特集 PR

ナナヲアカリ×DECO*27 初音ミク10周年、世代の違う二人が語る

ナナヲアカリ×DECO*27 初音ミク10周年、世代の違う二人が語る

ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子
2017/09/05
  • 138
  • 0

「終わらない」ってわかっちゃってたら、深くは愛せない。もっと愛するために「不安にしてよ」って。(DECO*27)

―レコーディング作業はいかがでしたか?

DECO*27:めっちゃ楽しかったです。歌詞を書いてる段階で、「ここはこうしたい」っていうのがあったんですけど、特にAメロと、サビ後の<んなわけないけど>はこだわりました。Aメロは暗い、ダウナーな感じで、サビは明るくして、最後の<んなわけないけど>で、サビのハッピーを掻き消しましょうって。

―ナナヲさんにとって、ハッピーなパートはチャレンジだったんじゃないですか?

ナナヲ:そうなんですけど、デコさんに書き下ろしてもらった曲を今自分が歌えてるという現実がハッピーだったから、その気持ちで歌ったら全然いけました(笑)。

―確かに(笑)。あとはやっぱりサビの早口が特徴で、ここはいかにもボカロ的ですね。

ナナヲ:サビは「THEボカロ」「THE DECO*27」って感じの言い回しだったので、楽しかったけど、難しかったですね。特に<ほら頑張れ頑張れやれば出来るから>というところが難しくて、最初は順調だったんですけど、レコーディングの途中で沼にハマって(笑)。

DECO*27:でも、よく歌ったよね。仮歌は自分で歌ってたんですけど、ホント大変で(笑)。

ナナヲ:みんなにもカラオケとかでチャレンジしてみてほしいです。

ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』ジャケット
ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』ジャケット(Amazonで見る

―『ネクラロイドのあいしかた』は、作品全体としてはどんなコンセプトなのでしょうか?

ナナヲ:前回の『ネクラロイドのつくりかた』は、文字通り「私を作ってください」って感じでプロデュースしてもらったんですけど、今回はそれだけだと物足りなくなって、感情を目覚めさせちゃった一枚なんです。だからこそ、デコさんだけじゃなくて、すべてのサウンドプロデューサーの方とちゃんとお話をして、ナナヲアカリの普段の感情を、自分の大好きなボカロPさん各々の世界観で表現してもらいました。

なので、前作以上に歌詞まで聴き込んでもらいたいと思っていて。深いところまで一緒に潜れる作品だと思うんです。誰かに書いていただいた曲を自分のものにするのって、すごく時間がかかるときもあるんですけど、今回はそれが一切なくて。みなさんナナヲアカリを上手く汲み取ってくれたので、どの曲も「これは私の曲だ」って信じられる、大好きな一枚になりました。

ナナヲアカリ

―最後に、デコさんが初音ミク10周年アルバム『Re:Start』に提供した“ヒバナ”についても話していただけますか? “んなわけないけど”と同じRockwellさんが編曲を担当していて、ロック色の強い仕上がりになっていますね。

DECO*27:テーマは「おめでとう」だったんですけど、あえてちょっと外して、僕なりの「おめでとう」にしようと思ったんです。<終わんない愛を抱いてたくないの もっとちゃんと不安にしてよ>っていうのは、「終わらない」ってわかっちゃってたら、深くは愛せないから、もっと愛するために「不安にしてよ」っていう。

あとは10周年なんで、最近自分が書いた曲をごちゃまぜにして、今のDECO*27っぽさを詰め込んでみたのと、ミクも10歳だから、なにかひとつ挑戦させたいと思って英語で歌わせました。それはすごく楽しかったです。日本語のライブラリーと声が違うから、馴染ませるのは大変だったんですけどね。

DECO*27

ナナヲ:今の話を真横で聞けるって……特等席ですね……。

DECO*27:今の話をするの、初めてです。

ナナヲ:ほえー! やばい!

DECO*27:あとタイトルの“ヒバナ”は、「He Burned Out」という意味もあって、それは一回燃え尽きた自分のことで。こういうギミックはいろいろ入れてるので、何回も聴いて探してみてほしいですね。

ナナヲ:ホントにヤバい……。

ナナヲアカリ

―特等席でデコさんの話を聞くのは、すごく刺激になったと思うんですけど、ナナヲさんは今後の活動に関してどんな展望を持っていますか?

ナナヲ:自分の好きな方に曲を書いていただいて、ホントに夢のようだなって思うんですけど、最終的な目標としては自分でももっと曲を書いて、自分の言葉とメロディーで感動させられたら……いつ死んでも大丈夫(笑)。まだ自分がそこに至ってないのはわかってて、でも早くそこまで行きたい。

そのためにも、いろんな方とお話しさせていただいてる今がすごく大事で、デコさんの歌詞のカラクリとかも全部盗んで、自分の曲に昇華させたいなって目論んでるところでございます。

DECO*27:どんな曲になるのか楽しみです。またなにか力になれることがあれば。

ナナヲ:頼もしい! あ、でも……信じて大丈夫なんですかね?

DECO*27:いや、わかんない。

ナナヲ:あ~~~!

DECO*27:ウソウソ(笑)。またよろしくね。

DECO*27

ナナヲアカリ

Page 3
前へ

リリース情報

ナナヲアカリ『ネクラロイドのあいしかた』
ナナヲアカリ
『ネクラロイドのあいしかた』(CD)

2017年8月22日(火)発売
価格:1,800円(税込)
AKRN-0006

1. んなわけないけど(Song Produced by DECO*27)
2. おばけのウケねらい(Song Produced by ピノキオピー)
3. ハノ(Song Produced by バルーン)
4. クチュール(Song Produced by 有機酸)
5. 化物は幸福を望んだ(Song Produced by こんにちは谷田さん(キタニタツヤ))
6. メルヘル小惑星(Song Produced by ナユタン星人)

プロフィール

ナナヲアカリ
ナナヲアカリ

1995年大阪生まれの21歳。B型、さそり座。2016年、ニコニコ動画で発表した“ハッピーになりたい”“ディスコミュ星人”の2曲が大きな話題となり殿堂入り(ニコニコ動画での10万再生)を果たす。原宿の古着屋「BAU」にて通販限定で販売した1st Tシャツ(CD付)『しあわせになりたい』は即完売。続いてリリースしたミニアルバム『ネクラロイドのつくりかた』は初回生産分が瞬く間に完売と、ネットを中心に大きな反響を得る。さらに、累計900万ダウンロード突破の超人気スマホRPGゲームを舞台化した『Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-』にて、マシュ・キリエライト役に大抜擢されるなど精力的に活動中。

DECO*27
DECO*27(でこ にーな)

アーティスト/プロデューサー。2008年10月よりVOCALOID(音声合成ソフト)を使用した作品を動画共有サイトに投稿開始。これまで公開されたDECO*27の楽曲の中で100万回を超える再生回数の曲が12曲。自身で投稿した全ての楽曲が殿堂入り(再生回数10万回超え)。ニコニコ動画の総再生回数は驚愕の4100万回を超える。2010年4月、アルバム『相愛性理論』でデビュー。これまで、中川翔子(しょこたん)、MEG、KOTOKO、Daisy×Daisy、Bouno!、柴咲コウ、Q'ulleなどのプロデュース、その他様々な楽曲提供、タイアップソングなどを手がけるのと並行して、活動の原点であるVOCALOID楽曲を自身の最新作へ向けた布石として発表し続ける。2016年1月に公開した楽曲“ゴーストルール”は、ニコニコ動画において瞬く間にミリオンを達成。2016年9月28日、前作より2年半振りとなる新作アルバム『GHOST』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)