特集 PR

藤井隆に訊く、SNSで話題を呼んだ90年代のCM風プロモ動画の裏側

藤井隆に訊く、SNSで話題を呼んだ90年代のCM風プロモ動画の裏側

藤井隆『light showers』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:永峰拓也 編集:山元翔一

藤井隆がおよそ2年ぶりのアルバム『light showers』をリリースした。冨田謙をプロデューサーに迎え、「1990年代の音楽」というテーマのもと、西寺郷太や堂島孝平、EPO、澤部渡(スカート)ら豪華作家陣が楽曲を提供し、そこに冨田が現在進行形のダンスビートを融合させることによって、懐かしくも新鮮なサウンドスケープを作り上げている。もちろん、独特のバリトンボイスを持つ藤井のボーカルも健在だ。

さらに驚いたのは、アルバム発売に先駆け公開されたティザー映像のクオリティーの高さ。アルバムの全収録曲に、15秒の映像をつけた架空のCM集は、隅々までこだわり抜かれている。今回、アートディレクションは藤井自身が担当し、前作に引き続き高村佳典は彼のサポート役に徹したという。二人のやりとりはどのように行われ、今作の不思議なアートワークやマニアックなティザー映像が作られていったのだろうか。対談の行方は、藤井がアートディレクションを務めたという話題を発端に、自身の今までと現在の心境の変化にまで話は及んだ。

高村さんにお声がけしたときには、アルバム収録曲それぞれのCMのイメージもすでにあったんです。(藤井)

―アルバムのリリースに先駆けて公開されたティザー映像がめちゃくちゃ凝っていて驚きました。あのアイデアの出発点はどこにあったのですか?

藤井:去年の11月、僕が主宰するレーベルのイベントで「アルバムを作ろうと思います」と発表させてもらったときには、すでに漠然としたイメージがありました。でも、本当は何がしたかったのかというと、CDのプラケースに、タイアップした企業のロゴがズラッと並んだステッカーを貼りたかったんです。

一同:(笑)

藤井隆
藤井隆

藤井:『Coffee Bar Cowboy』(2015年)を作ったときは、共同プロデューサーのひとりだった西寺郷太さん(NONA REEVES)に「棺桶に入れるつもりで好きなことをやってください」と言っていただいて、ある意味やりきった感があったんです。

でも、やりきったと言いつつ、そのあとの怒涛の全国ツアーが楽しくて、「いつか機会があれば、またアルバムを作りたいなあ」と思うようになって。やるなら「90年代の音楽」をテーマにしたいというアイデアも、そのときには何となくあったんです。それに、音楽面とは別に、「高村さんともまた何かやりたい」という気持ちもあって。アルバムの制作を発表したのは、そういうイメージの点と点がまだ線でつながらない段階だったんですよ。

―今作の共同プロデューサーは、前作に引き続き冨田謙さんです。

藤井:アルバムの話が具体的になっていくなかで、「一緒にやるなら冨田さんしかいない」と思いました。冨田さんに断られたら作るのをやめようと思っていたくらいで。実際にお会いしてアルバムのイメージをお話ししたら、「それって90年代の感じじゃない?」と冨田さんにも言っていただいて、そこで自分のなかでフォーカスがギュッと絞られましたね。

藤井隆

―藤井さんが、90年代の音楽に思い入れがあるのはなぜなのでしょう。

藤井:その頃に一番音楽を聴いたんですよ。1992年に芸人としてデビューして、1995年に東京へ進出する頃には、学生だった80年代と違ってお金を気にすることなくCDが買えるようになっていたので、新幹線での移動中など、とにかくたくさん聴いていました。それに90年代は、音楽番組もたくさんあったし、深夜のテレビCMで新しい音楽を知ることも多かったんですよね。

―それこそ90年代は、CMタイアップがついてシングル曲が爆発的にヒットするっていう時代でしたよね。

藤井:そうですね。浜崎あゆみさんや安室奈美恵さんの当時のアルバムって、ほとんどの収録曲にタイアップがついてたから、ジャケットが隠れちゃうくらい大きなステッカーが貼ってあって。まずは映像が頭に思い浮かぶことが多いので、高村さんにお声がけしたときには、アルバム収録曲それぞれのCMのイメージもすでにあったんです。

高村:そこから曲ごとに、これはどんな企業のどんな製品で、CMはどんな感じにするのか、どんな映像のイメージかっていうのを箇条書きでいただいて。その時点で「今年は冬までアツイ」「ボクに近づくな。音楽に近づけ。」っていうコピーも全部決まっていたんです(笑)。

それを叩き台に、今度は僕がロゴを作って、絵コンテを描いて、現実的な撮影プランに落とし込んで、例えば90年代だけど、ノスタルジーに走ることが目的ではないから、画角を4:3にはするけど、画質はあえて今風のままにしましょう、みたいなディテールも、何度かやりとりしていくうちに固まっていきました。

左から:藤井隆、高村佳典
左から:藤井隆、高村佳典

―楽曲が出揃った段階で、架空のCM集にするというアイデアが浮かんだというよりも、楽曲やアルバムよりも先行してこのティザー映像のイメージがあったんですね(笑)。そもそも、CMを作りたかったっていうところも大きいのかなと思いました。

藤井:子どもの頃からCMディレクターに憧れていましたので。今回は架空のタイアップだったので言いたいセリフや撮りたい場面など詰め込めました。実際のCMの制作現場もすごく好きなので、10本の撮影もスケジュールは大変でしたが楽しかったです。

Page 1
次へ

リリース情報

藤井隆『light showers』
藤井隆
『light showers』(CD)

2017年9月13日(水)発売
価格:3,000円(税込)
YRCN-95284

1. Going back to myself ~再生のリズム~
2. mode in the end
3. Dark Night
4. AIR LOVER
5. 守ってみたい
6. くちばしは黄色
7. 踊りたい
8. カサノバとエンジェル
9. ドライバー
10. プラスティック・スター

プロフィール

藤井隆
藤井隆(ふじい たかし)

1972年3月10日生まれ、大阪府出身のお笑いタレント / 歌手 / 俳優。92年吉本新喜劇デビューし数多くのバラエティ番組に出演し人気を博す。2000年に「ナンダカンダ」で歌手デビューし、同年の紅白歌合戦に出場。近年では自身主宰の音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」を設立し、11年ぶりとなるオリジナルアルバム『Coffee Bar Cowboy』や2015年にはベストアルバム『ザ・ベスト・オブ 藤井隆 AUDIO VISUAL』をリリースするなど音楽シーンでも活躍。俳優としてNHK大河ドラマ「真田丸」(佐助役)、TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演するなど様々なジャンルで才能を発揮する。

高村佳典(たかむら よしのり)

1982年生まれ。アートディレクター / グラフィックデザイナー / 映像作家。京都造形芸術大学環境デザイン学科卒。家具デザイナー・藤田昌喜ともに「CRAFTIVE」としても活動を行う。MAGICALGANG、I HATE MONDAYSが所属するインディーズレーベル「Oystar Productions」も主宰する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を