特集 PR

Charisma.comはOL引退からどう変化した? 世の女性に物申す

Charisma.comはOL引退からどう変化した? 世の女性に物申す

ルミネ池袋『MIDNIGHT REBOOT』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽、川浦慧
2017/09/14
  • 391
  • 27

日々の社会生活や人間関係から浮かび上がる批評精神をリリックにし、軽快なトラックに乗せて音楽にしてきたMCいつかとDJゴンチによるCharisma.com(カリスマドットコム)。活動初期にはアーティストとOLの二重生活が話題となり、上司や同世代女子への毒のある視線で人気を集めた彼女たちだが、昨年11月に突如「OL引退」を発表。その作品世界は、物事の本質を突こうとするアティチュードはそのままに、対象を身近な世界からより普遍的な領域へと進化させている。

そんな彼女たちが、このたび「MIDNIGHT REBOOT」をテーマに掲げたルミネ池袋の秋冬キャンペーンに、楽曲“Hello 2”を提供。真夜中の店舗や繁華街を舞台に、キャンペーンのMVやポスターの撮影を敢行した。

当たり障りのない生活や表現が求められる時代に、周囲との軋轢を恐れず自身の本音を発信する彼女たちの原点、そして現在とは? 撮影現場から見えた意外な素顔とともに、切れ味鋭い現代の女性への眼差しをお届けする。

女性が打算的になって頭を使っているつもりになっているときこそ、一番馬鹿なことをしていると思います。(いつか)

—Charisma.comの最近の一大ニュースといえば、昨年発表した突然の「OL引退」宣言がありました。これまで「OL」というキャラクターとともに語られることの多かったお二人ですが、宣言以後、ご自身のアイデンティティーに変化はありましたか?

いつか:周りからの見られ方は自分ではわからないんですけど、書く歌詞の内容は変わってきました。それまでは、仕事で感じたことを歌詞にすることが多かったけど、いまは同世代全般、とくに女性に対して広く感じるものを書くことが増えてきた。そこに自分の言いたいことがあるんだなと。

Charisma.com 左から:いつか(MC)、ゴンチ(DJ)
Charisma.com 左から:いつか(MC)、ゴンチ(DJ)

—従来の楽曲には女性上司への不満を歌った“お局ロック”など、具体的な状況を描くものも多かったですが、オフィスから飛び出すことでその対象が広がってきた?

いつか:そうですね。あまり限定的なシチュエーションは描かなくなって、聴く人によってさまざまな読み解き方ができる作り方になったというか。もっと抽象的に言葉を散りばめて、「気づいてください」という書き方になりました。

いつか

—あらためてなのですが、お二人のOL生活はどんなものだったんですか?

いつか:朝出社して、定時で帰って、家族とテレビ見て、寝る……、ごく普通でしたよ。カリスマの活動を始めてからは、人がアフターファイブで飲みに行く時間に、打ち合わせやライブをしていたけど、そもそも私たちはお酒を飲まないのであまり夜遊びもしない方。生活に不満を感じて音楽を始めたというより、単に目立ちたがり屋だったからという感じです(笑)。

ゴンチ:私もOL生活に不満はなかったですね。でも、ライブをするのは普段の仕事とまったく違う世界なので、純粋に面白くて。多くの人といろんなことを共有できるのが嬉しくて活動しています。

ゴンチ

いつか:でも、活動するなかで、前からあった反骨精神にだんだん火がついちゃって。

—それで、身近な世界に、歌詞にすべきものがあると感じた?

いつか:それが一番、本当のことが書ける気がしたんですね。自分で書いた感覚があって。

—ただ、いつかさんって、お話をするとすごくフランクで、根から明るいタイプに思えるのですが、周囲のどんな部分に反骨精神が湧いて、歌詞が生まれるんですか?

いつか:私の歌詞は大体、身近な人間への「違和感」から始まるんです。友達でも誰でも、違和感を感じたら相手に直接「それはこうじゃない?」と話すんですけど、そういう人に限って話を聞いてくれなくて。そこで溜まる「あまり伝わらなかった」というモヤモヤを書いていることが多い。

普段のコミュニケーションで消化しきれなかったものの先に歌があるんです。そうやって見ると、いい材料が周りにたくさんあるなと(笑)。

—さきほど、「女性に言いたいことがある」というお話もありましたが、とりわけ女性から、そうした消化しきれないモヤモヤを感じることが多いのでしょうか?

いつか:女性を対象にするのは、自分が女性だからでもありますが、それにしても女の人って頭がいいのに欲に駆られやすくて、そこに陥ったとき、とても愚かになると思うんです。

たとえば「結婚問題」。本当に幸せになろうと思ったら、何も求めるものはないはずなのに、ある結婚のかたちにこだわる。プロポーズされて、指輪を買ってもらって、結婚式を挙げて……と、でもそれはパフォーマンスじゃないですか。そんなかたちにこだわるからうまくいかないと、なぜ気づかないんだろうって。

いつか

—選ぶ側でいる方が自由なのに、入り口が「~されたい」という欲になっていると?

いつか:そうですね。私の友人にもそういう人がいて、「それじゃ、だめじゃん」と言うと本人も理解するけど、その手前の欲に駆られちゃう。結婚したいなら、自分でプロポーズもすればいいし、「養うよ」くらい言えばいいのに。

女性が打算的になって頭を使っているつもりになっているときこそ、一番馬鹿なことをしていると思います。そこにすごく異議があるし、受け身じゃなくもっと自分のために何かをやったらいいと思うんです。

Page 1
次へ

キャンペーン情報

Charisma.com×ルミネ池袋 2017秋冬キャンペーン『MIDNIGHT REBOOT』
Charisma.com×ルミネ池袋 2017秋冬キャンペーン
『MIDNIGHT REBOOT』

期間:2017年9月14日(木)~10月15日(日)

リリース情報

Charisma.com『Hello 2』
Charisma.com
『Hello 2』

2017年9月14日(木)に配信リリース

1. Hello 2
2. Hello 2(Soleil Soleil remix)

ライブ情報

『イナズマロックフェス 2016リターンズ』
2017年9月15日(金)
会場:滋賀県 草津市 烏丸半島芝生広場

Malaysia×JAPAN
『Friendship Concert 2017』

2017年9月23日(土)
会場:マレーシア SUNWAY LAGOON THEME PARK

Charisma.com企画
『BRADIO らぶ』

2017年9月26日(火)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

プロフィール

Charisma.com
Charisma.com(かりすまどっとこむ)

2011年に結成。MCいつかとDJゴンチによる女性二人組ラップユニット。You Tubeに投稿した動画が話題を呼び、2013年、ミニアルバム「アイアイシンドローム」にて現役OLラップユニットとしてデビュー。ポップなビジュアルからは想像できない、MCいつかのスキルフルなラップフロウは、日常生活で生じるストレスを毒っ気溢れるリリックで描き、インパクトあるサウンドは、ジャンルを超えて好評を博す。2015年、満を持してWarner Music Japan/Atlantic Japanよりメジャーデビューし、「OLest」(2015)、「愛泥C」(2016)の2枚のミニアルバムをリリース。2016年11月にOLを引退。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真