特集 PR

中野雅之も認める、新人アーティストXAI。デビューを語る

中野雅之も認める、新人アーティストXAI。デビューを語る

XAI『WHITE OUT』
黒田隆憲
編集:川浦慧、矢島由佳子
2017/11/15

XAI

—ところで、XAIさんが歌を歌うようになったきっかけは何だったんでしょう?

XAI:両親ともに音楽が好きだったので、物心がついたときから歌はとっても身近なもので、歌うことも大好きでした。何か大きなきっかけがあって歌い始めたというよりは、気がついたら好きになっていたという感じです。

それと、これまでに何度も音楽に救われてきた経験があったというか。中学生、高校生の頃って、学校が「唯一の世界」じゃないですか。その世界にいることが辛くて、友人関係もあまりうまくいく方ではなかった。そんな自分のそばに、いつでも音楽があったことは、本当に救いだったんですよね。

—どんな音楽が好きでした?

XAI:母が好きだったのはビヨンセで、そういう「歌い上げる」タイプのシンガーの楽曲は、小さいころからよく聴いていました。あと私が、SFアニメの『マクロスF』がすごく好きで、その作品に登場する「シェリル・ノーム」というキャラクターにずっと憧れていたんです。大切なモノのために、命をかけて戦っている姿に影響された部分は大きいのかもしれないです。実在するシンガーではシーア。彼女のように、強いアイディンティティーを感じるアーティストにも憧れます。

—なるほど。XAIさんはバンドを組んだことはあるんですか?

XAI:ないんですよ。みんなで力を合わせて一つのものを作っていくという、バンドに対しての憧れはあるんですけど、自分にとってそれはリアルなことではなかったというか。自分で曲を作ったり、歌ったりする方がずっと好きだったんです。

あと、小さい頃から歌詞は書いていました。文字を書くのが好きで、今も大学で文学を勉強する学部に所属しているんです。作家では上橋菜穂子さんが好きなんですけど、例えば『獣の奏者』とか、彼女の作品は異世界を舞台にしたものが多いのですが、その奥には「愛」が描かれていたりして。そういう、深いテーマを持った作品がいつか私も書けたらいいなと思っています。

—『マクロスF』や『GODZILLA 怪獣惑星』で、登場人物が戦う姿に惹かれるのはなぜでしょう?

XAI:登場人物たちが、極限状態の中で感じている「生きていることへの実感」って、私たちが普通に日常を過ごしていたら、あまり感じられるものではないですよね。だから、そこに強い憧れがあるのかもしれない。

—こうやって話している時の、静かな声で話すXAIさんの印象からは、想像もつかないですよね(笑)。歌っている時には、自分の中に力が湧いてくるような感覚があるのですか?

XAI:そうですね。レコーディングブースに入って歌う時間というのが、自分にとってはすごく大切だったというか。「今、私は生きてる!」って心から思えたんです。それって『マクロスF』や『GODZILLA 怪獣惑星』の登場人物たちの心情と、共鳴する部分ではあったのかもしれない。

—「歌が自分を救ってくれた」とおっしゃっていましたが、「これからは自分が歌で誰かを救いたい」という気持ちもありますか?

XAI:うーん……。「救う」という言葉は、私が使うと傲慢になってしまうというか。「あなたを救います」というよりも、誰かに寄り添ったり、誰かの力になったり、そういう存在になれたらいいなと思っていますね。

—おそらく中野さんこそ、「音楽は救いである」と誰よりも強く信じている一人だと思うんですよ(笑)。XAIさん、中野さん、そして蒼山さんの、そういう「祈り」みたいなものが、この曲に凝縮されているように感じます。先ほどブレスの話が出ましたが、実はBOOM BOOM SATELLITESのラストアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』も、最後は川島道行さんのブレスで終わるんです。それを思うと、より感慨深いものがあって。

XAI:そうだったんですね。実は今回のレコーディング中にも、中野さんから川島さんのお話を聞く機会はたくさんあって。もちろん、川島さんの代わりなんて他の誰にも出来ないですけど、中野さんが私の声を聞いて「曲を作るのが楽しみになった」と言ってくださった時には、本当に光栄なことだなと思いました。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

XAI『WHITE OUT』
XAI
『WHITE OUT』アーティスト盤(CD)

2017年11月15日発売
価格:2,160円(税込)
THCA-60174

1. WHITE OUT
2. Feeling Alive
3. Somewhere in Night
4. SILENT BIRD
5. はじまりのうた
6. WHITE OUT(Instrumental)
7. Feeling Alive(Instrumental)
8. Somewhere in Night(Instrumental)
9. SILENT BIRD(Instrumental)
10. はじまりのうた(Instrumental)

リリース情報

XAI『WHITE OUT』
XAI
『WHITE OUT』アニメ盤(CD)

2017年11月15日発売
価格:1,404円(税込)
THCA-60172

1. WHITE OUT
2. はじまりのうた
3. WHITE OUT(Instrumental)
4. はじまりのうた(Instrumental)

プロフィール

XAI
XAI(さい)

音楽が大好きな両親のもと、幼少期からオペラのような古典から流行のポップスまで、さまざまな“歌”が溢れる環境で育つ。「歌っていないと死んでしまう」「私にとって歌は酸素と同じ」とまで語るほど、常に自らの歌声と向き合いながら生きてきた。そんなXAIの歌声は、壮大な音像を歌で自由に描き切る神秘的な表現力と、聴き手の心に寄り添い語り掛けるような、温かみのある説得力をも併せ持つ。混迷する時代に光を与える、類稀な才能を有するアーティストXAIが『GODZILLA』主題歌「WHITE OUT」ではじめてそのベールを脱ぐ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 1

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  2. SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る 2

    SPANK HAPPY再始動 2人が今、ここで組む理由を語る

  3. 舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表 3

    舞台『家庭教師ヒットマンREBORN!』キャラビジュ第2弾&追加キャスト発表

  4. 崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定 4

    崎山蒼志が“夏至”“五月雨”のPVを同時公開、初音源の配信も決定

  5. 「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ 5

    「究極の一瞬を表現できる」loundrawが明かすイラストの強さ

  6. 山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari” 6

    山崎賢人が医師役、新ドラマ『グッド・ドクター』主題歌はandrop“Hikari”

  7. 吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy 7

    吉沢亮が杉野遥亮に宣戦布告『あのコの、トリコ。』予告編 主題歌はNissy

  8. 『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組 8

    『ULTRA JAPAN』第1弾でZedd、ニーナ・クラヴィッツ、Afrojackら19組

  9. 和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作 9

    和田アキ子トリビュート盤に横山健、Toshlら13組、ジャケはビートたけし作

  10. ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開 10

    ハンバート ハンバートが又吉直樹とダンスを披露 “虎”PV公開