特集 PR

歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言

歌う心理カウンセラー心屋仁之助、苛立ち疲弊する日本人に助言

心屋仁之助『魔法のうたIV 生きる』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

心屋仁之助は、「歌う」心理カウンセラーだ。テレビのバラエティー番組出演をきっかけにそのカウンセリング術が注目され、以降、全国で開催される講演会やセミナーは大きな人気を博し、著書の累計発行部数は350万部を突破。人気も実力も折り紙つきの、いわば「売れっ子」心理カウンセラーだ。そんな彼のカウンセリング術のなかには、今、「歌」がある。

心屋は、2015年に本格的に音楽活動を開始し、2年連続で全国Zeppツアーを敢行。去年までに3枚のアルバムをリリースし、今年も新作アルバム『魔法のうたIV 生きる』をリリース。さらに、今年2月には日本武道館での独演会も成功させている。とてつもないスピードと行動力で音楽活動を邁進していく彼は、心理カウンセラーとして、今、なぜ歌うのだろうか? 彼がカウンセラーとなるまでの道のりや、心屋が考える現代の「幸せ」の在り方について訊きながら、そのカウンセリングが「歌」へと辿り着いた、その理由に迫った。

霊感商法と僕らがやっていることは何も変わらない。ただ、僕らは人の悩みを解決する具体的な技術を持っている。

—いきなり不躾な質問なのですが、心屋さんのやっている心理カウンセリングを、胡散臭いものとして見る人も、きっといますよね?

心屋:いますいます。日本で「カウンセリングをやっている」って言ったら、霊感商法みたいに見られますからね。そういう場所は弱っている人が行くところで、カウンセラーである我々は、「弱っている人からお金を巻き上げる人」みたいな構造は、まだ根強くあると思う。

心屋仁之助
心屋仁之助

—そういう反応を示されたとき、心屋さんはどう対応されますか?

心屋:「お前は胡散臭い」と言ってくる人には、「うん、胡散臭いよ」って言います(笑)。

—ははははは(笑)。

心屋:まぁ、何やっているかわからなかったら、人って怪しがるからね。でも実際、胡散臭いのは胡散臭いと思うんですよ。いわゆる霊感商法と僕らがやっていることの何が違うのかと言えば、別に違いなんてないから。ただ、僕らは人の悩みを解決する具体的な技術を持っているんです。

「周りが悪い」って悩んでいる人と、「自分が悪い」って悩んでいる人の根っこは同じなんです。

—そもそも、心屋さんが心理カウンセリングの世界に入られたきっかけは、どうしてだったのでしょうか?

心屋:そもそもの話をすると、僕は大学を卒業してから佐川急便に就職して、そこで19年間働いていたんですよ。

—佐川といえば大企業ですし、19年というのも、長いですよね。

心屋:しかも19年間、仕事一本槍だった。生活が「仕事95%、家庭5%」くらいの割合で続けていた結果、家庭が壊れてしまったんですよ。子どもが学校に行かなくなったり、奥さんが家事をできなくなったり……。その家庭の問題を解決するために暗中模索していくなかで、心理学に出会ったんです。

—当時の心屋さんに、心理学は何をもたらしたんですか?

心屋:当時の僕は、学校に行かない子どもが悪い、家事のできない奥さんが悪いっていう思考だったので、「子どもや奥さんをどうにしかしよう」と思っていたんです。でも、心理学の世界を進んでいくなかで気がついたのは、悪かったのは家族じゃなくて自分なんだっていうこと。

心屋仁之助

心屋:自分が仕事に傾きすぎていたので、家庭が壊れることでバランスを取ってくれていたことに気づいた。そこで、仕事を辞めて、もっと家庭に目を向けるようにしようと思いました。その一環で、心理カウンセラーとして起業したんです。

—19年間働き続けた職場を離れるのって、相当な勇気がいますよね?

心屋:死ぬかと思いました(笑)。41歳くらいの頃だったんですけど、とんでもなく怖かったです。起業したところで何の保証もないし、家族もいたし。でも、新しい世界に飛び込んででも、人生を変えたかったんでしょうね。

—今の心屋さんが振り返ってみて、「家族が悪い」と思ってしまった当時のご自身の心理とは、どのようなものなのでしょうか?

心屋:悩んでいる人って、「周りが悪い」って悩んでいる人と、「自分が悪い」って悩んでいる人の、どちらかなんですよ。僕は前者だった。もちろん、後者の人もいる。でも実は、どちらも根っこは同じなんです。

Page 1
次へ

リリース情報

心屋仁之助『魔法のうたIV 生きる』
心屋仁之助
『魔法のうたIV 生きる』

2017年10月18日(水)Amazon限定発売
TGCS-10323

1. お誕生日おめでとう
2. 心配戦隊タイヘンジャー
3. 正義の味方
4. 10年前のキミに
5. 告白
6. 「自分を変える」って「素晴らしい自分になる」ことではない
7. 自信
8. YES!!!
9. ときめき
10. 熱気球
11. ウソつき
12. ふたりで
13. 生きる

イベント情報

『心屋仁之助 「MONDOU(問答)LIVE 3 ~歌だけ~」』

2017年10月25日(水)
会場:東京都 Zepp Divercity

2017年10月30日(月)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2017年11月7日(火)
会場:大阪府 Zepp Namba

2017年11月11日(土)
会場:福岡県 イムズホール

プロフィール

心屋仁之助
心屋仁之助(こころや じんのすけ)

心理カウンセラー。兵庫県生まれ。大手企業の管理職として働いていたが、家族や自分の問題をきっかけに心理療法を学び始める。それが原点となり、心理カウンセラーとして「自分の性格を変えることで問題を解決する」という「性格リフォーム心理カウンセラー」として活動。現在は京都を拠点として、全国各地でセミナー、講演活動やカウンセリングスクールを運営。その独自の「言ってみる」カウンセリングスタイルは、テレビ番組を通じて全国に知られることとなり、たったの数分で心が楽になり、現実まで変わると評判。現在は個人カウンセリングは行っていないが、スクール卒業生により全国各地で心屋流心理学のセミナーやボランティアでのグループカウンセリングが広く展開されている。発行しているメールマガジン「たった一言!あなたの性格は変えられる!」は4万人を超える読者に支持され、公式ブログ「心が 風に、なる」は月間1000万アクセスの人気ブログ。2012年10月より約二年間、テレビのお悩み解決番組において芸能人に「魔法の言葉」を言ってもらうカウンセリングを展開。何人もの芸能人が番組で号泣し、大きな話題となる。著書累計は350万部を突破。また、2015年、2016年と、音楽活動を本格的に開始し、心屋の「魔法の言葉」にメロディーを載せた『魔法のうたⅠ』『魔法のうたⅡ』『魔法のうたIII』を続けてリリース、2年連続でZeppツアーを敢行。2017年2月には、心屋10周年として日本武道館での独演会を大成功させる。2017年10月18日、『魔法のうたIV 生きる』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現