ

サービス情報

うたパス「VROOM」
うたパス「VROOM」

「特別な空間で、特別な映像体験を」をコンセプトとした、普段決して見ることのできない、アーティスト達の素顔に近づける、auの定額制音楽配信サービス「うたパス」独自の新感覚体験型映像コンテンツです。360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、まるでその場に自分自身がいるかのような、臨場感溢れる視聴体験をお楽しみ頂けます。また、VRヘッドセットを利用することで、さらに没入感の高い視聴体験を味わうことが可能です。話題のアーティストと最先端のクリエーターが作りあげる『VROOM』は、今後も続々と、アーティストのライブステージや、アーティスト同士のスペシャルコラボセッション等の特別な映像コンテンツの配信を予定しています。「うたパス」アプリをダウンロードすれば、どなたでも無料で「VROOM」をお楽しみ頂けます。

リリース情報

go!go!vanillas『FOOLs』完全限定生産盤
go!go!vanillas
『FOOLs』完全限定生産盤(CD+DVD)

2017年7月26日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VIZL-1195

[CD]
1. We are go!
2. サクラサク
3. FUZZ LOVE
4. ヒンキーディンキーパーティークルー
5. ラッキースター
6. 平成ペイン
7. サウンドエスケープ
8. バイバイカラー
9. ストレンジャー
10. グッドドギー
11. パペット
12. ナイトピクニック
13. おはようカルチャー
[DVD]
1. We are go! -Recording Documentary-
2. ヒンキーディンキーパーティークルー -Music Video-
3. おはようカルチャー -Music Video-
4. 平成ペイン -Music Video-

go!go!vanillas『FOOLs』通常盤
go!go!vanillas
『FOOLs』通常盤(CD)

2017年7月26日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VICL-64812

1. We are go!
2. サクラサク
3. FUZZ LOVE
4. ヒンキーディンキーパーティークルー
5. ラッキースター
6. 平成ペイン
7. サウンドエスケープ
8. バイバイカラー
9. ストレンジャー
10. グッドドギー
11. パペット
12. ナイトピクニック
13. おはようカルチャー

ツアー情報

『go!go!vanillas「FOOLs」Tour 2017』

2017年9月9日(土)
会場:神奈川県 横浜 Bay Hall

2017年9月10日(日)
会場:茨城県 水戸 LIGHT HOUSE

2017年9月16日(土)
会場:埼玉県 熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-1

2017年9月17日(日)
会場:群馬県 高崎 club FLEEZ

2017年9月23日(土)
会場:兵庫県 神戸 Chicken George

2017年9月24日(日)
会場:滋賀県 大津 U-STONE

2017年9月28日(木)
会場:静岡県 浜松 窓枠

2017年9月30日(土)
会場:長野県 CLUB JUNK BOX

2017年10月1日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2017年10月6日(金)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2017年10月8日(日)
会場:秋田県 Club SWINDLE

2017年10月9日 (月・祝)
会場:岩手県 盛岡 Club Change WAVE

2017年10月21日(土)
会場:香川県 高松 MONSTER

2017年10月22日(日)
会場:高知県 X-pt.

2017年10月26日(木)
会場:鳥取県 米子 laughs

2017年10月28日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2017年10月29日(日)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2017年11月9日(木)
会場:宮崎県 SR BOX

2017年11月11日(土)
会場:熊本県 B.9 V1

2017年11月12日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2017年11月18日(土)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年11月19日(日)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE24

2017年11月25日(土)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2017年11月26日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2017年12月2日(土)
会場:東京都 お台場 Zepp Tokyo

プロフィール

go!go!vanillas
go!go!vanillas(ごー ごー ばにらず)

牧 達弥(Vo,Gt)、長谷川プリティ敬祐(Ba)、ジェットセイヤ(Dr)、柳沢 進太郎(Gt)の四人からなる新世代ロックンロールバンド。さまざまなジャンルを呑み込んだオリジナリティー豊かな楽曲で聴く人を魅了し、ライブでは強烈なグルーヴを生み出す。2014年、アルバム『Magic Number』でメジャーデビュー。2017年1月にはホリエアツシ(ストレイテナー)をプロデューサーに迎えた3rdシングル『おはようカルチャー』を発表し、『おはようカルチャーツアー2017』では初のZepp Tokyoワンマン公演を含む全会場がソールドアウト。7月26日には3rdアルバム『FOOLs』をリリース。9月より25公演におよぶ全国ツアー『FOOLs Tour 2017』の開催が決定。音楽ルーツへのリスペクトにとどまらず、常に変化・革新をし続ける。

カタオカセブン(かたおか せぶん)

「VROOM」プロデューサー。2010年UNIVERSAL MUSICNAYUTAWAVE RECORDS / 現EMI RECORDSより、アーティストとしてメジャーデビュー。アーティスト、音楽プロデューサー兼サラリーマン。

東俊宏(ひがし としひろ)

ディレクター / プランナー。1980年奈良県生まれ。株式会社ロボット。デジタルを中心とした企画から映像制作までを手がける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』