特集 PR

藤巻亮太が語る、心境変化。5年間のソロ活動を経て見えたこと

藤巻亮太が語る、心境変化。5年間のソロ活動を経て見えたこと

藤巻亮太『北極星』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:中村ナリコ 編集:矢島由佳子、久野剛士

前作『日日是好日』から約1年半というスパンでリリースされた藤巻亮太のニューアルバム『北極星』。2012年2月にソロ活動をスタートし、レミオロメンでは表現できなかった初期衝動を詰め込んだ1stアルバム『オオカミ青年』をリリースして以降、その時々の心情とリンクさせた音楽を生み出してきた彼は、本作において、これまで以上にフラットな地点から、シンガーソングライターとしてのポテンシャルの高さを世に示しているように思える。SOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビや小林武史、さらにレミオロメンのメンバーである前田啓介、神宮司治など、藤巻とゆかりのある人々がクレジットに名を連ねている本作は、彼自身にとって、どんな一枚となったのだろうか。

そして、これまで以上にラブソングが多いようにも思える本作で、彼がエモーショナルに歌い上げる「愛」の行きつく先とは、果たしてどこなのか。藤巻亮太に、ソロとしての道程と、その果てに辿り着いた現在について、率直に尋ねた。

20代でレミオロメンをやって、早くにブレイクさせていただいたおかげで、多くの人が20代で経験するような苦労をすっ飛ばしていたんですよ。

—ソロとしては3枚目となるアルバム『北極星』が完成しました。前作『日日是好日』が約3年半かかったのに対して、今回は約1年半ぶりと、かなり早いペースでのリリースですね。

藤巻:1枚目の『オオカミ青年』と2枚目の『日日是好日』のあいだの3年半は、一番悩みが深かったんだと思います。それに比べると今回は、割と自然に作ることができたんですけど、それはなぜかというと、創作には「背景」が必要じゃないですか。「こういう反動があったんです」とか「こういう開き直りで作りました」とか。

—『オオカミ青年』と『日日是好日』は、その通りでしたね(インタビュー記事:藤巻亮太が語る、レミオロメンの曲もソロで歌うことを決めた思い)。

藤巻:でも、今回のアルバムは「生きていくことがそのまま歌になっていく」という感じで作れたんです。だから、背景など抜きに「これが僕のソロアルバムです」って胸を張って言えるような作品ができたと思います。

藤巻亮太
藤巻亮太

—なぜ今回、背景なしでアルバムを作れたのでしょう?

藤巻:音楽というのは、テクニックで作るものじゃないと思うんです。そうではなくて、「溢れてくる」のか、「出会う」のかわからないですけど、自然に出てくるものが僕の場合は一番よくて。それをキャッチできる状態にようやくなれたんですよね。いま、この時間を生きていることと音楽を作ることが、すごくシンクロしているというか。だから、結構自然と音楽が湧いてきます。

—つまり、ソングライターとしてこの1年ぐらいはいい状態にあったということですか?

藤巻:それまで囚われていたものがなくなってきたというか。ソロになってよかったのは、いろんな意味で、勉強できたことだと思うんです。

20代でレミオロメンをやって、早くにブレイクさせていただいて。それはすごく幸運なことですけど、多くの人に助けてもらっていたところがあるし、そのおかげで自分は、多くの人が20代で経験するような苦労をすっ飛ばしていたんですよ。だから、多くの人が20代でぶち当たるようなことを、30代になって経験しているようなところがあって。

—なるほど。

藤巻:30代でソロ活動をして感じたのは、「自分がいい方向に変わっていくことで、周りの人や物事も変わっていくんだな」ということ。自分が変われば、話すことも行動も変わるし、それによって少しずつ状況も変わったりとかして。やっぱり自分がちゃんと変わっていかなきゃいけない。いま目の前にある扉の鍵穴に対して、自分がその「マスターキー」になっていく必要があると思うんです。

藤巻亮太

—その思いから生まれたのが、今回のアルバムに収録されている“マスターキー”なんですね。

藤巻:そう。扉を開けることができるのは、やっぱり自分自身なんですよね。その鍵がどこか別の場所にあるわけではなく、自分をトランスフォームさせて、その扉を開けていけばいい。それは自分にとっての新しい「自由の概念」というか、「そういう自由もあるんだな」と思って。そう考えると、生き方がすごく楽になりました。

—まさに変化ですね。

藤巻:レミオロメンのときはなかなか考えられなかったけど、ソロになってそう思えることが、自分にとってはすごくためになっている気がします。だから、ソロ活動は僕にとって「修行」みたいなところがありますね。

—「修行」ですか?

藤巻:はい。その中で見えた景色や気づけたことが、1個1個自分の血肉になっているんです。

—なるほど。ただ、今回のアルバムを聴いてまず思ったのは、やっぱり藤巻さんはいい曲を書くし、いい歌を歌うという、すごく単純なところです。先ほど藤巻さんが仰った「アルバムが生まれる背景」の話ではないけど、そうした文脈や物語がなくても楽しめる。

藤巻:シンプルな部分でちゃんと勝負できるというか、ストレートなところで成立しているアルバムなのかもしれないですね。音楽というのは、ある意味で無根拠なもの。それを説明しなきゃいけないと思ってやっているのも、ひとつの囚われだし、思い込みなんでしょうね。

Page 1
次へ

リリース情報

藤巻亮太『北極星』初回限定盤
藤巻亮太
『北極星』初回限定盤(CD)

2017年9月20日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VICL-64845

1. 優しい星
2. Blue Jet
3. Have a nice day
4. another story
5. マスターキー
6. 波音
7. go my way
8. 紙飛行機
9. 北極星
10. 愛を
11. Life is Wonderful
12. LIFE
13. 3月9日

藤巻亮太『北極星』通常盤
藤巻亮太
『北極星』通常盤(CD)

2017年9月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64846

1. 優しい星
2. Blue Jet
3. Have a nice day
4. another story
5. マスターキー
6. 波音
7. go my way
8. 紙飛行機
9. 北極星
10. 愛を
11. Life is Wonderful
12. LIFE
13. 3月9日

イベント情報

『藤巻亮太 Polestar Tour 2017』

2017年10月22日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2017年10月23日(月)
会場:愛知県 BOTTOM LINE

2017年10月27日(金)
会場:宮城県 darwin

2017年10月28日(土)
会場:新潟県 新潟市秋葉区文化会館

2017年11月5日(日)
会場:広島県 BLUE LIVE 広島

2017年11月6日(月)
会場:鹿児島県 姶良市文化会館 加音ホール

2017年11月8日(水)
会場:福岡県 イムズホール

2017年11月12日(日)
会場:山梨県 甲斐市双葉ふれあい文化館

2017年11月18日(土)
会場:東京都 昭和女子大学 人見記念講堂

プロフィール

藤巻亮太
藤巻亮太(ふじまき りょうた)

1980年生まれ。2000年12月、小学校からの同級生3人で「レミオロメン」を結成。ほとんどの楽曲で作詞作曲を手掛けている。2003年8月、メジャーデビュー。数々のヒット曲により、3ピースバンドとしてのオリジナリティを不動のものとする。中でも、“3月9日”“粉雪”は、今でも多くの人に支持され続けている。2012年、レミオロメン活動休止を発表。ソロ活動を開始し1stシングル『光をあつめて』をリリース。最新アルバム『日日是好日』が好評発売中。初の写真集『Sightlines』発売や写真展開催など、音楽以外にも幅広く精力的に活動中。2017年3月1日、セルフカバーによる「3月9日」を配信リリースした。

関連チケット情報

2018年9月30日(日)
藤巻亮太
会場:渋谷ストリームホール(東京都)
2018年10月7日(日)
Mt.FUJIMAKI 2018
会場:山中湖交流プラザきらら(山梨県)
2018年11月8日(木)
別冊カドカワ×昭和音楽大学×A.C.P.C. 楽演祭
会場:昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ(神奈川県)
2018年12月2日(日)
藤巻亮太
会場:神戸メリケンパークオリエンタルホテル 瑞天(兵庫県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く