特集 PR

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ、不寛容な社会へのちっちゃな反抗者たち

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
インタビュー・テキスト
真貝聡
撮影:萩原楽太郎 編集:山元翔一

学校、バイト先、会社など、あらゆる場面で私たちは、何かしらのグループに属している。その集団で逸脱した行動をとれば「アイツは気に入らない」と、バッシングを受けてグループの輪から外されてしまい、ひとりぼっちになる。そうならないために、人は自分自身を抑制してみんなと同じように行動する……今や、SNSの急速な普及によって、何気なく発した言葉が引き金となり集中的な批判を受けるケースも少なくない。しかし、そうやって人目を気にして生活することに、一体何の楽しみがあるのだろうか?

「新しい学校のリーダーズ」は、そんな他人に対して不寛容な社会に一石を投じるグループだ。彼女たちは自らのあり方をこう規定する――「つまらない現代社会を強く・楽しく生きるべく、個性を発揮し、許される自由を見つけることで社会に怒られないレベルでアンチテーゼを投げかけ、【はみ出していく】小さな小さなレジスタンス」。

新しい学校のリーダーズが掲げる「はみ出す」とはどういうことなのか? イマドキの学校生活や若者のSNS事情、彼女たちから見た「大人」や「社会」について話を訊いた。

はみ出すとは、周りの目を気にせず、自分の個性を大切にして力強く生きること。(MIZYU)

―新しい学校のリーダーズ(以下、リーダーズ)は「はみ出す」というテーマを掲げていますよね。改めてどういうことか教えていただけますか?

MIZYU:はみ出すとは、周りの目を気にせず、自分の個性を大切にして力強く生きることです!

SUZUKA:「はみ出す」っていうのは違法的な行為だと思われがちなんですけど、そういうわけではなく。噛み砕いて言うと、「ただ単にやりたいことをやる」「好きなものを好きと言う」――そういった強さのことを「はみ出す」と定義しています。最近の若者ってはみ出しが全然できないので、私たちがエンターテイメントで、若者の背中をガンガン押していきたいんです。それが私たちなりの、はみ出しのあり方というか。

MIZYU:自分の意志を強く持ってほしいなって、若者のみなさまには言いたい。

手前から:MIZYU、SUZUKA、KANON、RIN
手前から:MIZYU、SUZUKA、KANON、RIN

―同じ現代の若者としても、たとえば学校生活のなかで、「最近の若者ってはみ出しが全然できない」と感じることが多いということですか?

RIN:感じますね。

SUZUKA:それで本当にいいのかな? って思っちゃいます。

KANON:女子は特にそうなんですけど、学校ってクラスのなかでグループにわかれるじゃないですか。この子と仲がいいから、他のグループの子とは関わらないようにする、みたいな暗黙のルールがあるんですよ。あとは悪目立ちしないように、本当の自分を出さずに大人しくしているっていう。

―どうして自分を出さない人が多いんでしょうね。

RIN:嫌われたくないとか、悪く見られたくないっていう気持ちが強いのではないかなと思います。実際、自分もそういう時期がありましたし。嫌われないようにする意識は誰もが持っていると思うけど、そこを一歩乗り越えて、自分の意志を伝えることで何かが変わることもあるかなって。だから、はみ出していったほうがいいと思うんです。

左から:RIN、KANON、SUZUKA、MIZYU

―過去のインタビューで、MIZYUさんがリーダーズの活動について、「現代社会における若者の反抗の象徴がテーマ」「こんな狭苦しい世の中ですけど、日々自由を探してます」ってお話していましたけど、「狭苦しさ」ってどこで感じますか?

MIZYU:みんなが自分を出せていないところですね。一人ひとりが自分を出して生きていけたら、世の中から狭苦しさはなくなるのに、閉じ込められたように生活をしている気がするんです。もっと視野を広くしてもいいんじゃないかな、って。

―それこそクラスみたいな小さな世界で、周りの目を気にして、自分らしさを押し殺して生きる必要はないと。

MIZYU:人生は一度きりなんだから、本当の自分を出して、意志を強く持って、やりたいことをもっと自分からやりにいかないと。そうすることで、もっと世界は広く感じられるようになるんじゃないかな。以上です!

MIZYU

―なるほど。お話を訊くまでは、「はみ出す」って大人への反抗というか、尾崎豊的なことだと思ってました。

MIZYU:それ、すごく言われるんです! 「はみ出し=違法行為」だと思われることが多い。あとは、「ふざける=はみ出し」だと思われていて、普通に「おはようございます」って挨拶すると「今日、はみ出してなくない?」って言ってくる人もいます。じゃあ、変な動きをしながら「おはようございます」って言えばいいんですか? みたいな。だから、「ふざける=はみ出し」じゃないんですよ。……まあ、思われがちですね。正直、ふざけているところはあるんで。

―「踊る、セーラー服と奇行癖」と呼ばれているだけに、奇をてらったグループだと誤解してる人は多そうですよね。

RIN:結構思われがちなんですけど、別にそういうワケではないです。「自分たちの感情のままに生きています」って感じ。

Page 1
次へ

リリース情報

新しい学校のリーダーズ『キミワイナ'17』
新しい学校のリーダーズ
『キミワイナ'17』(CD)

2017年10月25日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37326

1. キミワイナ'17
2. SNS24時

プロフィール

新しい学校のリーダーズ
新しい学校のリーダーズ(あたらしいがっこうのりーだーず)

模範的なヤツばかりが評価される時代、くだらない不寛容社会から、個性と自由ではみ出していく踊るセーラー服と奇行癖。その名も「新しい学校のリーダーズ」。攻めの利いたダンスとサウンド、独特なキャラクターとMCを武器に2015年7月から全国各地でライブ活動する傍ら、コイケヤ、UNIQLO、Google Android、ロッテ「Fit's」等の企業と、はみ出し具合が絶妙なコラボや出演を重ね、じわりと若者に刺さりはじめている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも