特集 PR

注目の映像作家・山田健人が考える、映像表現の理想像とは

注目の映像作家・山田健人が考える、映像表現の理想像とは

東京都写真美術館『エクスパンデッド・シネマ再考』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之

1960年代半ばから欧米を中心に広がった「エクスパンデッド・シネマ」。劇場におけるスクリーン上映という、それまでの映画を「拡張」した動向として知られる。今ではポピュラーなマルチプロジェクションなどの手法が実験的に取り込まれ、同時代のアヴァンギャルドな表現とも呼応しつつ、映像の可能性が押し広げられた。東京都写真美術館で開催中の『エクスパンデッド・シネマ再考』展では、この潮流について当時の日本のシーンと改めて出会い直し、映像メディア史を振り返ることで、その未来を探る映像展だ。

この展覧会に、平成生まれの映像作家dutch_tokyoこと山田健人が訪れた。Suchmosから宇多田ヒカルまで、注目のPVをいくつも手がけ、メンバーとして参加するバンド、yahyelではVJも務める。そんな彼が、自身の生まれる前の映像史をめぐる展覧会を体験。時代を超えて受け取った刺激や、共感するものについて語った。

標準的なフォーマットや制約にとらわれない、映像そのもののあり方を拡張するような作品、そこがすごく興味深い。

—「エクスパンデッド・シネマ」とは、広義には「従来の方法や形態にとらわれずに上映された映画」と言えそうです。そこでまずは、山田さんご自身のお仕事を通じて、映像表現の拡張について思うところを伺えますか?

山田:これまでの仕事はPVが多いのですが、これは本来、音楽だけで完成している作品に映像を加えるものだと考えています。VJとして参加しているyahyelでもそうで、「他の4人がステージで100%の演奏をしたとき、僕は映像でそれを120%にする」という感覚です。言いかえれば、映像で音楽を拡張するようなものかもしれません。

dutch_tokyoこと山田健人
dutch_tokyoこと山田健人

—音楽以外では、最果タヒさんの詩を元にした短編映像シリーズ『さいはてれび』への参加などもありましたね。

山田:『さいはてれび』も同様に、音楽でも詩でも、あくまで対象に最も適した表現を選択しようとしています。もちろんコラボレーションとして最大限に力を注ぎますが、「最終的には自分の作品ではない」くらいの感覚もあります。

でもだからこそ、そこには映像作家側のエゴがどうしても含まれることは忘れずにいたい。映像って、映るものに全て意味がついてしまうから、その責任はきちんと負うべきだと思っています。

—そんな山田さんの目に、この展覧会の作品群はどう映りましたか?

山田:今日見せて頂いた映像作品の多くは、当時の標準的なフォーマットや制約自体にとらわれない、映像そのもののあり方を拡張するような作品ですね。そこが、僕にとってはすごく興味深かったです。

—例をあげると、映写機2台を向き合わせた飯村隆彦さんの『デッド・ムーヴィー』や、マルチプロジェクションで映像を重ねた松本俊夫さんの『つぶれかかった右眼のために』などでしょうか。

飯村隆彦『デッド・ムーヴィー』展示風景 / 未現像フィルムをループ投影する映写機に、別の映写機で光を投影し、その影だけを映し出す作品
飯村隆彦『デッド・ムーヴィー』展示風景 / 未現像フィルムをループ投影する映写機に、別の映写機で光を投影し、その影だけを映し出す作品

飯村隆彦『デッド・ムーヴィー』の展示を見る山田健人
飯村隆彦『デッド・ムーヴィー』の展示を見る山田健人

山田:スライド投影機を何台も積み上げた360度の映像装置、シュウゾウ・アヅチ・ガリバーの『シネマティック・イリュミネーション』も、映像だけでなくて、機材がどんな構造なのかと気になりました。今回はその制御を、当時は存在しなかったArduino(マイコンボードの一種)で再現しているというのも面白い。

シュウゾウ・アヅチ・ガリバー『シネマティック・イリュミネーション』展示風景
シュウゾウ・アヅチ・ガリバー『シネマティック・イリュミネーション』展示風景

山田健人

山田:技術が進んだいま、似たような表現はより簡単に実現できるかもしれません。でも当時も「その手があったか!」という発想力が重要だったと思うし、僕も常に考えます。だからいま見ても新鮮で、独創性を感じました。

—山田さんもyahyelのライブでは、シンプルなアイデアで強い印象を残すVJ映像が印象的です。

山田:僕の場合は16:9という、いまポピュラーな比率の画面を基本に、なにができるかを考えることが多いです。最近よくやるのは、前半は画面の横幅を大きく削り、縦長の映像で進めていくもので、これは今年、『フジロック』のyahyelのライブでもやりました。アイデアひとつですべてが覆ることも色々あるから、お金や技術より、そういうところで勝負したい気持ちはあります。

yahyelやSuchmosのPVも、初期は超低予算で、照明、カメラ、機材調達までほぼ自分ひとりでやっていました。それでも人々に届く作品は作れたから、予算や時間が全てではないと思うんです。では「良いものってなんだろう?」という戦いを、常にしている感じです。

作品に時代ごとのコンセプトやメッセージがあるから、映像に奥行きを感じさせ、想像を駆り立てる。

—前述の松本俊夫さんは、記録映画の世界からお仕事をはじめ、アヴァンギャルドな方向に進み、さらに1970年の大阪万博でスペクタクルな大仕事を担うに至ります。山田さんとはまた違った活動の幅広さを感じます。

山田:松本さんの作品もそうですが、この展覧会の映像群には、すごくVJ的だと思える瞬間もありました。色使いなどもそうだし、映画というよりイメージの連続という感じ。それが格好いいし、勉強になりました。仮に文脈を無視してしまえば、現代のVJ映像がこの展示会場に混ざっていても違和感はないかなと思ったり(笑)。

松本俊夫『つぶれかかった右眼のために』 / マルチプロジェクションで映像を重ねた作品(本展示では複数の映像をデジタル統合して投影している)
松本俊夫『つぶれかかった右眼のために』 / マルチプロジェクションで映像を重ねた作品(本展示では複数の映像をデジタル統合して投影している)

山田健人

—この展覧会ではアヴァンギャルドな表現と同時に、当時の学生運動やヒッピー文化を捉えたシーンも登場します。その断片が渦巻く様は、作家たちからのメッセージが放たれているようでもあります。

山田:映像にも時代ごとのコンセプトやメッセージが常にあるんだな、と改めて感じました。そうした映像は、なにか奥行きを感じさせて、想像を駆り立てる。僕も表にこそはっきりは出しませんが、どの仕事でも自分なりのコンセプトは明確に設定しますし、撮る際もそれはすごく意識しています。

Page 1
次へ

イベント情報

『エクスパンデッド・シネマ再考』

2017年8月15日(火)~10月15日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
出展作家:
飯村隆彦
シュウゾウ・アヅチ・ガリバー
おおえまさのり
松本俊夫
城之内元晴
真鍋博
佐々木美智子
ほか
休館日:月曜(10月9日は開館、10月10日は休館)
料金:一般600円 学生500円 中高生・65歳以上400円
※小学生以下、都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※第3水曜は65歳以上無料

プロフィール

山田健人(やまだ けんと)

映像作家 / VJ。1992生まれ。東京都出身。独学で映像を学び、2015年よりフリーランスとして活動。yahyelのメンバーとしてVJも務め、ヨーロッパツアーの他、FUJI ROCK FESTIVAL等のフェスに出演。通称、dutch_tokyo。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性