特集 PR

藤巻亮太が語る、レミオロメンの曲もソロで歌うことを決めた思い

藤巻亮太が語る、レミオロメンの曲もソロで歌うことを決めた思い

藤巻亮太『日日是好日』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:永峰拓也

<過去より未来よりこの今が / 一番大事だって知ったら / 何から始めようか>――1曲目からそんなフレーズを軽やかに歌い上げる藤巻亮太のニューアルバム『日日是好日』。フルアルバムとしては約3年半ぶりとなる本作から溢れ出す、このポジティブな陽性のエネルギーは、いったいどうしたことなのか。昨年5月、ミニアルバム『旅立ちの日』で文字通り「旅立った」藤巻は、その後、何を道しるべに自らの音楽を生み出していったのだろう。ライブやテレビ番組などで、レミオロメン時代の曲を披露する機会も多くなった藤巻。それも本作の抜けっぷりと何か関係しているのだろうか。そして、「日日是好日」という、ある意味ポップソングらしからぬタイトルに込められた本当の意味とは? 現在の心境と本作が生まれた経緯、さらにはレミオロメンの今後について、率直に尋ねてみた。

やっぱり、どこかレミオロメンに縛られている自分っていうのがいて……自分の悩みというのは、過去と未来のことだったんです。

―『日日是好日』は、昨年5月にリリースしたミニアルバム『旅立ちの日』以上にポップな方向に振り切った、とても自由で軽快なアルバムになりましたね。前作のリリース後、またいろいろと思うところがあったのですか?

藤巻:前作をリリースしたあと、夏はキャンプ系のフェスとかに3人編成で出演したり、秋には学祭ツアーをやったりと、全国各地でライブをしていたんですけど、そこでレミオロメンの曲をやり始めたんですね。それが自分のなかでは、すごく大きくて……。

―『SMAP×SMAP』をはじめ、テレビ番組などでも、レミオロメンの曲を歌っていましたよね。

藤巻:そうですね。自分のなかで「線を消していく」みたいなところが、今回ひとつテーマとしてあったんです。

―「線を消していく」?

藤巻:自分のなかにある「こうでなければいけない」とか「こうあるべきだ」みたいな線を、1本1本、自分で消していくというか。それをテーマにしたというよりも、結果それがテーマになっていったアルバムだと思います。去年の12月に出したシングル『大切な人 / 8分前の僕ら』のカップリングに入っている“wonder call”という曲を作っているあたりから、モードがすごく変わってきて、そのモードのなかでこのアルバムを仕上げていきました。

藤巻亮太
藤巻亮太

―そのモードというのは?

藤巻:いろんなことから解放されていくみたいな流れですよね。自分自身を縛っているもの……レミオロメンらしさだったり、ソロを確立させることだったり、あるいはそもそも自分は何で歌っているんだろうということであったり。そういうことを考えているうちに、「自分がやるべきこと」と思える範囲がどんどん狭くなって、すごく窮屈な状態になってしまっていたんです……そんななかで何かを作るというのは、やっぱりエネルギーが澱んだりとか濁ったりとかもするし、本人が一番苦しいんですよね。

―まあ、そうでしょうね。

藤巻:だから、「苦しいのは嫌だ」というのが、まず最初にあったのかもしれないです。とにかく楽になりたいっていう(笑)。あと、やっぱり音楽っていうのは、癒しであり、救いであって……自分で引いてしまった線を消す力も、やっぱり音楽からもらったんですよね。

―『旅立ちの日』も、前作『オオカミ青年』に比べたら遥かに抜けのいい作品でしたが、今回のアルバムはそれに輪をかけてポジティブな輝きを打ち放っていますよね。

藤巻:『日日是好日』という言葉が象徴していることは大きいと思います。それまではやっぱり、たとえて言うなら、どこかで昨日までのレミオロメンとの違いに縛られている自分っていうのがいて……あと、明日からのソロ活動をホントにひとりでやっていけるのかなっていう不安ですよね。つまり、自分の悩みというのは、過去と未来のことだったんです。過去に囚われている自分と、未来に対して前借りの不安を感じている自分。明日悩めばいいことを、今日前借りして悩んでいるみたいな。

―なるほど。

藤巻:そういう時期に、「日日是好日」という言葉と出会って。過去や未来というのは、どう頑張っても手の届かない時間だし、それを今日悩んでもしょうがないじゃんっていう。要は、「あなたは今という時間を生きているんだし、今日という日を生きているんでしょ」というふうに僕は受け取ったんです。やっぱり、自分ひとりにできることって、そんなに多くないんですよ。僕にできることというのは、今日、今の感覚で、僕がいいと思っていることをただ素直にやっていくことしかない。そう思い始めたときに、音楽がすごく楽しくなったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

藤巻亮太『日日是好日』
藤巻亮太
『日日是好日』(CD)

2016年3月23日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-65039

1. 花になれたら
2. Weekend Hero
3. 回復魔法
4. 日日是好日
5. 8分前の僕ら
6. 夏のナディア
7. My Revolution
8. 大切な人
9. かすみ草
10. 春祭
11. おくりもの
12. ing

イベント情報

『藤巻亮太 TOUR 2016 ~春祭編~』

2016年4月16日(土)
会場:石川県 北國新聞赤羽ホール

2016年4月22日(金)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24

2016年4月24日(日)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2016年4月29日(金・祝)
会場:福岡県 イムズホール

2016年5月1日(日)
会場:広島県 BLUE LIVE 広島

2016年5月20日(金)
会場:大阪府 シアターBRAVA!

2016年5月21日(土)
会場:愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2016年5月27日(金)
会場:東京都 Zepp Tokyo

プロフィール

藤巻亮太
藤巻亮太(ふじまき りょうた)

1980年生まれ。2000年12月、小学校からの同級生3人で「レミオロメン」を結成。2003年3月デビュー。数々のヒット曲により、3ピースバンドとしてのオリジナリティを確立する。中でも、2004年リリース『3月9日』、2005年リリース『粉雪』は、今でも多くの人に支持され続けている。2012年、レミオロメン活動休止を発表。ソロ活動を開始する。2015年12月、「NIVEA」ブランドCMソング / ネスレ「KIT MUSIC」第一弾ソングを収録した、両A面シングル『大切な人 / 8 分前の僕ら』をリリース。2016年2月17日から、『藤巻亮太 TOUR 2016 ~歌旅編~』をスタート。さらに、初の写真集『Sightlines』を発売。3月23日、約3年半振りとなる待望の2ndフルアルバム『日日是好日』のリリースが決定。4月からは、ツアー後半戦となる「春祭編」の開催も決定。

関連チケット情報

2018年9月30日(日)
藤巻亮太
会場:渋谷ストリームホール(東京都)
2018年10月7日(日)
Mt.FUJIMAKI 2018
会場:山中湖交流プラザきらら(山梨県)
2018年11月8日(木)
別冊カドカワ×昭和音楽大学×A.C.P.C. 楽演祭
会場:昭和音楽大学 テアトロ ジーリオ ショウワ(神奈川県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品