特集 PR

黒沢清×前川知大 映画と演劇『散歩する侵略者』の演出手法を語る

黒沢清×前川知大 映画と演劇『散歩する侵略者』の演出手法を語る

『散歩する侵略者』
インタビュー・テキスト
大堀久美子
撮影:江森康之 編集:宮原朋之

映画監督・黒沢清と劇作家・演出家の前川知大。手掛けた数々の作品で様々な「死」や「恐怖」を描いてきたクリエイター二人の協働が、今回映画の世界でついに実現する。黒沢監督が見出したのは、前川の劇団イキウメで2005年に初演され、小説にもなった代表作『散歩する侵略者』だった。

映画化に当たっては、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己らの実力派俳優が集結。「自由」や「家族」、「愛」などの人間特有の概念を理解するため相手から奪い、侵略を進める宇宙人と人類の攻防を描く。映画の完成を機に、メディアを越えて同調する二人が交わしたのは、映画と演劇それぞれの魅力と「死」を表現することの意味だった。語り合うほどに深まる対話をお届けする。

映画の具体性にはかないませんが、そのぶん演劇は見えているもの以上の奥行きを観客に想像させるように演出します。(前川)

―黒沢監督は、はじめ『散歩する侵略者』を小説版(2007年)で知ったそうですね。

黒沢:ええ、人から勧められて読んだんです。当時は前川さんはもちろん、イキウメのことも全く知りませんでした。読みはじめたらグイグイ引き込まれて、途中から頭のどこかで「映画になりそうだ」と思いはじめていたんです。実際、実現するまでには10年近い時間がかかりましたけど。

黒沢清
黒沢清

前川:『散歩する侵略者』は僕にとって初めての小説でした。イキウメの旗揚げから4年、『散歩する侵略者』の初演から2年で執筆の機会を得たのは恵まれています。

戯曲を書いた直後は「面白いアイデアを出せたな」くらいの気持ちでいたんですが、俳優や関わってくれたスタッフ、観客からも良い反応がもらえて、だんだんと特別な作品なんだと気づかされた感じです。自作のなかでも一番再演を重ねていますし。

前川知大
前川知大

前川知大『散歩する侵略者』(角川文庫)
前川知大『散歩する侵略者』(角川文庫) (Amazonで見る

黒沢:僕は2011年の再々演で舞台を拝見して、そのとき稽古場にもお邪魔させていただいたんですよね。

前川:『散歩する侵略者』の戯曲の出版にあたって、巻末の対談に監督が応じてくださったんです。そのとき、稽古場の最初の本読みにも立ち会ってもらいました。2011年の3月の震災直後、スタッフ全員がまだ集まれない中、イキウメと監督だけという不思議な稽古場で、感想をいただきました。俳優たちが「なぜ、ここに黒沢監督が?」って、挙動不審になっていたのが面白かったです(笑)。

イキウメ『散歩する侵略者』(2011年)メインビジュアル
イキウメ『散歩する侵略者』(2011年)メインビジュアル

前川:僕がはじめて観た黒沢監督の映画は『CURE』(1997年)で、その後、上京してから『カリスマ』(1999年)、『回路』(2000年)、『アカルイミライ』(2002年)などを立て続けに観て衝撃を受けました。

黒沢作品はほかの映画とは全然雰囲気が違ったんですよね。正直最初は「ワケわかんないものを観てしまった……」という感じでしたが(笑)、それくらい強烈に自分のなかに残っていた。大学に入って自主映画の脚本を書きはじめた時期に、黒沢作品からすごく影響を受けているなと、あとから気づいたんです。

黒沢:僕は映画以外は演劇も文学も不勉強な人間ですし、そもそも映画の歴史は100年かそこらですよね。有史以前から続く演劇に比べたら、インチキみたいなものだと思ってます(笑)。

―黒沢さんが『散歩する侵略者』が映画になりそうだと思ったのは、どうしてですか?

黒沢:言葉にするのは難しいんですが……登場人物の人数や場面の数など、演劇の場合は絞り込んで考えられていますよね? 日本の映画も状況は近いので、そんな低コストの構造が僕に映画化を見通させたのかもしれません。

『散歩する侵略者』場面写真 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会
『散歩する侵略者』場面写真 ©2017『散歩する侵略者』製作委員会

―確かに日頃からコンパクトな規模で創作していることは、演劇の武器と言えるかもしれません。

前川:でも、『散歩する侵略者』を含めた劇団初期の作品は、僕がまだ「演劇のルール」をよくわかっていなかったので、人の出入りや場面数がいまよりずっと多いんです。それは、映画で学んだシーン構成の感覚で書いていたからだと思います。

左から:前川知大、黒沢清

黒沢:それは読んでいてもわかりました。ひとりの主人公で話が進むのではなくて、舞台となる街の複数の場所で同時に別の物語が進行していく構造は確かに映像にしやすかったです。映画はどんなに会話が面白くても、2~3分で絵が変わらないと観る人が退屈してくるんですよ。2時間の映画を成立させるには、僕の感覚では80~90シーンは必要。それは演劇だと多すぎますよね?

前川:ええ、そこまでの場面数はまずありませんね。多いとは言え、映画のように次々シーンを変えることはできないから、ある程度は抽象化しています。映画の具体性にはかないませんが、そのぶん演劇は見えているもの以上の奥行きを観客に想像させるように演出します。

生身の俳優が目の前にいるというのも強みで、演劇ならではの説得力を生みますね。映画の場合、どんなヨリのカットでも距離があるというか、遠くにあって、人を巻き込みきれない感じがします。

前川知大

黒沢:そうかも知れませんね。逆に僕は演劇を観ながら、俳優と目が合うんじゃないかっていう緊張感に苛まれ、オドオドしてしまうんです(苦笑)。俳優側にはそんな意識はないんだろうけれど。

Page 1
次へ

作品情報

映画『散歩する侵略者』

2017年9月9日(土)から全国公開
監督:黒沢清
脚本:田中幸子、黒沢清
原作:前川知大『散歩する侵略者』(角川文庫)
出演:
長澤まさみ
松田龍平
高杉真宙
恒松祐里
長谷川博己
前田敦子
満島真之介
児嶋一哉
光石研
東出昌大
小泉今日子
笹野高史
ほか
配給:松竹、日活

書籍情報

『散歩する侵略者』文庫版<
『散歩する侵略者』文庫版

2017年7月25日(火)発売
著者:前川知大
価格:605円(税込)

発行:角川文庫

公演情報

イキウメ『散歩する侵略者』

作・演出:前川知大
出演:
浜田信也
安井順平
盛隆二
森下創
大窪人衛
内田慈
松岡依都美
栩原楽人
天野はな
板垣雄亮

東京公演
2017年10月27日(金)~11月19日(日)
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム

大阪公演
2017年11月23日(木・祝)~11月26日(日)
会場:大阪府 ABCホール

福岡公演
2017年12月3日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

『シアターコクーン・オンレパートリー2017「プレイヤー」』

作:前川知大
演出:長塚圭史
出演:
藤原竜也
仲村トオル
成海璃子
シルビア・グラブ
峯村リエ
高橋努
安井順平
村川絵梨
長井短
本折最強さとし
木場勝己
真飛聖
ほか

2017年8月4日(金)~8月27日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン

大阪公演
2017年8月31日(木)~9月5日(火)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

静岡公演
2017年9月9日(土)、9月10日(日)
会場:静岡県 静岡市民文化会館 中ホール

プロフィール

黒沢清(くろさわ きよし)

1955年生まれ、兵庫県出身。大学時代から8ミリ映画を撮りはじめ、1983年、『神田川淫乱戦争』で商業映画デビュー。その後、『CURE』(1997年)で世界的な注目を集め、『ニンゲン合格』(1998年)、『大いなる幻影』(1999年)、『カリスマ』(1999年)と話題作が続き、『回路』(2000年)では、第54回カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞。以降も、第56回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された『アカルイミライ』(2002年)、『ドッペルゲンガー』(2002年)、『LOFT ロフト』(2005)、第64回ヴェネチア国際映画祭に正式出品された『叫』(2006年)など国内外から高い評価を受ける。また、『トウキョウソナタ』(2008年)では、第61回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞と第3回アジア・フィルム・アワード作品賞を受賞。テレビドラマ「贖罪」(11/WOWOW)では、第69回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門にテレビドラマとして異例の出品を果たしたほか、多くの国際映画祭で上映された。近年の作品に、『リアル~完全なる首長竜の日~』(2012年)、第8回ローマ映画祭最優秀監督賞を受賞した『Seventh Code』(2013年)、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞、第33回川喜多賞を受賞した『岸辺の旅』(2014年)、第66回ベルリン国際映画祭に正式出品された『クリーピー 偽りの隣人』(2015年)、オールフランスロケ、外国人キャスト、全編フランス語による海外初進出作品『ダゲレオタイプの女』(2016年)がある。

前川知大(まえかわ ともひろ)

劇作家・演出家。1974年生まれ、新潟県出身。「イキウメ」を拠点に、脚本と演出を手掛ける。『散歩する侵略者』、『天の敵』、『太陽』、『関数ドミノ』、『プレイヤー』、『片鱗』、『獣の柱』、短篇集『図書館的人生』など、SFやホラー作品を発表。日常に潜む異界を、超常的な世界観で描く。2013年より「カタルシツ」を開始。ドストエフスキーの小説を、抱腹絶倒のひとり芝居に換骨奪胎した『地下室の手記』(2013年、2015年)や、江戸落語(柳家三三)とSF演劇(イキウメ)のコラボレーション『生きてる時間』(2017年)など、劇団の実験室として活動の両輪にしている。ほか、四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者-若き仏師の物語-』(14)、『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』(2009年)、『現代能楽集Ⅵ 奇ッ怪 其ノ弍』(2011年)、『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』(2016年)の脚本・演出、『太陽2068』(14/蜷川幸雄 演出)への脚本提供など。読売演劇大賞(大賞、最優秀演出家賞、作品賞)、芸術選奨新人賞、紀伊國屋演劇賞(個人賞)、読売文学賞(戯曲・シナリオ賞)、鶴屋南北戯曲賞などの演劇賞を受賞。演劇以外ではコミック『リヴィングストン』(片岡人生 漫画)、絵本『くらいところからやってくる』(小林系 絵)の原作、小説『太陽』。『散歩する侵略者』は2007年に、前川自身の手により小説化され、今年7月文庫化(角川文庫)。

イキウメ

作・演出の前川知大が主宰。「普段の生活の中で、不思議だな、と思うことのからくりや答えを、演劇でデッチ上げてみよう」と、2003年に結成。俳優は浜田信也、安井順平、盛隆二、森下創、大窪人衛。SFやホラーなどのジャンルものを舞台表現として取り扱う。『散歩する侵略者』(05、07、11、17)は、「見立てと時間軸の編集」という演劇の醍醐味を満載した、イキウメのエポックメーキングな作品。劇団が歩んでいく節目に改訂を重ね、上演されている。2008年『表と裏と、その向こう』で、第16回読売演劇大賞優秀作品賞。2012年『ミッション』『The Library of Life まとめ*図書館的人生(上)』で、浜田信也が第47回紀伊國屋演劇賞個人賞。2013年『地下室の手記』で安井順平が第21回読売演劇大賞優秀男優賞、前川が優秀演出家賞、優秀作品賞を『片鱗』が受賞する。2016年『太陽』が入江悠監督により映画化(原作・共同脚本 前川知大)されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

キセル“富士と夕闇”

キセルを聴くと、特別なものは本当に言葉にするのが難しいなと思う。3年ぶりのアルバムより、“富士と夕闇”のMV。日常を切り取っているはずなのにサイケデリックで、二人と一匹を映しているようで景色ばかりが目に入る映像の不思議が、妙にキセルにはまっている。監督はVIDEOTAPEMUSIC。浮遊感ある音も相まって、忙しない現実も融解するよう。(山元)

  1. 宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定 1

    宇多田ヒカルの新曲“あなた”PV公開 来年に新アルバム&ライブツアー予定

  2. Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退 2

    Charisma.comが無期限活動休止へ DJゴンチは脱退&アーティスト活動引退

  3. 小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ 3

    小沢健二&満島ひかりが屋形船で“ラブリー” Apple Musicの新コンテンツ

  4. 『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加 4

    『デザインあ展』が5年ぶり開催 中村勇吾、小山田圭吾も参加

  5. 香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開 5

    香取慎吾&草彅剛&稲垣吾郎の映画『クソ野郎と美しき世界』ビジュアル公開

  6. Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ 6

    Perfume支えるテクノロジーに迫るNHK特番 案内人に真鍋大度&ムロツヨシ

  7. 磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言 7

    磯部涼『ルポ 川崎』 ラップからヤクザ、差別問題まで取材、BAD HOPも証言

  8. 『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開 8

    『全員死刑』小林勇貴監督がケータイで撮影 映画『ヘドローバ』公開

  9. アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」 9

    アニソン、舐めたらアカン。ミト×OxTによる「アニソン座談会」

  10. 『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場 10

    『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場