特集 PR

ORANGE RANGEのNAOTO率いるdelofamiliaが、10年経て語る胸中

ORANGE RANGEのNAOTO率いるdelofamiliaが、10年経て語る胸中

delofamilia『filament/fuse』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:鈴木渉 編集:川浦慧
2017/11/02

naotohiroyama

今後ORANGE RANGEとdelofamiliaでやっていくことは、どんどんかけ離れていくかもしれない(笑)。

—Rie fuさんとデータのやり取りをしていく中で、彼女の変化を感じたりもしましたか?

naotohiroyama:彼女の声の存在感が、以前よりも増した気がしますね。それって何故なんだろうと思って本人にも訊いてみたんですけど、どうやら運動をしているらしくて。以前は小さく感じた歌声に「太さ」を感じるんですよね。倍音も増えたというか。ひょっとして、イギリスの電源が120Vというのも(日本は一般的に100V)少しは関係しているのだろうか(笑)。

—(笑)。声の変化は僕も感じました。最後の曲“delight”は特にRie fuさんのボーカルが際立っていますよね。まるでゴスペルのようですらある。

naotohiroyama:そうなんです。声の情報量が多いから、オケの音数を減らしていくことが多かったんですよ。歌だけで充分持つというか。

naotohiroyama

—これまでの作品と比べて、今作はどんな変化があったんでしょう?

naotohiroyama:作りながら思っていたのは、「前作と何が変わったんだろう?」っていうことでしたね(笑)。もっといえば、それ以前のアルバムも全部同じように聴こえて。結局やりたいことは全部一緒なんだなって。第一、アルバムを作るときに、「何か新しいことにチャレンジしてみよう」とも「実験的なことを取り入れてみよう」とも思わないし。本当にただ、自分の中から出てきたものをそのまま形にしているだけというか。それが一番気持ちいいやり方だし、僕にも彼女にも向いているんですよね。

食べ物や、着る服もそうじゃないですか。歳を重ねて自分の好みが分かってくると、わざわざ苦手なものを食べたり、似合わない服に手を出したりしなくなる。それと同じように、delofamiliaでやりたいことも大体変わらないんだな、というのが今回やってて分かったことです。

—それって、ORANGE RANGEでの作り方とは全く違いますよね?

naotohiroyama:「曲を作る」という行為に関しては、どちらも同じです。ただ、ORANGE RANGEの場合はそこから色んなことを考えなければならなくて。メンバーもファンもいる中で、自分たちはどんな音を鳴らしたらいいのかを客観的に考える必要があるし、歌詞やメロディー、アレンジや演奏などをしっかり聴いてもらえる方法を常に模索しています。

でも、delofamiliaではそういうことを一切考えない。曲や歌詞は、僕らにとってさほど重要ではなくて。例えば、スネアを鳴らした時の部屋鳴りや、リバーブが消える瞬間、そういった質感やニュアンスを大事にしているので、出来上がったものはすごく抽象的なんです。

naotohiroyama

—きっと、NAOTOさんがクリエイターとしてのモチベーションを維持するためには、ORANGE RANGEと、delofamiliaの両方が必要なんでしょうね。

naotohiroyama:そうですね。どっちも極端なことができる。だから、今後ORANGE RANGEとdelofamiliaでやっていくことは、どんどんかけ離れていくかもしれないです(笑)。

出来ればステレオの前でジャケットを広げながら、1曲目から順番に聴いてほしいんです。

—アートワークに対するこだわりも、並々ならぬものを感じます。

naotohiroyama:これはもうずっと一貫していて。アートワークやアー写、PVなどトータルで一つの表現というか。ちょっと押し付けがましいけど、出来ればステレオの前でジャケットを広げながら、1曲目から順番に聴いてほしいんです。それでやっと、delofamiliaの世界が完結すると思っているんですよね。

delofamilia『filament/fuse』ジャケット
delofamilia『filament/fuse』ジャケット(Amazonで見る

—アートディレクションは、2枚目からずっと倉石一樹さんが担当しているんですよね。NAOTOさんをイアン・ブラウンと引き合わせたり、NIGOさんとの交流も深かったりする倉石さんからの影響は、やっぱりかなり大きいんでしょうか?

naotohiroyama:倉石さんはすごい方なんですけど、そうは全然思わせない人で。普段は普通の音楽仲間っていう感じなんです。会話はいつも、The Stone Rosesから始まって延々と1990年代の音楽について。話題はそこで止まったままなんですよ。映画もそう。『ワイルド・スタイル』『アシッド・ハウス』『トレインスポッティング』についてずっと話してる。

倉石さんは、delofamiliaの音楽はずっと好きでいてくれて、音を聴かせるとすぐにアイデアをくれるんです。そういうアイデアも、サウンドから汲み取ってくれるので、僕からは細かくリクエストをしなくても、ぴったりの世界観を提示してくれるんです。

—NAOTOさんにとってdelofamiliaはアートフォームであり、倉石さんはある意味、3人目のメンバーと言ってもいい存在なのですね。

naotohiroyama:本当、そんな感じなんです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

delofamilia『filament/fuse』
delofamilia
『filament/fuse』(CD)

2017年11月1日(水)発売
価格:3,024円(税込)
VICL-64867

1. agenda
2. race
3. Enter The Mirror feat.波多野裕文(People In The Box)
4. if it fall
5. peace
6. rooms
7. pyramid
8. World is Weeping
9. DLOP
10. delight

プロフィール

delofamilia
delofamilia(でろふぁみりあ)

2007年に始動。ORANGE RANGEのリーダー / ギタリストであるNAOTO(naotohitoyama)と、シンガーソングライターRie fuを中心としたバンド。当初はNAOTOのソロプロジェクトとして始動し、信近エリや車谷浩司(参加当時AIR名義)がボーカリストとして参加し、1stアルバム“quiet life”をリリース。2ndアルバム”eddy”にゲスト・ヴォーカリストとしてRie fuを迎えたことをきっかけに、2011年に発表した3rdアルバム”Spaces in Queue”からdelofamiliaは2人のユニット・プロジェクトへと発展し、現在の体制に至る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優