特集 PR

「常識」をひっくり返す楽しさをレアンドロ・エルリッヒが語る

「常識」をひっくり返す楽しさをレアンドロ・エルリッヒが語る

『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017夏』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:馬込将充 編集:宮原朋之、飯嶋藍子

レアンドロ・エルリッヒといえば、金沢21世紀美術館にある『スイミング・プール』を思い浮かべる人は多いだろう。固定観念を鮮やかにひっくり返す彼の代表作のひとつであり、大規模個展の記憶も新しい。しかし、日本にはもうひとつ、彼とゆかりの深い場所があるのを知っているだろうか。

それは新潟県越後妻有(十日町市、津南町)。『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』の舞台として知られる、山あいの地だ。エルリッヒは2006年の同トリエンナーレで屋外作品『妻有の家』を発表。さらに2012年には越後妻有里山現代美術館「キナーレ」で大型作品『トンネル』を公開、こちらは現在も展示されている。

そして2017年。来年のトリエンナーレより一足先に、彼の最新作が越後妻有に出現した。今度の場所は、元小学校の校舎を改装した宿泊施設「三省ハウス」。トリエンナーレ時期以外も訪問者を迎え入れるこの場所で、エルリッヒが生み出したのは、一見そう言われなければ「作品」と気づかずに足を踏み入れてしまいそうな異空間だった。現地に滞在中だった本人を訪ね、最新作の話から、今につながる少年時代のエピソード、さらにエルリッヒ作品を特徴付ける「常識」と「気づき」の理想の関係性までを聞いた。

物事を既存の枠にはめてわかりやすく考えようとしがちだけど、物事が次から次へ変化し続ける可能性を忘れてしまう。

―『スイミング・プール』をはじめ、エルリッヒさんの作品の多くは、文化や世代を超え、出会った瞬間に感じ、楽しむことのできるものが多いですね。こうした作風に向かったきっかけはありますか?

エルリッヒ:僕は小さな頃から、何かのリミットを超えたものを想像 / 創造することに興味を持っているんです。

レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』(金沢21世紀美術館 / 2004年)。日本における彼の代表作のひとつ。/ ©Leandro Erlich Studio photo: NAKAMICHI Atsushi / Nacása & Partners
レアンドロ・エルリッヒ『スイミング・プール』(金沢21世紀美術館 / 2004年)。日本における彼の代表作のひとつ。/ ©Leandro Erlich Studio photo: NAKAMICHI Atsushi / Nacása & Partners

―リミットを超えたもの、というと?

エルリッヒ:僕らはついつい、物事を既存の枠やカテゴリーにはめてわかりやすく考えようとしたり、古くから存在するものを当たり前のこととして受け入れてしまいやすいですが、そうすると物事が次から次へ変化し続ける可能性を忘れてしまうこともあります。でも、「考え続けること」も大切ですよね。僕の場合、それがしばしば、リアリティーの追求みたいなこととは別の方向に進むことになるんだけど。

―エルリッヒさんはお父さんが建築家だそうですが、その考えはお父さんからも影響がありますか?

エルリッヒ:あると思います。建築家というのは常に、それまでなかった「スペース」を作り出す仕事ですよね。特に建築でクリエイションするということは、一度作り上げれば、簡単には打ち消せない、影響力のある頑強な場を作るということでもある。でも、そういうのが何にもなかった時代って、一体いつ頃まで遡ればいいんだろうって思うんです。

レアンドロ・エルリッヒ
レアンドロ・エルリッヒ

―エルリッヒさんが今大切にしていらっしゃる「考え続けること」というのも、お父さんから受け継いでいる部分があるのでしょうか。お父さんとのエピソードがあれば聞かせてください。

エルリッヒ:父のスタジオは家の中にあったんです。スタジオの入り口は家の前の道に面していたんだけど、実は家の中からスタジオに入れるドアもあって。それは棚みたいな形だったから、訪ねてきた人はそこに入口があるなんて気づかない(笑)。秘密の抜け道だったんですよね。

子どもの頃は、家に来た友達と、それを使ってかくれんぼをして遊びました。そこに隠れると誰にも見つからなかったんです。一見、「あれ、行き止まりか」ってなるからね。それは僕が父からもらった「遊び心のある装置」というアイデアのかけらだったと思います。空間を活かして、いかにインタラクティブな物語を紡げるかということをそこで学んだ気がします。

レアンドロ・エルリッヒ『妻有の家』(2006年)。地面に寝そべるように作られた家を大きな鏡に映し出した作品(展示終了)撮影:池田晶紀
レアンドロ・エルリッヒ『妻有の家』(2006年)。地面に寝そべるように作られた家を大きな鏡に映し出した作品(展示終了) 撮影:池田晶紀

アートを通じて物事を見ると、すごく自由になれるし、同時に何が起こるのかは予測できない。

―ただその後、なぜエルリッヒさんは建築家ではなくアーティストの道を選んだのでしょう?

エルリッヒ:アートと、それを通じたアクティビティーに、より興味があったからです。人々はアートを通じて、楽しんだり、逆に不快になったりしますよね。そうやってアートは、建築よりもたくさんの人々や物事を巻き込んでいけるように思えたんです。

アートを通じて物事を見ると、すごく自由になれるし、同時に何が起こるのか予測できない。自分自身の亡霊と共に過ごすような体験をするかもしれないし、最終的には、自分自身を表現することになるかもしれない。そういう作品を生んできた先達のアーティストたちを見ると、成功した人も、そうでない人も、その人たちの人生を生きていると感じて、僕もその仲間入りをできたらと思いました。

レアンドロ・エルリッヒ

―エルリッヒさんの作品は、見る側に特定の知識や文化的背景という「垣根」を設けない表現を目指しているようにも思います。この点を自分ではどう捉えていますか?

エルリッヒ:うまく言えないけど、「説明すること」とは違う何かをやりたいんです。だから誰にでも届きやすく、異なる人々、異なる場所でも、子どもからお年寄りまで楽しめる、そういう意味でユニバーサルなものを作ろうとしてきました。

たぶんそのための重要な要素として、人の知覚というものを扱っているんだと思います。僕らは人生のごく初めの頃から、知覚を通じてこの世界を学んでいきますよね。これは人類に広く共通する。だから僕が扱うトピックは、人生 / 生命だとも言えるんです。

―アートで人間の知覚を扱い、人生そのものを表現することの意味とは?

エルリッヒ:僕らをコミュニケートさせてくれるマジカルな感覚は文学や映画にもあるけれど、アートが特別なのは、そこに言語がなくてもいいことじゃないかな。翻訳の必要もないですし。

初めて日本に来たのは、金沢21世紀美術館で『スイミング・プール』を作るためでした。事前に参考にしたくて、たくさんのプールを訪ねて回ったんです。結局、僕が作ったのは典型的な西洋式のプールだったけど、「西洋式」ということは日本の観衆にとって妨げにはならなかったと実感しています。

Page 1
次へ

イベント情報

『「大地の芸術祭」の里 越後妻有2017夏』

2017年8月5日(土)~8月20日(日)
会場:新潟県 越後妻有エリア各所
料金:共通チケット 大人2,000円 小中学生500円

プロフィール

レアンドロ・エルリッヒ

1973年ブエノスアイレス(アルゼンチン)生まれ、モンテビデオ(ウルグアイ)在住。2000年の『ホイットニービエンナーレ』をはじめ、2001年、2005年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』、サンパウロ、リバプール、イスタンブールといった多くの国際展に出展。世代や国境を超えて人々が共有できる体験の場を創造してきた。日本国内では美術館のみならず、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ』『瀬戸内国際芸術祭』などでも作品を発表。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」