特集 PR

北川一成が1枚の図で示したデザイン発想法 論理と感性の輪とは?

北川一成が1枚の図で示したデザイン発想法 論理と感性の輪とは?

『GRAPH展』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之、久野剛士

北川一成の名を知らない人も、どこかでそのデザイン&プリンティングの名仕事に出会っているのではないだろうか。アートファンなら、タカ・イシイギャラリーのあのロゴや、森山大道らの写真集。お酒好きなら「富久錦」「月の桂」などの斬新なパッケージ改革……。

傾きかけた実家の印刷会社を受け継ぎ、変幻自在のデザイン力と「印刷業界の駆け込み寺」と称される技術力を融合した仕事師集団「GRAPH」として再生。洗練された抽象形態から、異色レイアウトまで縦横無尽に生み出し、数々の成果を挙げてきた。その発想源・発想法とは? GRAPHの名を冠した展覧会『GRAPH展』を前に、本人にその疑問をぶつけてみた。

ロジックの世界と感性の世界、この両極がつながりながら広げられるほど、いろんな表現が可能になる。

どこかにこんな不思議なフォントやシンボルをふだん使いする並行世界があるのでは? と思わせる世界観。一見すると感性重視で生まれた奔放なデザインに見えて、実際は考えつくされたカタチやレイアウト。北川のグラフィックデザインには、謎が多い。その発想法を聞くと、彼は1枚の図を取り出した。

北川:図の左側は、「意識」「脳」「わかる」「概念」、要は理屈の世界です。対して右側は、「無意識」「身体」「できる」「感性」、つまり直感の世界。僕はいつも、この両方でものを見るようにしています。この両極が輪ゴムのようにつながりながら、右にも左にも伸びるイメージです。その輪を広げられるほど、いろんな表現が可能になる。すると、無駄な手間をかけずにいいアイデアが見つかるよ、という僕なりの合理的な考えなんです。

北川一成「創造の源泉」図
北川一成「創造の源泉」図

北川はまず「自分がどう思うか」「人はどう感じるか」を徹底して考える。ただし「都市で働きながら暮らす30代の女性」というマーケティング的な考え方を、北川はとらない。本人の言葉を正確に拾えば「いったんはそれも見るけど、同時に『いま外で鳴いてるセミはどう思うかな……』とか考える」らしい。

これを俯瞰していくと、「生物種としてのホモ・サピエンスはどう思うか? 隣の山田さんはこうで、犬のポチはこう?」といった思考にもなり、自然と視野は広がるという。

北川:そう考えることで逆に、今回はこんな感じ、と考えが絞られてくる。人間はチンパンジーとDNAが98%以上同じで、バナナと人間のDNAも70%同じという話があります。そう知るとバナナって、結構イケてるでしょ(笑)。だから、「みんな違って当たり前」という地点から出発して、「違うけど同じ」「同じだけど違う」を行ったり来たりしながら考えます。

北川一成
北川一成

「シード」ブランディング
「シード」ブランディング

「違う」と「同じ」の抽象的思考は人間ならではだが、北川のそれは、時代や領域を超えたスケールでなされる。彼は毎日、本を5冊ほど持ち歩くという読書家だ。そのジャンルはあらゆる領域に及ぶ。そこから得た知識や気づきも、彼のこうした信条を形作っている。

北川:たとえば、ノーベル経済学賞をとったダニエル・カーネマン(アメリカの行動経済学者、1934年~)は、それまでの経済学が合理主義、つまり「人間は自分に不利益なことはしないはず」との前提で考えられてきたのを、「実際は不合理なこともしちゃうよね」と主張し、「行動経済学」を確立しました。ある意味当たり前だけど、合理主義、民主主義とかも最近100年くらいの話で、それ以前はまた違うし、今後どうなるかもわからないところはありますよね。

そんな彼の時間感覚からすると、琳派の名作、尾形光琳(画家、1658~1716年)の『燕子花図』も「現代アートのようなもの」となる。「日本のデザインの原点」と言うより「たった数百年前の表現」なのだ。

『GRAPH展』ポスター
『GRAPH展』ポスター(イベント情報はこちら

さらに北川は、直感や無意識の力にも重きを置く。アイデアは起き抜けの時間帯や移動中のふとした瞬間に生まれ、実際はそこから言葉で伝えられるコンセプトを「後付け」することが多いと言う。

北川:時速150kmを出せるピッチャーの球は、キャッチャーに0.4秒で届きます。ヒトの視覚野でそれを認識するには0.5秒かかると言われている。つまり0.1秒足りないですよね。「よくボール見てけよ!」と言われても無理(笑)。ではなぜ打てるかと言うと、脳の中に「上丘」という領域があり、映像化はできないけどボールを0.2秒で直感的に捉えられる。だから打てるんです。もちろん経験や鍛錬あってのことだけど、そういうことはデザインにも何かしらあるんじゃないかと思う。

「月の桂」ロゴマーク
「月の桂」ロゴマーク

なお、かつて北川は不慮の事故で左目を失明し、手術で前よりも視力は上がったが、自信を持っていた「絶対色感」ともいうべき力を一時失った。独自のリハビリを経て回復したが、この経験で「自分が感覚的に見えていると思ったものも、実は自分の脳の解釈だった」と考えるようになったという。そんな身体的経験も、彼の「意識」「無意識」を往復する発想法を支えているのかもしれない。

Page 1
次へ

イベント情報

『GRAPH展』

2017年10月24日(火)~11月22日(水)
会場:東京都 銀座 クリエイションギャラリーG8
時間:11:00~19:00
休館日:日曜・祝日
料金:無料

プロフィール

北川一成(きたがわ いっせい)

1965年兵庫県加西市生まれ。1987年筑波大学卒業。1989年GRAPH(旧:北川紙器印刷株式会社)入社。「捨てられない印刷物」を目指す技術の追求と、経営者とデザイナー双方の視点に立った「経営資源としてのデザインの在り方」の提案により、地域の中小企業から海外の著名高級ブランドまで多くのクライアントから支持を得る。著作に『変わる価値』(発行:ボーンデジタル)、関連書籍に『ブランドは根性_世界が駆け込むデザイン印刷工場GRAPHのビジネス』(発行:日経BP社)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る