インタビュー

なぜ「郊外」は語られない?ニュータウン発の現代美術展で考える

なぜ「郊外」は語られない?ニュータウン発の現代美術展で考える

テキスト
中島晴矢
撮影:鈴木渉 インタビュー・編集:宮原朋之

11月11日、12日に多摩ニュータウンの小学校跡地で行われるCINRA主催のカルチャーフェス『NEWTOWN』。様々なカルチャーが一堂に会するこの「大人の文化祭」では、現代美術のアーティストたちによる自主企画展『ニュー・フラット・フィールド』も開催される。

企画者となるのは、多摩ニュータウン生まれで郊外的な人工空間と人間の関わりテーマに制作を続ける石井友人。横浜市都筑ニュータウンに育ち、田園都市線沿線の路上でプロレスを繰り広げる代表作を持つ中島晴矢。広島の郊外育ちで生活における美術(インテリアアート)をモチーフにする原田裕規。

日本の高度経済成長を象徴するように建設されたニュータウンの現在の姿を、アーティストたちが捉え直しリアルに描き出すという『ニュー・フラット・フィールド』とは一体どのような展覧会なのか? 開催を目前に控え、企画者三人に話を聞いた。

ニュータウンは善かれ悪しかれ戦後日本の都市開発の象徴的な場所。自分たちの社会の土台がどのようにできてきたかを眺めるいい機会になると思います。(石井)

―まず、なぜいまニュータウンという場所で美術展をやるのでしょうか?

石井:ニュータウンはかつて社会的な重要トピックでした。例えば高度経済成長による都市や国家の発展として、またそれに伴う社会の負の部分と関連して語られてきたり。それがある時期から、ニュータウン的な背景を持つ社会構造は変わらないのに、それについて語ることは飽きられていったんです。

石井友人
石井友人

原田:特に震災以降、一般に郊外論は語られなくなっていますよね。それ以前と比べて、郊外をトピックとして語りづらくなったり、被災地の状況に先行して、いま語ることの必然性が失われつつある状況が生まれたりしました。

かといって自分は被災地に住んでいないし、「被災地」と呼ばれる場所の内側にも様々な分断がある。そんななかで、自分がいま当事者として語り直すことができるトピックってなんだろうと考えていました。

中島:いまオリンピックに向けて東京が注目されてますよね。一方で、二人が言ったように東北や沖縄などの周縁部がいまトピックになっている。「中央」と「周縁」が注目されている状態で、その中間地帯が見られなくなっているんじゃないか。

でも、ニュータウンというのは中央でも周縁でもない「両義的な場所」です。そういったあいまいな場所を取り上げることが、色々なニュースや話題に隠れている本当のリアリティーを考えるきっかけになるのではないかと考えています。

左から:中島晴矢、原田裕規、石井友人 / 取材は『NEWTOWN』開催会場の小学校で行われた
左から:中島晴矢、原田裕規、石井友人 / 取材は『NEWTOWN』開催会場の小学校で行われた

『NEWTOWN』イベント会場となるデジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)
『NEWTOWN』イベント会場となるデジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)

―ニュータウンというと、土地の固有性や歴史性があまり無いイメージがあります。

石井:かつて都市が拡張し、周縁を侵食していく境界線が「郊外」と言われていた時期があります。その境界線の拡がりは「年輪」みたいなものになっているんです。開発前の土地の固有の歴史や差異は忘却されたとはいえ、都市計画がはじまってからの歴史は見えてくる。

東京オリンピックが1964年と2020年を繋ぐように、ニュータウンも戦後日本の年輪として読み解くことができるんじゃないかな。いまでもニュータウンは善かれ悪しかれ戦後日本の都市開発の象徴的な場所だから、僕たちの歴史を振り返るときに、かつての都市の形成のされ方や、自分たちの社会の土台がどのようにできてきたかを眺めるいい機会になると思います。

匂いが生まれる瞬間が、土着のものが生まれる瞬間。そしてニュータウンにも匂いは立ち上る。(原田)

―ニュータウンによって日本全体が均質になって、つまらなくなったとか、のっぺりした顔のみえない空間になっているという批判もあります。

原田:僕は「のっぺり」していないと思います。ニュータウンにはコンビニやショッピングモール的な「無味無臭な」空間ってたくさんありますが、どこも数年経ってくると「匂い」が立ってくるんですよ。その匂いが立ちのぼる瞬間が、ニュータウンに土着のものが生まれる瞬間だと思うんです。

最近の写真論では「バナキュラー(土着のもの)」という言葉が流行していましたが、身近な感覚でそれは「匂い」を指すのではないか。人の家の匂いとか、コンビニの匂いとかです。その匂いの無い感覚が「のっぺり」と形容されるんだと思うけど、しばらく暮らしているとニュータウンでも匂いは立ちのぼりますよね。

原田裕規
原田裕規

原田:もうひとつ、先日アメリカのニュージャージーに滞在していたときに郊外でショッピングモールが廃墟のようになっているのを見た光景が印象的でした。日本では、トイザらスの日本進出をきっかけに大店法の規制緩和があって、アメリカ型の消費生活が遅れて入ってきた。そんなショッピングモールが、今年9月のトイザらスの破産申請に象徴されるように、ネットショッピングや消費生活の変化によって廃墟化してきている。匂いの生成と廃墟化が、同時に進行してるんです。

―廃墟化といえば、日本のニュータウンでも少子高齢化の影響で人口が少なくなって、治安の悪化や団地が廃れてきたとも言われていますが、会場となる多摩ニュータウンの実際はどうなんでしょうか?

石井:地域の集会場で友達のお母さんや住民の方とお話する機会があったんですが、やはり子供は減っているし、老齢化も進んできていて、正直厳しい状況だとおっしゃっていました。会場のある「松が谷」という地区は、ニュータウンのなかで特別人気がある地区ではないと聞きました。

他方で、勢いがある地域は新規住民が来て人口が増えているようです。一般的にニュータウンはかつての都市計画が破綻した場所と言われがちなんですが、地域によってケースバイケースなので、一括して語ることは難しいのが現状です。

Page 1
次へ

イベント情報

『ニュー・フラット・フィールド』
『ニュー・フラット・フィールド』

2017年11月11日(土)、11月12日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
展覧会ディレクション:石井友人、中島晴矢、原田裕規
『虹の彼方』企画構成:石井友人
『仮留めの地』企画構成:佐々木友輔
『愛憎の風景』企画構成:中島晴矢・原田裕規
会場構成協力:佐藤研吾、帆苅祥太郎
展覧会グラフィック:仲村健太郎
参加作家・登壇者:
石井友人
地理人(今和泉隆行)
かつしかけいた
Candy Factory Projects
小林健太
小林のりお
佐々木友輔
佐藤研吾
篠原雅武
関優花
筒井宏樹
中島晴矢
原田裕規
門眞妙
山根秀信

トーク
『ニュータウン発の文化の可能性』

2017年11月11日(土)
登壇:
篠原雅武
中島晴矢
原田裕規
石井友人

トーク
『風景のメディウム──キャラクターから何が見えるか』

2017年11月12日(日)
登壇:
筒井宏樹
門眞妙
佐々木友輔

トーク
『ニュー・フラット・フィールドとその作品について』

2017年11月12日(日)
登壇:
石井友人
小林のりお
佐々木友輔
佐藤研吾
中島晴矢
原田裕規
ほか

プロフィール

石井友人(いしい ともひと)

1981年、東京都生まれ。多摩ニュータウン育ち。美術家。2006年、武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。2012-13年、Cité internationale des arts滞在。絵画を主な表現手段としながら複合的な形式で作品を発表している。2017年「未来の家」(Maki Fine Arts)でニュータウンや郊外空間をテーマにした個展を開催。主な展覧会に「グレーター台北ビエンナーレ」(NTUA、2016年)、引込線2015(旧所沢市第二学校給食センター、2015年)、「わたしの穴 美術の穴」(Space23℃、2015年)、「新朦朧主義 2」(Red Tory Museum of ContemporaryArt, Guangzhou、2015年)、「大和コレクション Ⅶ」(沖縄県立博物館・美術館、2015年)、「パープルーム大学Ⅱ」(熊本市現代美術館、2014年)

中島晴矢(なかじま はるや)

1989年、神奈川県生まれ。都筑ニュータウン、田園都市線沿線にて育つ。現代美術家・ラッパー。法政大学文学部日本文学科卒業・美学校修了。美術、音楽からパフォーマンス、批評まで、インディペンデントとして多様な場やヒトと関わりながら領域横断的な活動を展開。重層的なコンテクストをベースに、映像や写真を中心としたミクストメディアで作品を発表している。近年は特に「散歩」を軸に据え、都市と身体を捉え直す試みを実践中。主な個展に「SURGE」(gallery TURNAROUND /仙台 2017)、「麻布逍遥」(SNOW Contemporary/東京 2017)、「ペネローペの境界」(TAV GALLERY/東京 2015)、「上下・左右・いまここ」(原爆の図 丸木美術館/埼玉 2014)、「ガチンコーニュータウン・プロレス・ヒップホップー」(ナオ ナカムラ/東京 2014)、主なグループ展に「ground under」(SEZON ART GALLERY/東京 2017)、「INSECT CAGE」 (ANAGRA/東京 2017)、カオス*ラウンジ 市街劇「小名浜竜宮」(萬宝屋/福島 2016)など。

原田裕規(はらだ ゆうき)

1989年、山口県生まれ。広島市東区・成城台育ち。最寄りのショッピングモールはダイヤモンドシティ・ソレイユ。美術家。絵画、写真、インスタレーション、テクスト、印刷物などを用して、出来事(event)から印刷物(printed-matter)へと至る閉じられた円環を「どうでもよくするため」、美術=展覧会という制度の内外(インサイド/アウトサイド)で活動している。主な著作に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、2013年)、共著に『ラムからマトン』(アートダイバー、2015年)、印刷物に『Fwd: print n.1』(2017年)、展覧会に『作者不詳#1』(CAGE GALLERY、2017年)、『エンドロール』(パープルームギャラリー、2015年)、『心霊写真展』(22:00画廊、2012年)、『ラッセン展』(CASHI、2012年)など。武蔵野美術大学を卒業後、東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了。2017年、文化庁新進芸術家海外研修制度研究員としてニュージャージーに滞在。2018年春にKanzan Galleryで作者の分からない写真をテーマにした個展を開催予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎