特集 PR

雨のパレード×映像・島田大介 インスタもVHSもMVに活かす発想

雨のパレード×映像・島田大介 インスタもVHSもMVに活かす発想

雨のパレード『Shoes』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

雨のパレードのニューシングル“Shoes”は、彼らの新たなポップミュージック像を形象化した1曲だ。アナログシンセの音色を活かした80'sフィーリングの富んだサウンドプロダクションに、青春と少年心にフォーカスを当てたリリカルな歌がドラマティックに映えている。また、この曲はバンドにとって初のドラマタイアップとなる『下北沢ダイハード』(テレビ東京系「ドラマ24」)のエンディングテーマとして起用されており、アートワークをフロントマンの福永浩平が自ら手がけていることからも、この1曲に注ぐ強い意気込みを感じさせる。

そして、VHSカメラで撮影された質感が、切なくも美しい郷愁ノスタルジアを誘うミュージックビデオの監督を務めているのは、雨のパレードとは“Change your mind”以来、2度目のタッグとなる島田大介。RADWIMPSやサカナクション、きのこ帝国など数々のアーティストのミュージックビデオをディレクションすると同時に、CMやウェブムービーなどのフィールドでも活躍する気鋭の島田と福永はプライベートでも交流を重ねているという。

島田は“Shoes”をどのように受け止め、映像化したのか。バンドとミュージックビデオにまつわる創造性や醍醐味について、福永と島田に語り合ってもらった。

僕は結構口出すから、映像監督にとっては嫌なタイプだと思います(笑)。(福永)

―お二人の出会いは?

福永:2年前くらいに、恵比寿LIQUIDROOMでやっていたきのこ帝国のライブで初めてお会いして。

島田:そうだね。

福永:それから時々会うようになったんです。

島田:上野の喫茶店でお茶したりね。

左から:福永浩平(雨のパレード)、島田大介
左から:福永浩平(雨のパレード)、島田大介

―実際に“Change your mind”のミュージックビデオ(以下、MV)を島田さんが手がける前ですよね?

福永:そうです。『new place』(2015年7月発売、インディーズ2ndアルバム)をリリースした頃ですね。

―福永くんは直接コミュニケーションを取る前から、島田さんが手がけた数々のMVを見たことがあると思うんですけど、どういう映像作家だと思っていましたか?

福永:島田さんって、オリジナルの「画」があるんですよね。光の感じをひとつ取っても、島田さんらしさがあると思うんです。

―いつかは雨のパレード(以下、雨パレ)のMVをディレクションしてもらいたいと思っていた?

福永:もちろん、ずっと思ってました。雨パレはずっとMitch Nakanoさんという映像作家の方と一緒にMVを作ってきて。僕がMitchさんの家に行って、一緒に編集作業をするのが当たり前みたいな感じでやってきたんですけど、“Change your mind”ができて、この曲のMVは島田さんに撮ってもらいたいと思ったんですよね。

福永:島田さんとの最初の打ち合わせで、Qotori film(島田が代表を務めているクリエイティブプロダクション)の近所の喫茶店に行って、二人でコーヒーを飲みながら話し合って。そこでイメージを共有してからは、ほぼお任せでMVが完成したんです。

―ほぼお任せでMVが着地するのって、雨パレにとっては珍しいんですか?

福永:珍しいですね。僕は結構口出すから、映像監督にとっては嫌なタイプだと思います(笑)。Mitchさんとは、意見がぶつかり合うよさもあって(Mitch Nakanoインタビュー記事)。一方で、島田さんは撮影する段階で画が完璧に決まっていて、無駄なシーンは一切撮らないんですよ。今までは多めに画を撮って、編集で削っていくスタイルだったんですけど。

福永浩平

―無駄な画を撮らないのは、島田さんの作家としての特徴でもあるんですかね?

島田:特徴というか、自分で(カメラを)回すので、撮りたい画をハッキリ決めてから撮影に臨むことがほとんどなんです。でも、MVを作るときに自分がやりたいことだけを押し通すことはなくて。MV撮影は、ほぼアーティストとセッションするためにやっていると言ってもいい。そうじゃないとつまらないんですよ。MVの醍醐味って、他者と作品を作れることだから。

島田大介

―島田さんは実際に仕事をする前、雨パレというバンドの音楽性にどんなイメージを持ってましたか?

島田:最初に雨パレを知ったのは、Instagramだったんです。(大澤)実音穂ちゃん(雨のパレードのドラム担当)がフォローしてくれて、バンドの子なんだと思いながら彼女のInstagramを見たら、写真が全部オシャレで(笑)。それからMVを見て、曲も面白いと思って、興味を持った感じかな。

曲もファッションも統一感があるから、ビジュアルを作る側からしたら、すごくやりやすいバンドなんですよ。そのまんまでかっこいいバンドだから。バンドによっては、スタイリストを提案するところから始めなきゃいけない人たちもいる。RADWIMPSも、今となってはビジュアルのスタイルができあがってるけど、最初は大変でしたよ(笑)。そういう意味では、(福永)浩平くんはバンドをトータルでディレクションできる人なんだろうなと思ってました。そのうえで話しながらいろいろ探らせてもらって。

―どういう探りを入れたんですか?

島田:世代観というのかな? 最近のバンドのMVって、一昔前とはアプローチが違う面が多々あると思うんですよね。だから、今の人の感覚を知りたいという話をした記憶があります。

Page 1
次へ

リリース情報

雨のパレード『Shoes』初回限定盤
雨のパレード
『Shoes』初回限定盤(CD+DVD)

2017年8月23日(水)発売
価格:2,160円(税込)
VIZL-1215

[CD]
1. Shoes
2. Thunderbird
3. Voice
4. Hollow
[DVD]
『Live at TOKYO-AKASAKA BLITZ 2017.4.14』
1. stage
2. Count me out
3. Hey Boy,
4. Epoch
5. 1969
6. new place
7. speech
8. free
9. breaking dawn
10. feel
11. Tokyo
12. Change your mind
13. You
14. -encore- Take my hand
15. -encore- Petrichor
※プレイパス対応

リリース情報

雨のパレード『Shoes』通常盤
雨のパレード
『Shoes』通常盤(CD)

2017年8月23日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37308

1. Shoes
2. Thunderbird
3. Voice
4. Hollow
※プレイパス対応

イベント情報

『Untraveled』

2017年9月9日(土)
会場:宮城県 仙台 darwin

2017年9月13日(水)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land

2017年9月19日(火)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2017年9月21日(木)
会場:大阪府 BIGCAT

2017年9月22日(金)
会場:石川県 金沢 AZ

2017年9月24日(日)
会場:東京都 新木場 STUDIO COAST

2017年9月28日(木)
会場:北海道 札幌 Sound Lab mole

2017年10月21日(土)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

プロフィール

雨のパレード
雨のパレード(あめのぱれーど)

福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt,Syn)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)。2013 年に結成。ポストダブステップ、80'sPOP、インディR&B、エレクトロハウス、アンビエント、TRAPなど様々なジャンルを超えたその音楽性はもちろん、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態に拘らないサウンドメイクで大きな注目を集めている。2016年3月2日1stフルアルバム『New generation』でメジャーデビューし、7月20日にリリースしたメジャー1stシングル『You』はSSTVのヘビーローテーション「POWER PUSH!」をはじめ、各地のラジオ局でも続々とローテーションを獲得、リリース後に行われた渋谷クアトロワンマンを含む東名阪ツアーは全公演チケット即日ソールドアウト。12月21日には2ndシングル『stage』(TBS系テレビ「CDTV」のエンディングテーマ)をリリースした。2017年3月からはアルバムと同タイトルの全国ツアー『Change your pops』が大盛況に終了。

島田大介(しまだ だいすけ)

映像作家 / 写真家 / アートディレクター。株式会社コトリフィルム代表Perfume、サカナクション、RADWIMPSなどのミュージッククリップ、ユニクロ、TOYOTA、PARCOなどのコマーシャルフィルム、ファッションブランド等の映像演出、CDジャケットなどのアートディレクションなど活動は多岐にわたる。カンヌLionsシルバー、ADFEST ブロンズ、BOVAグランプリ受賞。2013年小松菜奈主演短編映画『ただいま。』(TAMA CINEMA FORUM出品)初監督。2014年800万再生記録したSUNTRY CCLEMON「忍者女子高生」webmovie制作。写真家としては装苑などファッション誌、LOOKBOOKの他、ミュージシャンCDJK、Charaパーソナルブック等制作。2014年、渋谷SUNDAYISSUEにて写真展Mathilde開催、写真集発売。

関連チケット情報

2017年9月22日(金)
雨のパレード
会場:金沢AZ(石川県)
2017年9月24日(日)
雨のパレード
会場:STUDIO COAST(東京都)
2017年9月28日(木)
雨のパレード
会場:mole(北海道)
2017年10月21日(土)
雨のパレード
会場:鹿児島CAPARVOホール(鹿児島県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)