特集 PR

藤巻亮太が語る、心境変化。5年間のソロ活動を経て見えたこと

藤巻亮太が語る、心境変化。5年間のソロ活動を経て見えたこと

藤巻亮太『北極星』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:中村ナリコ 編集:矢島由佳子、久野剛士

本当のところを言うと、『オオカミ青年』が終わったら、またすぐにレミオロメンを再開しようと思っていたんですよね。

—今回のアルバムを聴いてすごく印象的だったのは、音色も含めてアレンジが豊かになっていることです。今回も藤巻さんが自分でアレンジをやっているんですよね?

藤巻:ソロになってからはずっと自分でやっています。当初は「今回は、全曲いろんな人にプロデュースしてもらうのもいいな」と思っていたんですけど、デモを作り上げていく段階でディレクターが、「これは自分でやりきったほうがいい」と言ってくれて。そのアドバイスが大きかったですね。

—なるほど。

藤巻:2枚目までは、完成度よりも自分が気持ちいいほうにアレンジしていたところがあったんです。でも今回は、アンサンブルとか音色についてもう少し突き詰めたり、整理したりしてみようと思って。

自分で曲を書いて、歌詞を書いているけど、その全体像は最初なかなかわからないんです。だから「ああでもない」「こうでもない」って、音やフレーズを入れたり抜いたりしながら、一曲一曲作り上げていく……その作業は、今回すごく楽しかったですね。

藤巻亮太

—かといって、一人で全部の楽器をやるわけではなく、足りないところはゲストを呼んで録っていますね。

藤巻:「ドラムはやっぱり生がいいからお願いしよう」とか、「この曲はピアノも生で弾いてもらいたいからお願いしよう」とか、曲ごとに考えていきました。“another story”は、「小林(武史)さん、アレンジしてくれないかな?」と思って、お願いしてみたりして。

—小林さんと一緒にやるのは、すごい久しぶりですよね?

藤巻:多分、レミオロメンぶりだと思います。

—なぜその曲のアレンジを小林さんにお願いしようと思ったんですか?

藤巻:“another story”は、結構前からあった曲なんですけど、こういう堂々としたバラードに、小林さんのカウンターメロディーやピアノが入ったら幸せだなって思ってたんですよね。それでお話したら、「いいよ」って快くやってくれて。

だから、この曲はほぼ小林さんに丸投げです。ピアノの打ち込みとアコギぐらいしか入ってないものを聴いてもらって、あとのアレンジはすべて小林さんにお任せしました。そしたら、生音のチェロとバイオリンが入って返ってきて……さすが、トータルとして曲を見ていらっしゃるのが伝わってきて、すごくよかったですね。あと、相変わらず、お仕事がものすごく速い(笑)。

—今回のボーナストラックには、“3月9日”のセルフカバーが収録されています。これは「カロリーメイト」のCMのために作ったアレンジですよね。

藤巻:そうです。久しぶりにSOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビくんに会ったんですよ。昔、レミオロメンのライブでトランペットを吹いてもらったことがあって、多分それ以来ぶりだったんですけど。

そのままタブくんに“3月9日”のブラスアレンジを協力してもらって、その流れで“Blue Jet”“Have a nice day”のホーンアレンジをお願いしました。“Blue Jet”は、デモの段階から自分で緻密にアレンジを積んでいったんですけど、そこにさらにいいものをタブくんに積んでもらって。非常に実験的で、野心的なアレンジの楽曲になったと思います。

—そして、前田啓介さんと神宮司治さんが演奏に入っている曲もありますね。これは、どういう流れで実現したのでしょう?

藤巻:啓介と治が、僕のライブを観に来てくれるようになったんですよね。それで、「自分にとっても確信めいたもの、自分のソロって呼べるようないいものが、ようやくできそうなんだよね」って話したら、「じゃあ、手伝おうか?」って言ってくれて。それが本当に嬉しくて、「それぞれのプレイに合いそうな曲はどれかな」「これは治に叩いてほしいな」「これは啓介に弾いてほしいな」とか考えていきました。

治には“優しい星”と“紙飛行機”のドラムを、啓介には“Blue Jet”と“Have a nice day”のベースを弾いてもらって。そしたら、啓介が「もう1曲、弾くよ」と言ってくれたから、“マスターキー”もお願いしました。あいつが一番やる気を出してくれましたね。いま、彼はすごく本気で農業をやっているんですけど。

—そうなんですね?

藤巻:ええ。治は、本当に明るいドラムを叩いてくれましたね。もう、まさしく治って感じの(笑)。どちらのレコーディングも、すごく楽しかったです。

藤巻亮太

—リスナーや読者も気になるところだとは思うので、単刀直入に訊かせていただきますが……レミオロメンは今後どうするつもりなのでしょう?

藤巻:どうでしょうね……。

—三人全員で演奏している曲はないけれど、個別に会って一緒に音を出すところまでは、今回行ったわけで。

藤巻:あくまでも「休止中」だと僕は思っているので、「また一緒にできるタイミングがあったらいいな」とは思っています。本当のところを言うと、『オオカミ青年』が終わったら、またすぐに再開しようと自分だけで勝手に思っていたんですよね。

—そうだったんですか。

藤巻:はい。やっぱりソロの1枚目として、『オオカミ青年』は初期衝動で作ったので。アルバムを出して、ツアーまでやったときにもう想いは成就して衝動はなくなっていたんです。「もう歌いたいこと歌えたからいいや。バンドに戻ろう」と勝手に思ったんですけど、そのときにいろんなタイミングが合わなかった。だから、「タイミング」としか言えませんね。変に期待させてしまってもよくないので。

—少なくとも、その前にこれをやっておかなくてはいけないみたいなものは、藤巻さんの中にはないと。

藤巻:うん、そうかもしれないですね。今回いいアルバムができて、本当に自信作になったので、まずはそれを聴いてほしいのと、あとは、ライブが年々楽しくなってきているので、是非ライブも観に来てもらいたいなって。いま、言えるのは、その2点ですかね(笑)。

Page 3
前へ

リリース情報

藤巻亮太『北極星』初回限定盤
藤巻亮太
『北極星』初回限定盤(CD)

2017年9月20日(水)発売
価格:3,564円(税込)
VICL-64845

1. 優しい星
2. Blue Jet
3. Have a nice day
4. another story
5. マスターキー
6. 波音
7. go my way
8. 紙飛行機
9. 北極星
10. 愛を
11. Life is Wonderful
12. LIFE
13. 3月9日

藤巻亮太『北極星』通常盤
藤巻亮太
『北極星』通常盤(CD)

2017年9月20日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64846

1. 優しい星
2. Blue Jet
3. Have a nice day
4. another story
5. マスターキー
6. 波音
7. go my way
8. 紙飛行機
9. 北極星
10. 愛を
11. Life is Wonderful
12. LIFE
13. 3月9日

イベント情報

『藤巻亮太 Polestar Tour 2017』

2017年10月22日(日)
会場:大阪府 Zepp Osaka Bayside

2017年10月23日(月)
会場:愛知県 BOTTOM LINE

2017年10月27日(金)
会場:宮城県 darwin

2017年10月28日(土)
会場:新潟県 新潟市秋葉区文化会館

2017年11月5日(日)
会場:広島県 BLUE LIVE 広島

2017年11月6日(月)
会場:鹿児島県 姶良市文化会館 加音ホール

2017年11月8日(水)
会場:福岡県 イムズホール

2017年11月12日(日)
会場:山梨県 甲斐市双葉ふれあい文化館

2017年11月18日(土)
会場:東京都 昭和女子大学 人見記念講堂

プロフィール

藤巻亮太
藤巻亮太(ふじまき りょうた)

1980年生まれ。2000年12月、小学校からの同級生3人で「レミオロメン」を結成。ほとんどの楽曲で作詞作曲を手掛けている。2003年8月、メジャーデビュー。数々のヒット曲により、3ピースバンドとしてのオリジナリティを不動のものとする。中でも、“3月9日”“粉雪”は、今でも多くの人に支持され続けている。2012年、レミオロメン活動休止を発表。ソロ活動を開始し1stシングル『光をあつめて』をリリース。最新アルバム『日日是好日』が好評発売中。初の写真集『Sightlines』発売や写真展開催など、音楽以外にも幅広く精力的に活動中。2017年3月1日、セルフカバーによる「3月9日」を配信リリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら