特集 PR

チェン・ティエンジュオに訊く、中国新世代は自由を獲得した?

チェン・ティエンジュオに訊く、中国新世代は自由を獲得した?

『フェスティバル/トーキョー17』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧、宮原朋之

東京を舞台とする国際演劇祭『フェスティバル / トーキョー』は、国内のみならず海外作家の招聘に力を入れてきたが、今年はそのフォーカスを中国に向ける。実質的なアジアの盟主として、世界各国に大きな影響力を持つ中国は、日本とも歴史、経済などさまざまな面で影響し合う関係にあるが、それはユースカルチャーやアートの分野においても同様だ。今年の『F/T』が企画する『アジアシリーズvol.4 中国特集』では、その息吹を様々に感じる機会となるだろう。

今回お送りするのは、その参加アーティストの一人であるチェン・ティエンジュオのインタビューだ。1985年に生まれ、中国の過去と現在を知る彼は、ロンドンに渡り、華麗でダークで倒錯的な、独自の世界観を確立し、活躍の場を世界へと広げている。いかなる時代背景そして経験が、彼を現在の「チェン・ティエンジュオ」に変化させたのだろうか? 中国のアーティストたちの「今」をお届けする。

たくさんの中国の若者が同時多発的に「もう中国になんかいたくない!」って思ったんだよ。

—「ミレニアル世代 / ミレニアルズ」とは1980年代以降に生まれ、2000年代周辺のカルチャー動向に直接影響を受けた世代を指す言葉として世界中で流通しています。とはいえ、出身国の習慣や政治状況によって、そのアウトプットには差異がある。その認識を前提に、中国出身で1985年生まれのチェンさんが受容してきた文化、考えてきたことをぜひお聞きしたいと思ってます。

チェン:よろしく。さっきの(『フェスティバル / トーキョー2017』の)記者会見はちょっと緊張気味だったんだけど、もう大丈夫(笑)。(参考記事:2017年の『F/T』はどうなる?世界が注目する中国新世代も特集)なんでも聞いてね。

—それではさっそく。僕たち日本人の中国に対する一般的な認識って、いまだに「共産主義」「一党独裁」「自由がない」といった古いイメージに留まっている気がします。実際のところ、チェンさんはどんな文化に親しんできましたか?

チェン:たしかに今言った中国のイメージは、僕の小さい頃の記憶に深く残っているから的外れではないよ。非常に保守的な社会だったし、接触できる情報、コミュニティーにも選択肢はほとんどなかったからね。

それが爆発的に変わったのは、インターネットの登場。これは僕個人の見立てだけれど、1985年生まれに限らず、1980年代以降に生まれた中国人はみんな「インターネットジェネレーション」と呼べると思う。それによって本当の自由を獲得できた。

チェン・ティエンジュオ
チェン・ティエンジュオ

『ADAHA Ⅱ』 (Full Length) Performance live @Palais De Tokyo 22/Jun/2015
『ADAHA Ⅱ』 (Full Length) Performance live @Palais De Tokyo 22/Jun/2015(vimeoで見る

—日本のインターネット元年は、Windows95が発売された1995年ですが、中国だとそれよりも後?

チェン:2000年以降だね。それまでは、とにかくニュースも新聞も本当のことを言っているかわからないし、知人が言ってる噂話にすら信憑性がなかった。つまりインターネットは、自分たちで真の情報のソースを獲得できる架け橋であり、道だったんだ。そして僕らの中にはじめて生まれたのが「憧れ」という感情。

—「憧れがない」って状態がちょっと想像つかないです。アイドルだとかミュージシャンだとか、「自分もこうなりたい」って対象は、若者であれば誰もが持っているものでは?

チェン:もちろん1990年代にも非合法なルートで、日本の漫画とかアニメ、ヨーロッパの映画や音楽を手にすることはできたよ。海賊版DVDとか、その前だとVCD(ビデオCD)。学校では、友人間でちょっとエロなものを回覧したりもしたね(笑)。

でも、実際にそれらが生まれた場所へ自分が行けるだなんて、まるで思えなかったんだよ。けれどインターネットがすべてを変えた。僕たちの知らない世界が本当にあって、そこには僕らが持っていない可能性に満ちている。そのイメージが芽生えることで、はじめて「憧れ」が生まれたんだ。

チェン・ティエンジュオ

—そしてチェンさんはロンドンに留学した。

チェン:たくさんの中国の若者が同時多発的に「もう中国になんかいたくない!」って思ったんだよ。そして起きたのが第一次留学ブーム。僕もそれに乗った一人だったんだ。

衝撃だったよ! 留学してみたら、本当に大いなる自由があった。

—そして選んだのがロンドンの名門芸術大学セントラル・セント・マーチンズでした。ファッションやデザイン方面が特に強い学校だと思うのですが、なぜ同校を選んだのでしょう?

チェン:うーん、なんとなく? 留学するならデザインやアートに関するものを学びたいと思ったから。

衝撃だったよ! 留学してみたら、本当に大いなる自由があった。まず授業らしき授業がなく、先生らしき先生もいない。そして大半の学生が「先生より自分の方がイケてる」と本気で思ってた(笑)。今でも印象に残っているのが、パフォーマンスの授業で最初に先生が言っていたこと。「私の言っていることが正しいと思えるなら聞けばいい。でもBullshit(たわごと)だと感じるならYou don't need get a fuck(気にするな)」だって!

チェン・ティエンジュオ

—自由すぎる(笑)。

チェン:だよね。中国では主体的に何かを選ぶ自由は許されなかった。中国の親は、当たり前に子どもを抑圧してコントロールしようとするからね。だからセントラルマーチンズに入学するという選択が、僕にとって、正真正銘初めての主体的な選択だったんだ。

Page 1
次へ

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー17』

2017年9月30日(土)~11月12日(日)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場、あうるすぽっと、千葉県 松戸 PARADISE AIR、ほか

アジアシリーズ vol.4 中国特集「チャイナ・ニューパワー ―中国ミレニアル世代―」
『忉利天(とうりてん)』

2017年11月10日(金)、11月11日(土)全2公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
構成・演出・美術:チェン・ティエンジュオ
料金:一般前売3,500円 一般当日4,000円 学生2,300円

『パレスチナ、イヤーゼロ』
2017年10月27日(金)~10月29日(日)全3公演
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
作・演出:イナト・ヴァイツマン
料金:一般前売4,000円 一般当日4,500円 学生2,600円

アジアシリーズ vol.4 中国特集「チャイナ・ニューパワー ―中国ミレニアル世代―」
『恋 の 骨 折 り 損 ―空愛①場―』

2017年10月28日(土)、10月29日(日)全2公演
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
作・演出:スン・シャオシン
料金:一般前売2,500円 一般当日3,000円 学生1,600円(全てドリンク別)

アジアシリーズ vol.4 中国特集「チャイナ・ニューパワー ―中国ミレニアル世代―」
『秋音之夜』

2017年11月3日(金・祝)、11月4日(土)
会場:東京都 六本木 スーパー・デラックス
出演:
リー・ダイグオ
シャオ・イエンペン
ワン・モン
Nova Heart
料金:一般前売2,500円 一般当日3,000円 学生1,600円(全てドリンク別)

まちなかパフォーマンスシリーズ

まちなかパフォーマンスシリーズ
『アドベンチャーBINGO!!』

2017年10月27日(金)~11月11日(土)
会場:東京都 池袋あうるすぽっと ホワイエ
作・演出・出演:福田毅
料金:一般前売1,500円 一般当日2,000円 学生1,000円
※おみやげ付

まちなかパフォーマンスシリーズ
『アイ・アム・ノット・フェミニスト!』

2017年10月26日(木)~10月29日(日)全8公演
会場:東京都 赤坂 ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
作・演出・出演:遠藤麻衣
料金:一般前売2,000円 一般当日2,500円 学生1,300円

まちなかパフォーマンスシリーズ
『Family Regained: The Picnic(ファミリー・リゲインド:ザ・ピクニック)』

2017年11月3日(金・祝)~11月12日(日)
構成・演出・出演:森栄喜

映像上映
2017年11月4日(土)~11月12日(日)
会場:東京都 池袋西口公園
料金:無料

トーク
2017年11月3日(金・祝)
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと 会議室B
料金:500円

まちなかパフォーマンスシリーズ
快快
『GORILLA ~人間とはなにか~』

2017年11月12日(日)全1公演
会場:東京都 池袋西口公園
作・演出:北川陽子
料金:無料

プロフィール

チェン・ティエンジュオ

1985年北京生まれ。2009年セントラル・セント・マーチンズを卒業。10年チェルシー・カレッジ・オブ・アート修士課程終了。現在は北京を拠点に、ダンサーやミュージシャン、フランスのアートグループなどとのジャンルを超えた協働作業を続ける。17年にはウィーン芸術週間やドイツの世界演劇祭へも招聘されているなど、世界的なアーティストとして注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」