特集 PR

Penguin Cafeの音楽から紐解く、国籍やジャンルの「壁」の話

Penguin Cafeの音楽から紐解く、国籍やジャンルの「壁」の話

Penguin Cafe『The Imperfect Sea~デラックス・エディション(+4)』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:山元翔一 衣装:Herr von Eden

1976年にブライアン・イーノのレーベル「Obscure」からデビュー、現代音楽や民族音楽を折衷した音楽性で「環境音楽」の旗手となり、主に1980年代に一世を風靡したサイモン・ジェフス率いるPenguin Cafe Orchestra。1997年にサイモンが若くして他界したのち、その遺志を受け継いで息子のアーサー・ジェフスが2009年にスタートさせたのが、Penguin Cafeである。日本と縁が深かったPenguin Cafe Orchestra同様、Penguin Cafeもこれまでたびたび来日を果たし、くるりが主催する『京都音楽博覧会』への出演や、Corneliusのリミックスなどで彼らの名前を知った若いファンも多いかもしれない。

3年ぶりの新作『The Imperfect Sea』は、ロンドン発のポストクラシカルの名門レーベル「Erased Tapes」からのリリース。これまでは自身のレーベルから作品を発表してきたが、かつて父のバンドが「Obscure」からのリリースで注目を集めたように、彼らの活動がより世界に広まる契機になるかもしれない。アーサーと、The Trojansのメンバーとしても活動するダレン・ベリーに、代々受け継がれる「Penguin Cafe」の哲学を訊いた。

友達で集まってワインを飲んだりしながら音楽をやるのがとにかく楽しくて。そういう「軽やかさ」がPenguin Cafeの核にある。(アーサー)

―アーサーさんは小さい頃から音楽に囲まれて育ったかと思うのですが、本格的に音楽を勉強したのは、20代半ばになってからだったそうですね。

アーサー(Pf):小さい頃にピアノを習ったことはあったんですけど、そのときはベーシックなトレーニングだけでした。あとはずっと独学で家にあった楽器をひたすら触っていたので、言葉を話すように楽器への理解を深めていたとはいえ、プロとして音楽をやっていくことに関しては、ずっと迷いがあったんです。

―その迷いに答えが出たのは、何かきっかけがあったのでしょうか?

アーサー:2005年ごろ、「BBC Two」(英国放送協会・BBCのテレビチャンネル)の企画の北極探検隊に参加したのがきっかけです。実は僕の曾祖母の最初の旦那さんがスコット隊長(ロバート・スコット。南極探検家として知られるイギリスの軍人)で、その企画は当時の探検を体験するというものでした(現在犬ぞりで南極には入れないため、北極を旅した)。

アーサー・ジェフス
アーサー・ジェフス

アーサー:氷しかない世界で数か月間を過ごすという経験を通して、チームの全員がこれからの人生について考え、大きな決意を抱いてイギリスに帰りました。僕はそのときに音楽を勉強することを決意して、大学で作曲の勉強をしたんです。

―北極で思索の時間があったことが大きかったわけですね。

アーサー:ああいった極限状況にいると、「人生とは?」という根源的な問いに向き合って、真理に到達する鍵みたいなものを探そうとするんですよ。僕の場合、「音楽とは?」なんて考えて、その答えを探し求めて学校に行ったけど、結局学んだのは「音楽の真理なんて誰にもわからない」ってこと(笑)。

―アーサーさんとダレンさんはいつから知り合いなんですか?

アーサー:もう10年以上前ですね。ダレンは当時Razorlight(イギリスのロックバンド)でキーボードを弾いていたんですけど、僕がボーカルのジョニー(・ボーレル)のお兄さんと親交があって、彼を通じてダレンを紹介してもらったんです。

ダレン(Violin):僕は僕でジョニーからアーサーのことを聞かされていたんですけど、ジョニーとニール(・コドリング / Suede、Penguin Cafeのメンバー)のスタジオを借りて作業をしていたときに、急にアーサーが入ってきて。アレンジに関して、「ここはこうしたほうがいい」って話しかけてきたんですけど、そのアドバイスがすごくよくて(笑)。だから挨拶もろくにしないまま、仕事を一緒にしていたんです。

ダレン・ベリー
ダレン・ベリー

―じゃあ、Penguin Cafeを始めるにあたってダレンさんがメンバーになったのも、自然な流れだった?

アーサー:そうですね。さらに言うと、Penguin Cafeのメンバーは、ダレンを通じてロンドン北西部のミュージシャンコミュニティーでつながった縁でもあるんです。ニールもそうですし、キャス(・ブラウン / 元Senseless Things、現Gorillaz)やアンディ(・ウォーターワース / 元London Elektricity)もそう。で、アンディを通じて、彼の妹のレベッカとか、クラシック寄りの人たちとも知り合えた。

―音楽性ありきではなく、友人関係ありきのスタートだったと。

ダレン:そう。友達で集まってワインを飲んだりしながら音楽をやるのがとにかく楽しくて。そういう「軽やかさ」みたいな部分がPenguin Cafeの核にあるっていうのは、今も変わらない気がする。音楽はもちろん真剣にやっているんだけど、楽しいからやっているし、その場にいる人が、その場にあるものを使って音楽を奏でるっていうスタンスも昔と一切変わってない。そこがPenguin Cafeの一番大事な精神だと思います。

左から:ダレン・ベリー、アーサー・ジェフス 衣装:Herr von Eden
左から:ダレン・ベリー、アーサー・ジェフス 衣装:Herr von Eden

―Penguin Cafe Orchestraはジャンルで括れるような音楽性ではなかったし、国籍で分類できるような音楽性でもなかったと思うんですね。実際Penguin Cafeを始めるにあたっては、Penguin Cafe Orchestraの音楽をどのように定義して、それをどう自分たちなりに鳴らそうと考えたのでしょうか?

アーサー:自分にとっては、父親の存在を近くに感じられるという意味で、Penguin Cafe Orchestra時代の曲を今も扱えることはとても嬉しく思っています。ただ、Penguin Cafeをやっていく上で、それを言葉で説明するのは本当に難しくて。

Page 1
次へ

リリース情報

Penguin Cafe『The Imperfect Sea〜デラックス・エディション(+4)』
Penguin Cafe
『The Imperfect Sea〜デラックス・エディション(+4)』(CD)

2017年7月20日(水)発売
価格:2,916円(税込)
VITO-127

1. Ricercar
2. Cantorum
3. Control 1
4. Franz Schubert
5. Half Certainty
6. Protection
7. Rescue
8. Now Nothing
9. Wheels Within Wheels
10. Solaris (Cornelius Mix)(ボーナストラック)
11. Bird Watching At Inner Forest (Penguin Cafe Mix)(ボーナストラック)
12. Close Encounter(ボーナストラック)
13. The Track Of The Dull Sun(ボーナストラック)

イベント情報

Penguin Cafe来日公演

2017年10月5日(木)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

2017年10月7日(土)
会場:東京都 錦糸町 すみだトリフォニーホール
ゲスト:
やくしまるえつこ
永井聖一
山口元輝

2017年10月9日(月・祝)
会場:長野県 まつもと市民芸術館 主ホール
ゲスト:
大貫妙子

2017年10月10日(火)
会場:大阪府 梅田CLUB QUATTRO

プロフィール

Penguin Cafe
Penguin Cafe(ぺんぎん かふぇ)

1980年代に一世を風靡したPenguin Cafe Orchestra(PCO)のリーダーのサイモン・ジェフスの息子、アーサー・ジェフスが中心となり結成。PCOは、1976年にブライアン・イーノの「OBSCURE」レーベルよりデビュー。アンビエント、ミニマル、テクノなどの音楽が注目を浴びた80年代に、お洒落な環境音楽 / サブカルチャーの旗手として一世を風靡し、多くの先鋭的アーティストから支持され、フォロワーを生んだ。現在も音楽シーンだけでなく、映画やアート・シーンにも多大な影響を与え続けている伝説的な室内楽団。1997年に若くしてサイモンが他界したことで活動停止を余儀なくされるが、2009年に息子アーサー・ジェフスが父の遺志を引き継ぎ、メンバーも一新させ(GorillazやSuede、The Trojansのメンバーが在籍)、「Penguin Cafe」と改名。2011年に新生Penguin Cafeとしての初のアルバム『A Matter of Life...』を発表し、本格的に始動した。2012年、2014年に来日公演を行い大きな話題となる。2015年、Corneliusによるリミックスを配信リリース。2017年、3作目となるアルバム『The Imperfect Sea』をリリース、10月には3年ぶりの来日ツアーを行う。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)